ダレオ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダレオ(ドコノ ダレオ) CV:たてかべ和也(当時の芸名・立壁和也)


「タケル君がんばれ、がんばれ!タケル君、がんばれー!!」(チョコ食いながら)

通称ダレオ君。本名はドコノ ダレオ。
他に、「ドコノ君」、「ウスノロ」、「太った子ども」、「Mr.ダレオ」と呼ばれることもある。

科学者ヤマトネ博士の助手。タケル君たちの友達でもあり、
たびたびおかしな行動を取るいわゆる『3枚目』『コメディリリーフ』にあたるキャラクター。
頭はよくないが怪力の持ち主であり、彼の怪力のおかげでタケル君達がピンチから脱したケースも少なくない。
さりげなくオリンピックに重量挙げの日本代表選手として出場し、弱冠16歳で金メダルを取るなどかなりスゴイ。 

初登場回である1話では、まるで心ここにあらずと言える喋り方や、ウォーターサーバーをひっくり返す、
適当にボタンを押しSOS花火をあげるなど、視聴者に強烈なインパクトを与えた。
が、彼がそうしなければ一行が黄金バットと出会うことはなかった。
その様子は一部からはキ××イとまで揶揄されてしまうほどであったが、2話以降は喋り方もまともになり、
三枚目キャラとして空気を読まない言動や態度、
顔芸を披露して視聴者にウザがられつつも愛されている。

各話において度々会話に参加するが、ほとんどスルーされてしまう。

大柄な外見に反してまだ若いようで、年齢はタケル君たちと大差ないようである。第6話『メロン爆弾大追跡』で誕生日を迎えており、
話の終盤に登場したケーキの蝋燭の本数から16歳(1~5話の時点では15歳)という説が有力。
ちなみに車の運転も出来るが、年下であろうタケル君も運転しているので参考にはならない。

黄金バット数え歌では、歌詞の七番目でヤマトネ博士の片腕として紹介されている。

10話からは日常生活において、お腹の空くことはやらないという方針を示した。
大食漢で力持ちだが、怖がりという一面もある。
ご飯をたくさん食べることによって頭が回るようになるらしい(本人談)。

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル