ガブリアス

図鑑No.445 タイプ:ドラゴン/じめん
特性:すながくれ(天気が「すなあらし」の時、回避率が1.25倍になる)
隠れ特性:さめはだ(接触攻撃を受けた際、その相手に最大HPの8分の1ダメージ)
メガシンカ時特性:すなのちから(天候が「すなあらし」の時、岩技、地面技、鋼技の威力が1.3倍になる)
体重:95.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ガブリアス 108 130 95 80 85 102
メガガブリアス 108 170 115 120 95 92

ガブリアス
メガガブリアス
ばつぐん(4倍) こおり
ばつぐん(2倍) ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2) ほのお/どく/いわ
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし でんき

高い素早さ、広い攻撃範囲、高い耐久、電磁波無効を併せ持つ600族。
第5世代ではバンギラスと組み合わせてすながくれを発動させるバンガブ構築や、霰パの対砂枠として入ってくることが多いポケモンだった。
現在はバンギラスのすなおこしが永続から5ターンに弱体化したため、従来のような残飯みがまも型は弱体化しているため、特性は特に無くても機能するさめはだが基本となる。物理が強力な環境に加え、特にメガガルーラの攻撃を受けた場合2回発動するので有用。

メガガルーラメガリザ―ドンYを上から殴れるという点で、現在のメタゲームにおいても重要な役割を持っている。ラティオスの大幅な減少やめざパの威力が弱体化したのも追い風である。
いかくを持つ霊獣ランドロスには相変わらず枠を取られることが多いものの、特性まけんきであるキリキザンを相手にする上では、いかくが無いことで強化をさせないことが優位点にもなる。


今作からメガシンカが追加された。メガシンカすると攻撃、耐久が大幅に上昇し、禁止ポケモン級の種族値になる。特性もすなのちからに変化し、砂下でエースアタッカーとしての活躍が期待できる半面、素早さが下がってしまうため、同族や他のドラゴンとのミラーには不安が残る。素早さを下回り、さめはだが無くなったことでメガガルーラへの優位性も低下するのも問題点。特攻も大幅に上昇するので特殊型としての活躍も十分期待できなくもない。

ちなみに、シングルの竜技は通常逆鱗だが、ダブルにおいてはこの技は対象が指定できないため使い物にならない。よって竜技はドラゴンクローとなるが、持ち物補正がないと相手のドラゴンを確一にできない。ちなみに、陽気A252@珠で無振りガブリアスは確一。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
じしん 75(112) 100 じめん メインウェポンで、強力な範囲攻撃。味方を撒きこむので注意。 マシン
ドラゴンクロー 80(120) 100 ドラゴン 威力、命中とも安定したメインウェポン。 自力
げきりん 120(180) 100 ドラゴン 主にハチマキの場合の技候補。タイプ一致で高火力だが、混乱のデメリット、鋼やフェアリーに死に出しされるなど、読まれやすい。 教え、遺伝
いわなだれ 56 90 いわ 地面技と相性が良いサブウェポン、範囲技で、3割怯みの追加効果が強力。 マシン
アイアンヘッド 80 100 はがね フェアリーへの牽制技で、追加効果も狙える。主にハチマキの場合の技候補。 教え
どくづき 80 100 どく 同上。 マシン
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
だいちのちから 90(135) 100 じめん 特殊型のメインウェポンで、味方を撒きこまないのが魅力。 教え
りゅうせいぐん 130(195) 90 ドラゴン 強化アイテムが持てないので、若干威力不足。 教え
だいもんじ 110 85 ほのお ハッサムやナットレイ、ユキノオーピンポイント。 マシン
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技。 マシン
みがわり - - ノーマル 砂下での場持ちの良さを活かす。 マシン
つるぎのまい - - ノーマル 舞う隙が作りにくいが、足りない火力を補える。 マシン

ステータス調整

  • 183-182-116-*-105-169(0-252-4-0-0-252,ようき)
メガシンカをしない場合、ミラーや火力の問題からようきASが基本。
無振りでもほとんどの攻撃を一回は耐え、上から潰されることは少ない。
火力アップアイテムを持たせる場合やメガシンカをする場合は、めざ氷など一部の技を耐えるために耐久調整の余地がある。

  • 191-156-B116-*-124-S169(60-44-4-0-148-252,ようき)
鉢巻ガブリアスの場合
この調整はXYカロスダブル時代に日本で爆発的にはやった。カロスダブルでのトップメタであったスカーフサーナイト、スカーフバンギラス、リザバナ構築の珠バナを意識した調整。最低限の火力と最低限の耐久を確保したうつくしい調整だと言える。

•H183-B116ガブリアスを[鉢巻]ドラゴンクローで確1
•C194サーナイトの[眼鏡 + ダブルダメージ]マジカルシャインを確1耐え
•C142ニョロトノの冷凍ビームを確1耐え
•C161カエンジシの[珠]目覚めるパワー氷を確1耐え
•C147バンギラスの冷凍ビームを乱1耐え(93.7%)
•C162ボーマンダの[珠]竜の波動を乱1耐え(93.7%)
•C167フシギバナの[珠]目覚めるパワー氷を乱1耐え(93.7%)
•C194サーナイトのムーンフォースを乱1耐え(68.7%)
•H6n-1 & H8n-1

