第25話 ロボット都市

あらすじ

放射能の出ない核爆弾ATGを発明したヤマトネ博士。
量産には優れた技術者が必要なため、ミュラー社のロボットを動員することになった。
しかし社長のミュラーはナゾーの手下のロボットA1号だったのだ。
ATG工場はロボットたちに占拠され、爆弾の製造が始まってしまう。
ATGの爆発の可能性があるため、うかつに攻撃するわけにもいかない。
タケルはロボットに化けて工場に潜り込む。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。