ソフトウェア開発における知識コラボレーション


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

著者


大平 雅雄
イェ ユンウェン
中小路 久美代
山本 恭裕

説明


ソフトウェアの知識について

知識共創活動
↑ソフトウェアは様々な知識を合わせることで成果物を生み出す。個々の持つ知識をどのように他者に伝えるかが重要。ライブラリの活用方法など。

新陳代謝プロセス
↑システムの知識継承。ドキュメント、コードをどのように引き継ぐか。
↑プロジェクトが進むにつれてチーム・アーティファクト・個人が成長する。それらは相互関係を持って成長してい行く

コミュニケーション集約型活動
↑ソフトウェア開発の中でのコミュニケーションの課題を抽出する
↑コミュニケーションの目的は専門的知識の獲得と作業の協調の為のコミュニケーション


自己記述型活動
↑どうやって活動を記録していくか、またそれをどのように利用するか