基本的な流れ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大まかな人狼の流れになります。分からないことがあれば事前に聞いてください。

 

初日の流れ

0日目【朝】
進行役が役職を伝える時間です。


0日目【昼】
皆が挨拶をする時間になります。
村人はここで人狼の噂を聞きます。
※初めて人狼をプレイする方の為にここで雑談してリラックスしてもらう時間となってます。
※久しぶりに参加した人等も含みます。要は雑談時間です。


0日目【夜】
人狼が会話できる時間です。
村人は寝ている時間となります。

※PSO2のログは一定を超えるとログの確認が後から出来ないので、この時間は会話を控えてもらえると大変助かります。

※初日犠牲者は決まっているので実際のプレイは二日目となります。

※初日占い有りのルールを適用時は、この日に進行役から「占い師」さんに誰を占うか確認をします。

一日目の流れ

一日目【朝】
初日犠牲者(NPC)の死体が発見されます。


一日目【昼】
ここから本格的に人狼を探す時間になります。
役職持ちの村人は普通の村人と協力して自分が持っている情報等を開示しつつ人狼を探し当ててください。
人狼は役職持ちの村人に疑われないように注意しながら頑張ってください。

役職なしの村人の方は、出ている情報から推理して、意見を出し合ってください。


一日目【夕】
村人が人狼だと思う人に投票をし、処刑をする時間です。
もちろん村人に紛れ込んでいる人狼も投票が可能です。
※人狼は夕方も会話が可能です。


一日目【夜】
役職持ちの村人と人狼が行動する時間です。
占い師:1名を指定し占う事が可能。
霊媒師:その日処刑された方が村人か人狼かを確認できる。
狩人:自分以外の村人を護衛対象として指定可能
人狼:村人を1名だけ捕食することが可能。

※狩人は護衛を必ずしてください。推理が破綻する恐れがあり、また進行役の信頼度がとてつもなく下がります。
※能力を持たない村人は寝ている時間です。

二日目以降の流れ

二日目【朝】
人狼による犠牲者の死体が発見されます。
これ以降は勝敗がつくまで二日目の流れを繰り返します。


役職の増加やルールが若干変わることがあります。その際はその時に進行役を務めている方に確認をしてください。