マかい

名前

マかい

分類

世界

作者

ほとくらげ

新軸市との交通手段

マおうのお城にある地下鉄"幽霊線"。

設定

死んだ生物の魂が集うと言われる世界。
それは伝承にある”地獄”そのものであり、様々な妖怪が往航している。
だいたいの地域は無法地帯で荒れているが、『マおう』の居城では魂を裁いているとか。いないとか。
ただいま絶賛好景気だそうで。
この"マかい"は魂を裁く場所の1つであり、魂が行く場所ならこの他にも多く存在する。
魂を裁く世界はマかい以外にも存在する。
生者も行くことができるが、常に妖怪や怨霊がはびこっているので危険。
この世界の99%は魂や妖怪の無法地帯となっている。
特に意志を持たない”怨霊”を他の世界に持ち込んでしまうと大変なこことなる。
ちなみにマかいは金がたくさん採れる。
"マかい"は惑星のような球状ではなく、どこまでも平坦な土地が続く世界なのだという…。
ちなみに"マかい"の描写は真っ赤。
  • 魔界門
マかいに入る為にくぐらなければならない門。
魂はここで大まかな判別がされる。
(だいたいは超善人もしくは極悪人か引っ掛からない。)
極悪人の魂の場合、その場から直接刑場に送られる。
超善人の場合、その場から天国(仮)に贈られる。
ここの制裁基準もテキトー。
…本当に無責任な世界である。
  • 大マ卿
マかいの50%をこの樹海が占めている。
一度踏み入ったら帰って来るのは不可能。(飛べれば別。)
広さでいうと、"銀河を3つ並べた位"。(グ○ンラ○ンの目位の大きさ。)広っ。
これだけ広大にも関わらず、飛翔できる者はとっとと脱出できるので不思議である。
大マ卿内部、付近には怨霊や妖怪が出るので近づいてはならない。
(内部に住んでいるものはどう過ごしているのだろうか)

所属する街・施設

マおうのお城、魔界門、大マ卿

タグ