久我ユウヤ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

久我ユウヤ

CV:甲斐田ユキ


「デジタルモンスター」において常に上位をキープ(ストーリー中では2位)している14歳の少年。常に物腰は柔らかく、にこやかな表情を見せている。
が、その見た目に反して言動・行動は凶暴であり、群れることを嫌う孤高にして至高のデジモンテイマーである。
エリート主義に貫かれた鋭い意志を持ち、自分の能力・意見に絶対的な自信を持っている。
その正体はGIGO総帥である久我ケンゾウの実の息子で、父の背中からその孤高たる帝王学を学んだことが作中の用語集にて示唆されている。
作中での行動方針も一貫して「GIGO社の責任者」として動いており、適正者である主人公やデジタルワールドの詳細を知っているミレイなど相応の能力を持った者を認め協力する謙虚さも持ち合わせており、後半ではアキホを助けたりするなど認めた者に対しては惜しみない協調性も発揮する意外性も見せる。
慟哭のX抗体編にてもその存在感を遺憾なく発揮しており、怯えるドルモンを戦いに向かわせるなど絶対的な指導者としての素質を伺わせる一面を見せる。
クロックモンの過去イベントにおいてユウヤを操作することができ、その際に「フハハハハ!」「遊んであげましょう」等、彼らしい自身に満ち溢れた台詞を聞くことができるので、彼のファンは是非プレイしてみよう。

パートナーはチートコードを含んだ最強のデジモン「ブラックウォーグレイモンX抗体」
その存在感はストーリーの至るところで発揮され、敵としては異常なまでの強さを発揮し主人公を痛めつけ、味方として参加するときには非常に心強い仲間として活躍してくれる。