ヤミラミ

図鑑No.302 タイプ:ゴースト/あく
特性:するどいめ(命中率を下げられない)
   あとだし(優先度が同じなら必ず後攻になる)
隠れ特性:いたずらごころ(使用する変化技の優先度が+1される)
体重:11.0kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ヤミラミ 50 75 75 65 65 50

ヤミラミ
ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) フェアリー
いまひとつ(1/2) どく
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ノーマル/かくとう/エスパー

無効タイプが多いが、種族値は全て低く単純なパワーゲームには向いていないが、
特性いたずらごころによって優秀な場荒らし役となる。
タイプ相性から通常ガルーラ以外のねこだましを無効にした上で、先制のおにびやちょうはつを撃ち分けられる。特におにびの存在は、いるだけで炎以外の物理アタッカーの行動を制限できる。
また、自信もねこだましを覚える点も評価が高い。

前作までは弱点も無かったが、新たにできたフェアリータイプへの弱点が意外と痛い。
数の多いニンフィアやメガサーナイトのフェアリースキンハイパーボイスで、ついでの感覚で一撃処理されることも多くなっている。2体とも特殊フェアリーなので鬼火はスリップダメージ止まりでしかない。
そのため、前作ほどパーティに入れるのは簡単では無くなっている。

補助技による相手の妨害、味方のサポートが主な仕事となるが、
ふいうちやイカサマの火力はそこそこ程度あるため、エスパーやシャンデラが相手ならば攻めに回る事も一応可能。
また、せいなるつるぎ無視で先制じこあんじが使えるため、耐久系の積みパに暗示要員として採用の見込みもあるかもしれない。



技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
ねこだまし 40 100 ノーマル これ無しには始まらない。 自力
ふいうち 80 100 あく 先制技。使うならば攻撃振りに 遺伝
イカサマ 95 100 あく 相手の攻撃値を利用するので、種族値の低いヤミラミとの相性は良い。メインウェポン。 自力
けたぐり 不定 100 かくとう 振れば無振りバンギ程度なら確1にできるが、基本的に殴るポケモンでは無い。 教え
れいとうパンチ 75 100 こおり ランドロス確1すら難しいので優先度は低めか。 教え
フェイント 30 100 ノーマル ねこだましとの択。 教え
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
バークアウト 55 95 あく 特攻を下げる。交代読みなどで マシン
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
みきり - - かくとう 基本技 自力
いばる - 90 ノーマル いばキーのコンボ。まともに殴るよりこれを撃っているほうが有効な相手も多い。 マシン
あやしいひかり - 100 ゴースト 妨害技。命中安定 自力
ちょうはつ - 100 あく いたずらちょうはつ。クレセリアが主な狙い マシン
じこあんじ - - ノーマル 優先度+1で打てる。せいなるつるぎにタイプ抵抗 マシン
じこさいせい - - ノーマル 耐久を暗示する型ならば 遺伝
じゅうりょく - - エスパー いたずらごころで唯一。 教え
にほんばれ - - ほのお 雨パの対策として。 マシン
あまごい - - みず 雨パの始動。 マシン
おにび - 85 ほのお この技の存在で物理全般にかなり牽制が効く マシン
トリック - 100 エスパー こうこうのしっぽや拘り 教え
にらみつける - - ノーマル 爆発等の威力サポート。 自力

ステータス調整


素早さ

かげうち、ふいうち、補助技は全て優先度+1。ねこだましは優先度+3。
優先度が高い技が多いため、無振りでも特に問題はない。

攻撃・特殊

サポートが中心となるポケモンなので、全く振らず全て耐久に回しても良いが、仮想敵に合わせ多少振るのもアリだろう。

98(攻撃20振り):HP252シャンデラをふいうちで確2


耐久

ガルーラからはメガ無しノーマル技orメガ時の不一致サブウェポンくらいしか打点が無い為、やけど込みでの調整のし甲斐がある。
特殊耐久は特化してもラティオスの珠流星が低乱数程度。
シャンデラのシャドーボールやボーマンダの流星群が主な調整先となるだろう。

H157-B134(HP252防御補正212振り)…A194メガガルーラの親子愛かみくだく2耐え(急所非考慮)

型サンプル

基本型

特性:いたずらごころ
性格:しんちょう/わんぱく
努力値:HP252、特防or防御252 / 攻撃素早さ252(タスキ時)
持ち物:メンタルハーブ/きあいのタスキ/こうこうのしっぽ(トリック用)
確定技:ねこだまし
選択技:かげうち/イカサマ/ふいうち/おにび/みきり/ちょうはつ/いばる/あやしいひかり/にほんばれ/フェイント/ゆうわく/トリック/マジックコート

パーティが苦手な戦術によって技を選んで行くことになる。
あやしいひかりやいばるをただ打つだけでもそれなりに使えてしまうのだが、
雨パ相手に選出してにほんばれを使う、♀で使い初手のラティオスや♂率の高いゴウカザルにゆうわくを打ち込む、バンギラスにおにびを入れる等明確に仕事を意識して技を選んだ方が良いだろう。

爆発サポート型

特性:いたずらごころ
性格:いじっぱり/わんぱく
努力値:攻撃252、素早さ252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:ねこだまし/フェイント
選択技:ふいうち/おにび/ちょうはつ/いばる/みやぶる/にらみつける

メタグロスなど爆発を持つポケの隣に置いて
ねこだましで縛りの解除orフェイントでまもる解除→相方の爆発という動きを前提とした使い方になる。
攻撃種族値は並以下とはいえど、さすがにタイプ一致ふいうちともなると
ラティオスのHPを8割以上持っていける火力にはなる。
にらみつけるは上手く使えれば相手2匹の防御を下げ、より爆発の打点を高めることができるため候補に入る。


タッグ候補

メタグロス
上述通り基本的に爆発。苦手なシャンデラにはヤミラミのふいうち。
みがわり、鋼タイプには非常に弱い。

ベロベルト(未作成)
マイペースでいばるを受けた爆発は非常に強力。等倍で耐えるポケモンは存在しない。

対策

また、このゆびとまれやいかりのこなで目的のポケモンを狙わせないというのもそれなりに有効。
隣にメタグロスやランドロス(未作成)などが並んでいる場合、爆発の恐れがあるため
みがわりを使う、霊タイプや鋼タイプを受け出し、などの対応をしたい。
単純な殴り合いに持ち込めば火力の面でも耐久の面でも弱いポケモンなのでラムを持った高種族値のポケモン等は有利に戦えるだろう。

外部リンク


添付ファイル