第23話 怪盗ブラック仮面

あらすじ

嵐の夜、ハロル博士の研究所に、ナゾーの手下、ブラック仮面が現れ、
ハリケーン爆弾の化学方程式を書いたノートが盗まれてしまう。
方程式の残りの半分が書かれたノートを持っているヤマトネ博士は、
科学長官に電話で呼び出され、ハロル博士の山荘に向かうが、
それはウソの電話で、待っていたのはブラック仮面だった。
博士を助けに現れた黄金バットに、怪獣ネッキーが襲いかかる!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。