星々の欠片


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 遥か彼方、何億年前の光。
 あの星々はもう滅んでしまっているのだろうか?
 それとも、今もまだ未来に向けて光を放ち続けているのだろうか。
 幾つもの物語を紡ぐ光を読み取る術は今の私たちは持たず、数多の物語が一瞬の輝きを放っ
て消えゆく。私たちの物語もそうした一瞬の光、刹那の時に消えてしまう夢幻の灯火。
 けれど、紡がれた刹那の光を紡ぎ続けていけば無限の光となる。
 明日のために、今日知った痛みを覚えていよう。
 来年のために、今年知った愚かさを刻み付けておこう。
 次の物語に託すために、私はこの人生で知った全てを忘れることはない。
 
 星の光が紡ぐ物語は大河を形成する欠片のうちの一つ。
 規則性を持たずに流れ、その一つ一つの繋がりを読み取ることができれば、全く別の大きな
物語を紡ぐだろう。
 全ての世界を繋ぐことができるその日のための物語、一瞬の光の意味など知る事はない。