ミカルゲ

No.442 タイプ:ゴースト/あく
通常特性:プレッシャー(受けた技のPPを1多く減らす)
隠れ特性:すりぬけ(リフレクター・光の壁・神秘の守り・白い霧・身代わりを無視して攻撃できる)
体重  :108.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
同タイプ HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ミカルゲ 50 92 108 92 108 35
ヤミラミ 50 75 75 65 65 50

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) フェアリー
いまひとつ(1/2) どく
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ノーマル/かくとう/エスパー

概要


ノート

ギルガルド潰し型

特性:いたずらごころ
性格:ずぶとい
努力値:HP252 防御252
持ち物:たべのこし
確定技:ふういん/かげうち/シャドーボール/イカサマorおにびorめいそう

ギルガルドのシャドーボールとかげうちを封印する。
サブ技のせいなるつるぎはタイプで無効化できるが、鋼技には対抗できないので注意。

相手の行動より先に封印を使うために、素早さはギルガルド抜きに調整しておくこと。
最遅ギルガルドの素早さが58なので、この辺りを目安にすると良い。

鈍足潰し型

性格:控えめ
努力値:HP204 防御48 特防44 素早さ204
持ち物:オボンのみ
確定技:ちょうはつ/いたみわけ/わるだくみ
選択技:あくのはどう/シャドーボール

ブルンゲル、デスカーン、ランクルス、ローブシンなど鈍足高耐久を狩る事に特化した型。
素早さ4振りブルンゲル抜き、
オボン込みで控えめ252珠ランクルスのかみなり、いじっぱり252根性ローブシンのエッジ乱3、
ついでに無振りグライオンの地震も乱3。
挑発して悪巧み、痛みわけで回復してあとは倒すだけ。後だしからでも十分。
がんばればエアームドやナットレイも突破可能。

実際狩りたいやつは結構な確率で狩れるが後が続かない。
Sに振りすぎたミカルゲの凡庸性は低いのであった。

控えめより耐久アップ性格のほうが効率が良さそうだが、
必要固体値の関係上こっちのほうが粘りやすかったりする。

受けループ潰し型

性格:耐久↑
努力値:HP252 防御or特防252
持ち物:たべのこし等
確定技:だましうち/でんげきは/めざめるパワー(氷)
選択技:いたみわけ/ねむる/おにび/うらみ/ちょうはつ

昔の本家の受けパ対策のページに書かれた型。
上記3つの技でラキグラムドーに対応でき、コイツ1体いれば完封可能らしい。

PP削り型

性格:耐久面↑
努力値:HP252/防御特防調整
持ち物:長期戦できそうなもの
確定技:まもる/うらみ/おんねん
選択技:みがわり/かげぶんしん

あ俺、今度プレッシャーパーティ作ろうと思う。
ステロプテラ ビークイン ミカルゲ アブソル ヨノワール マニューラ
決まればウザイ・・・かな。先手挑発がカギを握る!
↑スタービューコロシアムのリボンを参考にするといい

挑発狩り型

性格:冷静
努力値:特攻252、残りHPや攻撃に
道具:いのちのたま、こだわりメガネなど
技:めざめるパワー(地or岩or電気)、でんげきは、がんせきふうじ、サイコキネシスなど

とかく挑発に弱いイメージのあるミカルゲ。ならば逆に裏をかいて殺るぜ!
なお、主な挑発持ちとそれらの相手への有効打は以下の通り。
  • めざめるパワー(地面)……マルマイン、クチート、ドクロッグ、ヘルガー、ゴウカザル、スカタンク、ドラピオン、ハリーセンなど
  • めざめるパワー(岩)&がんせきふうじ……ドンカラス、ヘルガー、ギャラドス、マニューラ、クロバット、プテラなど
  • めざめるパワー(電気)&でんげきは……ギャラドス、プテラ、クロバット、ハリーセン、ドンカラス、エアームド、サメハダー、シザリガーなど
  • サイコキネシス……クロバット、ゴウカザル、ドクロッグ、オコリザルなど

挑発されても冷静に対処!苛められた恨みを今こそ晴らせ!
え、決定力? なにそれ美味しいの?

※注意
4倍効果でない限り効果抜群のでんげきは=等倍シャドボ・悪の波導。でんげきはを使う場合は、ギャラドスと、霊・悪を半減するポケモン限定ってコトネ!
あくまで挑発使いの裏をかくことが目的だから、悪だくみで決定力上げようなんて考えないコトネ!

わるあがき粘り型

性格:耐久上昇性格
努力値:HP252 防御or特防252
持ち物:ひかりのこな(のんきのおこう)orたべのこし
確定技:ねむる かげぶんしん ねごと
選択技:フラッシュ いたみわけ あやしいかぜ まもる えんまく おにび

ランダムで消防が使ってきた型。
自分は寝言でPP消費せずに戦い、相手を悪あがきまで追い詰めるという寸法。
挑発を始めとする様々な問題で到底実用レベルではない……
はずなのだが、謎のクオリティが発生するとプレッシャーも加わって鬱陶しいことこの上なし。
挑発持ちがいなかった筆者は交換連打で時間切れまで粘ることになった
万が一積まれてしまった場合は意地をはらずに降参するのが吉だろう。

この構成のミカルゲがサブウェイに居なくて本当によかった。

↑これって何か元ネタあるのかな?
自分が苦戦したからって「消防」だの「到底実用レベルではない」だの
「鬱陶しいことこの上なし」だの言うのは何というか、相手に失礼じゃない?
まぁ「鬱陶しいことこの上なし」は褒め言葉なのかもしれないがw
↑↑一瞬(自分が)わるあがきまで粘る型だとおもた。

リンク