複製・復元:etch編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

通常モードOSの複製

  • EMモードへの移行
    コマンドを mtdblock2 に変更し実行
KURO-BOX:~#
KURO-BOX:~# echo -n "NGNG" > /dev/mtdblock2
KURO-BOX:~# reboot
・
・
・

#
# mount -t ext3 /dev/hda1 /mnt;mount -t ext3 /dev/hda3 /mnt2
# 
# cd /mnt
# 
# tar cvf /mnt2/etch.tar .
・
・
・
#

  • 玄箱因り圧縮ファイルを保守PCにダウンロードし再起動を実行
#
# echo -n 'OKOK' > /dev/fl3
# 
# reboot


通常モードOSの復元

  • EMモードへの移行
  • 保守PC因り玄箱に所要ファイルをアップロード
  • EMモードにて通常モードのOSを展開
#
# mount -t ext3 /dev/hda1 /mnt;mount -t ext3 /dev/hda3 /mnt2
# 
# cd /mnt
# 
# tar xvf /mnt2/etch.tar
・
・
・
# 
# echo -n 'OKOK' > /dev/fl3
# 
# reboot


ユーザ利用領域の複製

  • エディタの起動
KURO-BOX:~#
KURO-BOX:~# vi backup.sh
・
・
・
  • シェルスクリプトの作成
cd
date >> result
tar cf `date +%y%m%d`.tar /mnt/share/*
cp *.tar /media/usb0/
date >> result
shutdown -h now
  • シェルスクリプトの実行
KURO-BOX:~#
KURO-BOX:~# sh backup.sh &
・
・
・
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。