H卓:ジニア 『ココロ・ファクター』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■トレーラー
探偵の下に訪れた奇妙な依頼。
それは自己情報を失ったドロイドによる、自分探し。
時を同じくして企業から1人の研究者が失踪し、
ストリートではAI(バディ)の暴走事故が多発していた。
異なる事件の要素は絡まりあい、
その先にひとつの陰謀を浮かび上がらせる。
テロ組織、真教浄化派による恐るべき計画を。

人類の新たなる隣人、マキノイドの誕生から10年。
彼らについて分かることは少なく、その定義すら未だ曖昧なままだ。
とある研究者は言う。
マキノイドを生命体たらしめているのは、感情であると。
彼らには通常のプログラムにはない、心の因子があるのだと。
これはそんなマキノイドと、心をめぐる物語。

トーキョーN◎VA The AXLERATION
「ココロ・ファクター」

運命の扉を超えれば、ブリキのキコリにも心は宿るのだろうか。



■ハンドアウト
・フェイト:探偵
シナリオコネ:ココロ 推奨スート:ダイヤ
推奨クイックスタート:不屈の探偵
ある日、キミの探偵事務所に、ココロと名乗る一体の少女型ドロイドが訪ねてきた。
なんでも彼女はマキノイドとして目覚め自由意志を得たものの、それまでの自分の情報を失ってしまったらしい。
自分のこれからの生き方の指針として自分の過去を知りたい。それが彼女からの依頼だった。

・クグツ:千早重工後方処理課
シナリオコネ:渡幹也(わたり・みきや) 推奨スート:クラブ
マキノイドとAIについて研究している千早の研究者、渡裕也は君の友人だ。
かつてマキノイドの恋人がおり、事故で彼女を失ってからは親マキノイドとして活動している。千早も彼の行動を後押ししており、会社との関係も良好だった。
だがそんな彼がある日、研究成果と共に失踪。その捜索任務がキミに下された。

・イヌ:ブラックハウンド機動捜査課
シナリオコネ:“モノ・クローム” 推奨スート:ダイヤ
真教浄化派のテロリスト、“モノ・クローム”。ウェブ上でのみ活動し、様々なテロを立案指揮するクロマク。
反面、そのパーソナル情報は一切が不明。それゆえにマキノイドではないか、という噂すらある人物だ。
そんな“モノ・クローム”がこのN◎VAで何らかのテロ準備を行っているのだという。
担当捜査官となった君は、この正体不明のテロストを追いかけることとなった。

・トーキー:フリージャーナリスト
シナリオコネ:結城あや 推奨スート:ダイヤ
キミは現在、ストリートを騒がせている支援AI(バディ)の暴走事件を追いかけている。
あらゆるものが電脳化されたこの時代、ありとあらゆる道具にはそれを管理するバディが搭載されている。
度重なるバディの暴走事故は、この社会そのものの根幹を揺るがしかねないものだ。
だれもがこの事故の情報を知りたがっている。ならばそれを届けるのが、報道者たる君の役目だろう。

※PSは後日補足します。



■レギュレーション
キャストはクイックスタートでも十分に遊べる程度を想定しています。
ただし経験点の使用などには特に制限を設けませんので、好きなキャストを持ち込んでいただいて結構です。
必要防御神業は2枚となります。