※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エルフーン

図鑑No.547 タイプ:くさ・フェアリー
特性:いたずらごころ(変化技を使ったとき行動の優先度が通常より+1される)
   すりぬけ(リフレクター・光の壁・みがわり・神秘の守り・白い霧を無視して攻撃できる)
体重:6.6kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
エルフーン 60 67 85 77 75 116

エルフーン
ばつぐん(4倍) どく
ばつぐん(2倍) ほのお/こおり/はがね/ひこう/むし
いまひとつ(1/2) みず/でんき/くさ/じめん/かくとう/あく
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ドラゴン

素早さ以外は特に目立った種族値ではないが、特性[いたずらごころ]とそれを活かす優秀な補助技を持つ。
変化技の優先度は+1になるので、ダブルバトルでも活躍の場は多い。
晴れパの発動要員として使われることも有る。

基本的にはサポート用のポケモンであり、火力も低めなので単体で強いという事はあまりなく、何らかのコンボの起点となっていたり、コンボに対する対策としてパーティに入るポケモン。
レパルダスヤミラミニャオニクス等ねこだましを覚えるいたずらごころ要員が増えたことでやや立場が悪くなった感があるが、それらに先手で挑発を入れられるのはメリット。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
がむしゃら 不定 100 ノーマル タスキと合わせて。低レベルでの使用も可。 教え
ふくろだたき 不定 100 あく せいぎのこころとのコンボ用。 遺伝
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
ギガドレイン 75(112) 100 くさ メインウェポン候補。 教え
くさむすび 不定 100 くさ バンギやドサイに打ちたいならば。 マシン
ぼうふう 120 70 ひこう 雨天時必中。 自力
ムーンフォース 90(135) 100 フェアリー メインウェポン候補。 自力
なげつける 不定 100 あく マシン
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技 マシン
みがわり - - ノーマル マシン
アンコール - 100 ノーマル 自身がねこだましを覚えず火力も無いので単体ではまもるはやや誘い難い。ルーム返し等には有用。 自力
ちょうはつ - 100 あく 全ポケモン中最速のちょうはつ。化身ボルトに安定して打てるのは強み。 マシン
トリックルーム - - エスパー 補助主体ならば自身が受ける被害も少ない。 マシン
おいかぜ - - ひこう 自力
てだすけ - - ノーマル 教え
うそなき - 100 あく 遺伝
あまえる - 100 ノーマル 進化前自力
にほんばれ - - ほのお マシン
いばる - 90 ノーマル マシン
やどりぎのタネ - 90 くさ 自力
しんぴのまもり - - ノーマル マシン
ひかりのかべ - - エスパー マシン
しびれごな - 75 くさ 進化前自力
コットンガード - - くさ 進化前自力

ステータス調整

素早さ


攻撃・特殊

134(196↑)…無振りテラキオンをくさむすびで確1

耐久


持ち物

もちもの1


もちもの2

型サンプル

サポート型

特性:いたずらごころ
性格:おだやか/ずぶとい/おくびょう
努力値:HP252 防御252or特防252or素早さ252
持ち物:きあいのタスキ/たべのこし/オボンのみ/メンタルハーブ/あついいわ
優先技:アンコール
選択技:ちょうはつ/ひかりのかべ/まもる/おいかぜ/おきみやげ/いばる/しんぴのまもり/あまえる/にほんばれ/がむしゃら/ムーンフォース など

特性のおかげで先制で補助技が出せる。
技は横次第なところが有り、特に必須なものは少ない。
強いて言えば、いばる/うそなき/てだすけ 等の火力サポート系の技は自身の火力が低いこともあり、無いとダメージレースで不利になりやすく、どれか一つぐらいは欲しいところ。

タッグ候補

バクフーン
最速にほんばれからの噴火が強力。元々の素早さの高さも相まって拘りスカーフとの相性が良い。
無対策の相手だと噴火だけで終わることもある。
実際はやることがバレバレで、猫だましに弱いので注意

ゴウカザル
ねこだましを覚えるので、初手で厄介な方の行動を封じつつエルフーンにサポート技を出してもらい優位な状況を作る。
晴れパのアタッカーとしても使えるが、他にもいろんなタイプの攻撃技を覚えるので非常に頼もしい。

メガゲンガー
かげふみ+アンコール+かなしばりで交代不能の強制わるあがきでハメる。
初手両守るから入ることで、技を出させつつ行動を縛っていく。悪戯心は先制挑発やなやみのたねで対策するので、臆病HSの配分が基本。
ちょうはつ/アンコール/守る/自由枠@タスキ 臆病HS というのが標準的なものとなる。
先に行動されるファイアローやスカーフサザンドラは読み合いになりやすく、アンコールを吸われる高火力+このゆびとまれなどは特に苦手な相手となりやすい。

ふくろだたき型

特性:いたずらごころ
性格:おくびょう
努力値:素早さ252 特攻orHP252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:ふくろだたき
選択技:アンコール/ムーンフォース/ちょうはつ/ひかりのかべ/まもる/おいかぜ/しんぴのまもり など

