※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サメハダー

図鑑No.319 タイプ:みず/あく
特性:さめはだ(直接攻撃を受けると、相手のHPを相手の最大HPの1/8減らす。)
隠れ特性:かそく(毎ターン、『すばやさ』ランクが1段階ずつ上がる。)
メガシンカ時特性:がんじょうあご(あごやキバを使って攻撃する技の威力1.5倍)
体重:88.8kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
メガシンカ時体重:130.3kg(けたぐり・くさむすびの威力100)

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
サメハダー 70 120 40 95 40 95
メガサメハダー 70 140 70 110 65 105

サメハダー
メガサメハダー
ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) くさ/でんき/かくとう/むし/フェアリー
いまひとつ(1/2) ほのお/みず/こおり/はがね/あく/ゴースト
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし エスパー

みず/あくタイプでACSに厚い典型的なアタッカー。ORASにてメガシンカを獲得した。
同タイプのメガシンカポケモンにメガギャラドスがいるが特に差別化等を意識するほど役割が重なっていない。
メガシンカによってA140、C110とメガアタッカーとしてはそこそこの攻撃力になり絶望的な耐久も並程度まで上昇している。S105は一見不十分に見えるがメガシンカ前の特性「加速」が極めて優秀であり最速ファイアローをS実数値で抜くことも比較的容易なほどである。また、頼り切ることはできないが特殊技も充実しており威嚇・火傷への抵抗としては十分な威力を誇る他、振り切ればH振りメガボーマンダ程度なら確定で瀕死にできる。
ただし耐久面では過信は相変わらず禁物、H振り程度ではファイアローの鉢巻ブレイブバードも耐えられず、不一致でも弱点攻撃は基本的に耐えないと思った方がいい。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
たきのぼり 80(120) 100 みず メインウェポン。怯みの追加効果が強力 自力
かみくだく 80(180) 100 あく メインウウェポン。頑丈顎適用 自力
こおりのキバ 65(97) 95 こおり 水技と相性が良いサブウェポン。主に氷4倍を狙う。頑丈顎適用 自力
アクアジェット 40(60) 100 みず 先制技。状況次第ではファイアローを狩れる 自力
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
れいとうビーム 90 100 こおり ボーマンダピンポイント マシン
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル ほぼ必須の基本技 マシン
みちづれ  - - ゴースト 加速により先手で使いやすい。 遺伝

ステータス調整

  • 177-196-95-*-85-134(252-152-36-0-0-68,いじっぱり)
HB
A特化ファイアローの珠ブレバを確定耐え

S
加速1回でメガシンカ後に最速130族抜き

素早さ

通常時の素早さ(加速1+メガシンカ直後)
127(92振)…1加速込みで最速メガボーマンダ+1
132(132振)…1加速込みで最速ファイアロー+1


持ち物

サメハダナイト

ORASからの追加アイテム。シンカのタイミングをうまくはかりたい。


型サンプル

メガサメハダー型

特性:かそく→がんじょうあご
性格:いじっぱり
努力値:HP252 防御素早さ調整 残り攻撃
持ち物:サメハダナイト
確定技:まもる/かみくだく
選択技:たきのぼり/こおりのキバ/みちづれ/れいとうビーム/アクアジェット

初手で守り加速を発動させてから次のターンで行動する。
補正込みの攻撃特化であれば、がんじょうあご+かみくだくでHP振りクレセリアが50%弱の確率で落ちるほどの威力になる。

メガシンカしたターンはサメハダーの素早さが適用されるため、加速1回を込みで素早さ調整をする場合はそれを考慮して調整する必要がある。
例として、加速後に最速メガボーマンダを抜くには無補正でS92振りで達成できる(最速メガボーマンダ→189 加速込みS92振りサメハダー→127*1.5=190.5)。

氷技に関しては、いかくがなければA211がんじょうあご適用技の氷のキバでH252振りを余裕を持って確定1発になるが、威嚇が入ると確実にH4振りにすら確定で1度耐えられてしまうためれいとうビームを推奨。なお、HP振りを考慮するならCは極振り(162)の必要が出てくる。

素早さ調整をしている場合は、一度ひっこめると遅いサメハダーでしか運用できなくなる。
それを懸念する場合や、初ターンの素早さ95族からいきなり攻められるようにしたい場合は素早さ補正をかけて極振りする選択肢もある。

タッグ候補



対策



外部リンク

添付ファイル