アルテミジア・フェルシア・ヴァレンタイン

名前

アルテミジア・フェルシア・ヴァレンタイン

分類

キャラクター

作者

狂気山脈アルプス

種族

化物

性別

能力

  • 化物という存在
数千の命があるので、もし戦うとなるとすげー大変。
主に黒い物体を使って具現化して攻撃。
広範囲の魔法を使ったりする。
黒い物体の限界範囲は諸説によるが大国を包み込めるほどであるらしい。(本人もよく分からない)

  • 死の叫び
フェルシアが出せる最大の力。
黒の物体が広大に包み込み、死を与える力。
彼女と挑んだ者への最高の敬意とも言われている。
包み込んだ物を残虐に殺戮を行う。
対処法は…うん波動砲でも撃ち込んだら貫通するよ。

設定

3DS版からのキャラ。
銀髪ショートカットヘアー。
多少のツッコミ役。
キリストが産まれる少し前に存在したといわれている化物。
何故存在したのか、正体は何なのかは誰にも分からない。
かなり強いが現在が面白くてあまり戦いたくない感じ。
今はアルプス宅のボディーガードとなっている。
何故だ。
  • ~彼女についての伝説~
今現在は普通に人間らしく暮らしている。
能力から見て冷酷で残酷そうだが、実際は礼を忘れない人である。
伝承では一晩寝床を貸してくれた大国の宿屋に礼と、何故か理不尽に神の兵団が攻めて来た時、撃退したり、
とある水上都市を案内してくれたお礼として、超特大台風を防いだなどなど様々な伝承が残っている。
あと、結構なグルメ。
弱点はイギリス名物『ウナギのゼリー寄せ』
あれは食えた物じゃない伝説級の異次元だ。
  • ~彼女についての伝説その2~
過去に彼女と挑んだ者は多々いるが、その中で3回引き分けになったと言われている。
一度目は今は失われたが、魔法の始祖と言われている魔法使い。
二度目は黒髪、黒服の剣士。
三度目は機人種4390体の戦争。
いずれも壮大な戦いとなったが、後にその戦った者と意気投合になっている。
彼女と引き分けって、一体どうやったんだよと歴史研究者達は頭を抱えている。

タグ