※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




「ん~………」
「どうしたの?ディン」

座りながら考え事をしているディンを見て、フィンとサンは首を傾げる。
因みに、ミミ達は買い物中。

「本来、人間なら今頃夏休みだなぁって……」
「夏休み?」

どうやらこの世界では夏休みを知らないみたいで、フィンとサンは顔を見合わせる。

「長期休暇の事だ。俺が人間だった時は、四十日くらいはあったな」
「長!?」

ディンが夏休みの日数を言うと、サンが突っ込んだ。
ディンにとっては短いが、サン達には、長いようだ。

「そんなに探検隊休めないし……長くて十日……」
「たまには長期休暇とろうぜ?」
「いいねいいね!」

サンは嬉しそうだった。
そして、その日の依頼十件クリアし、次の日を迎えた。
しかし……

「……暇~……」
「誰だ?長期休暇取ろうって言ったのは……」
「ディン……だよね」

シン、サンの言葉で、ディンはダメージを受けた。

「なんならマジすご……」
「「 却下! 」」

ディンとフィンの見事な大声ハモリで、サンは少し落ち込む。

「マジすご……何?」
「聞くな……思い出したくねぇ……」

ディンがズーンと落ち込みながら答えた。
一体何があったんだろうとミミは思った。

「……泳ぐ?」
「……飛び込み禁止ね」
「……チッ」

どうやらディンは飛び込んで泳ぎたかったらしく、禁止されて、軽く舌打ちした。

「なら……」

ドンッと大量の木の実とリンゴがいくつか置かれた。

「……どうすんだ?これ」
「みんなで大食い大会!」

まさに、爆弾発言だった。

「……は?」

ミミ以外は冷や汗を垂らす。
しかし、実際やることも無いため、ディン達はやることにした。

「百個あるりんごをどれだけ食べられるか勝負ね」
「わかった」
「では……初め!」

凄い勢いで食べるSTARS一行。
しかし、いつもマイペースなフィンは勢いよく食べられない。

「う……」

フィンは五個でダウンした。普通なら、それ位だろう。
その後、サンが七個、ディンが八個。ミミは食べ続けてる。

「うわ……」
「マジかよ……」
「どんな胃袋してんだ?こいつは……」

結果、百個を超えて百五十個完食した。

「ひ……百五十個……」
「ありえねぇ……」

ディン達は驚いていた。どうやら、ミミは大食いらしい。

「満足♪」

しかも、大食いだけで1日終わっていた。

「………」

ボーゼンとするSTARS。
結局、夏休みを満喫できたのはミミだけだった。



~ フリートーク ~

ディン「腹痛……」
フィン「うう……」
318「そりゃあ、あれだけ食べたらな」

ミミ「みんなあれくらいで……」
ミミ以外「……」

と、いうわけでミミは大食いなので、ドンドンエサをあげましょう。

ミミ「私って……ペット?」