正義の心持ちに袋叩きを打ち攻撃を4段階上げるためのサポートする型。
テラキオンと組ませるのが一般的。

今作では遺伝技の仕様変更により、アンコールとの同時遺伝が可能となった。

タッグ候補

テラキオン
岩雪崩も使えるので、ダブルでは相性がいい
シザークロス じしんなどサブウェポンは多いとはいえない
岩雪崩の威力は、防御特化モロバレルを4分の3ほどもっていく

コバルオン(未作成)
追い風後ならアイアンヘッドでひるみも狙える。
エルフーンがしびれごなを覚えているとまひるみも狙える

アブソル(未作成)
もともとは遅いがおいかぜ、しびれごなを使えばそこそこ抜けるようになる。
攻撃力が高いためどんどん攻撃技を打ちたい
先制技には注意(とくにマッハパンチ)
つじぎりだと急所も狙える

トリル型

特性:いたずらごころ
性格:なまいき
努力値:HP252、特防252
持ち物:メンタルハーブ/ラムのみ/各種半減実
確定技:トリックルーム/おきみやげ
選択技:くさむすびorギガドレイン/ちょうはつ/ひかりのかべ/まもる/おいかぜ/いばる/しんぴのまもり など

トリックルームを始動後、先制いばるやおきみやげで場を作る。
エルフーンはおいかぜのイメージが強いので、やや読まれにくい。
特防特化すればラティオスの珠流星群やシャンデラの熱風、ユキノオーの吹雪なども耐えられるようになる。
自身がトリックルームの恩恵を受けることを目的としてLV1での使用も考えられる。

タッグ候補

ズルズキン
ねこだましでトリックルームのサポートをしたのち、いばるを受けて殴る。
ユキノオーやシャンデラ、ラティオスなどを殴り倒すことができる。
エルフーンの持ち物はメンタルハーブが安定する。

なげつける型

特性:いたずらごころ
性格:おだやかorずぶとい
努力値:HP252 味方のポケモンを抜けるまですばやさ調整残り防御調整
持ち物:オボンのみ、サンのみorスターのみ、かえんだま、ラムのみ、しろいハーブ
確定技:なげつける
選択技:まもる/アンコール/ちょうはつ/おいかぜ/おきみやげ/すりかえ

テラキオンやローブシンなどのサポートを専用とする。
「なげつける」を最初のターン味方にに使い、テラキオンの場合はなげつけるが悪タイプ技なので
せいぎのこころ発動で攻撃があがる。この場合は追加効果もあるサンのみ、スターのみ推奨。
こんじょう持ちの場合はかえんだまを投げつけ、根性を発動させる。
後は仕事を終えたのでおいかぜ、おきみやげなどで後続へつなぐ。
この型は役目を終えたら放置されがちなので、できるだけ放置されないための工夫が必要。
相手の道具をすりかえてオボンのみを手に入れたら味方にすりかえorなげつけて回復、といったこともできる。

タッグ候補

テラキオン
せいぎのこころ。サンのみ投げつけるからの岩雪崩は高確率ひるみ&急所が発動し非常に強力。
オボンのみを投げつけて回復させても正義の心が発動するので強力である。袋叩き型ともにエルフーンと相性がいいポケモンといえる。
ローブシン
こんじょう。火炎球を投げつけるのが基本。
いばキー根性マッハパンチなどもできるので、仮想敵に合わせて色々試してみるとよい。


対策

ダブルバトルでのこいつはそもそも短命と割り切って使われていることが多く、1~2ターン動けば十分仕事を終えているということも多い。
そのため、相手の行動を許してしまういえきやスキルスワップ等では対策になりにくい。
補助技が中心なため、ちょうはつを打ち込めれば置物になるが、エルフーンに先制してちょうはつを打てるポケモンがいないため、結局1ターン動かれてしまう。ちょうはつ自体をエルフーンのちょうはつで防がれてしまう可能性もある。
狙った仕事を終えた後のエルフーンも、いばるやあまえるをまき散らすため、放置できる存在とはならず、厄介。

一番確実と思われるのはねこだましと何かで集中して何もさせない事。
また、エルフーンの横でサポートを受けているポケモンに対し相性勝ちしている事も実質的な対策となり易い。
攻撃技を撃ち続けているクリアボディやかいりきばさみを持つ物理ポケモン、またはマジックミラーを持つポケモンに対してちょっかいを出すことができないため、これらのポケモンならばエルフーンを無視してエルフーンの横でサポートを受けているポケモンを処理できる可能性がある。

戦法ごとの個別対策となるが、
せいぎのこころ+ふくろだたきや、いばラム等はこのゆび止まれで妨害でき
おいかぜはよこどりやトリックルームで止める事ができる。
コットンガード、みがわり、ひかりのかべなどもアンコールが怖いものの一応よこどりで対策可能。
これらでの対策はちょうはつやアンコールの対象となるためメンタルハーブやマジックミラー、マジックコートなどとの併用が望ましい。

パーティぐるみでコンボ使うパーティに対しては妨害性能の高さから特に苦手な相手となりやすい。
こいつ対策を切ってパーティの自力を上げ、他で勝率を稼ぐという考え方もあるが、
メンタルハーブやこのゆびとまれ、マジックコート、最速エルフーンのちょうはつなどでの妨害対策、
またはスタンダードな立ち回りもできるパーティ編成などを心がけるようにしたい。

外部リンク


添付ファイル