素早さ

メガシンカをしない場合、ミラーが頻発する上、すぐ下にメガガルーラボーマンダなどが控えているため最速推奨。
メガシンカをする場合、ミラーを意識しないなら調整の余地がある。

以下、メガシンカ時。

125(無補正100振り)…最速バンギラス抜き
136(無補正188振り)…最速メガバンギラス抜き
147(補正込み172振り)…最速ギャラドストゲキッス抜き
152(補正込212振り)・・・最速FCロトム抜き
158(補正込252振り)…最速

攻撃・特殊

メガシンカ前も、持ち物次第で様々な調整が考えられる。

以下、メガシンカ時。

208(無補正A140振り)…砂下のダブルダメージじしんでH252振りメガクチート確定1発
212(無補正A172振り)…砂下のストーンエッジでH252振りサンダー確定1発
215(無補正A196振り)…非砂下のダブルダメージじしんでH252振りシャンデラ確定1発
232(補正有りA164振り)…ドラゴンクローでH4振りのガブリアス確定1発
241(補正有りA236振り)…ドラゴンクローでH252振りのサザンドラ確定1発
244(補正有りA252振り)…砂下のダブルダメージじしんでH252振りメタグロスが75%の乱数で1発、H252振りバンギラスが93.8%の乱数で1発

耐久

185(H12振り)…無補正C252振りのサンダーのめざめるパワー氷確定耐え
197(H108振り)…無補正C252振りのメガライボルトのめざめるパワー氷確定耐え

以下、メガシンカ時。
209(H204振り)…無補正C252振りのバンギラスのれいとうビーム確定耐え

型サンプル

基本型

特性:さめはだ
性格:ようき
努力値:攻撃素早さ252 防御4
持ち物:きあいのタスキ/ラムのみ/いのちのたまなど
確定技:ドラゴンクロー/じしん/まもる
選択技:いわなだれ/どくづき/みがわり/つるぎのまいなど

高い素早さ、耐久と特性を活かして居座り、相手を上から殴って行く。タスキを持たせる場合は先発か死に出しが基本。

特性はよほどの事が無い限りさめはだ。ねこだましで止めてくる相手に削りを入れられる。
メガガルーラのすてみタックルを受ければ、こちらも瀕死寸前になる代わりに相手も反動とさめはだで瀕死寸前まで削る事が出来る。

4つ目の技はいわなだれ推奨。ファイアローはもちろん、素早さを上回れるメガリザードンYを処理できる。
耐久調整やワイドガードを意識する場合はストーンエッジやがんせきふうじもあり。
その他の場合、ニンフィアなどのフェアリーに高打点を持つならどくづき…と言うように仮想敵を決めたい。

さめはだ+ゴツゴツメットの選択肢は、耐久調整が絡んでくるので別のものになる。

ハチマキ型

特性:さめはだ
性格:ようき
努力値:素早さ252 攻撃、耐久調整
持ち物:こだわりハチマキ
確定技:ドラゴンクロー/じしん/いわなだれ
選択肢:ストーンエッジ/がんせきふうじ/どくづき/アイアンヘッド/からげんき/げきりん/かわらわり

ハチマキで火力を底上げして、じしんなどの範囲技を打ちやすくする型。高い素早さと火力を維持できるよう耐久を調整するとよい。じしんが当たらず、高火力範囲技が打てる相手がいるとなおよい。

通常であれば守るに割かれる技枠が鉢巻だと余る。
フェアリー打点のアイヘや毒づき以外にも、2つ目の単体岩技や地震を打てない時のメガガルーラやキリキザンへの打点のかわらわり、やけど対策の空元気といったピンポイントな選択肢も考えられる。

タッグ候補

バンギラス
すなおこしでガブリアスの特性を発動させる。特にメガガブリアスを使う場合は必須。
縦横の相性はそれほど良くないが、ガブリアスが厳しいトゲキッスユキノオーにはバンギラスが打点を持てる。

トゲキッス
ガブリアスに飛んでくるドラゴン技、おにびをこの指で吸える。
氷技が一貫するのが難点だが、ユキノオーに対してはトゲキッスが打点を持てる。
トゲキッスが厳しいメガクチートメタグロスなどに対してガブリアスが打点がある。

ユキノオー
ユキノオーが厳しいバンギラスメタグロスメガリザードンYシャンデラなどに対してガブリアスが強い。


対策

主力技の威力が低いので、いかくやリフレクター、おにびを使えば弱点を突かれない限り、比較的余裕を持って戦う事が出来る。ただしつるぎのまいや、メガシンカで火力を引き上げてくる場合もあるので注意。
ゲッコウガオンバーンなどで弱点を突けば上から落とすことができるが、タスキやすながくれには注意が必要。シングルのようにスカーフを持ったマンムー(未作成)パルシェン(未作成)のつららばりが一番安定して縛れるかもしれない。

外部リンク

  • ガーディ - 2016-04-28 18:39:28
  • ゴウカザル - 2016-10-08 18:35:02
  • サーナイト - 2016-10-29 11:49:51
  • サーナイト - 2017-01-02 01:29:11

添付ファイル