エキストラ(クロテンタル)

名前

エキストラ

分類

キャラクター

作者

2-97 2

種族

クロテンタル

性別

複数を指すので無し

設定

モブ向けのキャラ。
他のクロテンタル。
ユグドラシルエラーナイトに現れる真っ黒な生き物。
フル装備した奴もいるとか。
身長は20cm~5m
エキストラとして登場する。
頭の形が変わる事も…
いろんな素材で作られているため、別名「素材人」と呼ばれている。

  • クロテンタルとは
人工生物。
脳の部分にシステムコアがある。
人間化で人間やアンドロイド、サイボーグになることができる。
逆にクロテンタルに戻ることも可能。
身長・体重は引き継がれる。
通常時の強度は使われた素材の強度と同じ。
  • クロテンタルの種類
生身式:専用の素材で作られた人工生物(ロボットではない)。
機械式:体が機械で作られたクロテンタル。ユグドラシルではほぼ全てが捨てられてる。(元々は介護ロボット)
クロテンタルサイボーグ:生身式と機械式を組み合わせたクロテンタル。
  • クロテンタルの詳細
生身式・機械式同様
視力 10
100kgまで片手で持てる
  • 設計図があるところ
生身式:テンタルノート内
機械式:開発スキルを持ったのであれば、作れる。ただし、失敗作が多い。成功作を作るには、テンタルノートが必要
  • 体の素材
生身式:ゴム、銀、ダイヤモンド以外の宝石、銅、金、プラチナ
機械式:ダイヤモンド、超強力金属
超強力金属はダイヤモンドの数百倍固い金属。
一部のクロテンタルはこれで作られている。(PRT-5Ω デス対策)
洗脳無効の力を持ち、ダイヤモンドハンマーで壊すことができる。
  • 機械式クロテンタルの壊し方
ダイヤモンドソードなどのダイヤモンドで作られている武器で倒すことはできる。
腕を折られると気絶する。
ダイヤモンドハンマーは弱く叩くだけでダイヤモンドや超強力金属を壊すことが可能で、カッター型に変形できる。
ユグドラシルにダイヤモンドハンマーが100個落ちている。
  • クロテンタル番号
クロテンタルには、番号がつけられている。
「(アルファベット)-(数字)」といった感じ。
左の3文字のアルファベットは「シリーズ」。
右の3桁の数字は「番号」。
※シリーズによって、4桁以上の数字になっていることも
番号をつけられていないクロテンタルもいる
  • クロテンタルの能力
「全ての○○化」という場合は「変身系から人間化とそれ以外のいずれか1種類、超能力系から魔法化以外の全て、特殊系から全て、回復系から全て」の12種類を指す。
作者の提供キャラクターのうち「全ての○○化」が使える者は、変身系ではエラーナイト住民(マーク(裏人間化)、ウラシャチ)は変身化、
ユグドラシル住民(インクディーテンタル)は砲台化(戦車)を選んでいる。
○変身系(変身時にもう一度使えばクロテンタルに戻ることも可能)
 人間化(No.01):人間に変身出来る。不良でも普通に使える。クロテンタルの基本能力だが、使えない者もいる。
 裏人間化:通常の人間化と違い、「全ての○○化」が使用可能に。30秒経つと、元に戻る。性格が別人のようになる。
 変身化(No.06):ロボットに変身出来る。服が変わるだけのタイプもある。
 魔獣化(No.13):モンスターに変身できる。強さは10倍に増える。一部のクロテンタルは動物になることも。その場合は弱くなってる。(別名:動物化)
 砲台化(No.14):砲台に変身できる。弾はダイヤモンド。一部のクロテンタルはこれを使えば戦車になれる。(別名:戦車化)
 武器化(No.19):武器になることができる。一部の不良クロテンタルはこの能力を使い、戦闘に参加する。素材変更化で武器の素材を変更可能。
          別の変身系○○化を使うと元の素材に戻る。この能力は2人以上用で、武器化使用者1人ではただ武器が落ちているだけとなる。
○超能力系
 透明化(No.02):透明になり、すり抜けることが可能。ただし、上下すり抜け不可能。
 伝言化(No.03):テレパシーと同じ。この能力を使うことにより、指示装置を使える。
 転送化(No.08):物を転送可能。生物は転送不可能。転送先は自分がいる街内のみ。
 水中化(No.10):水の中に入っても、溺れることはない。制限時間は水の中に入ってから、15時間。制限時間を過ぎると、溺れる。
 空中化(No.12):空を飛べるようになる。制限時間は空にいてから、10時間。制限時間を過ぎると、落ちる。
 魔法化(No.20):口から火を吐くなどの魔法が使える。一部の不良クロテンタルは魔導書(実はただの漫画)を持って、魔法使いみたいな格好になっている。
          魔法化では使えない魔法もあり、瞬間移動はなく、ほうきで空を飛べない。
○特殊系(自爆化は新軸市では使用不可能。)
 危険化(No.04):危険を増やすデンジャラスな能力。例)甘口カレーを激辛にする、攻撃の威力を2倍にする、包丁の切れやすさUP、ダメージ2倍
 素材変更化(No.05):武器に使われてる素材を変更できる。他人の武器は不可能。例)プラスチック→金属、金属→紙、ガラス→ダイヤモンド、ダイヤモンド→超強力金属
 自爆化(No.09):クロテンタルの最後の必殺技。自ら犠牲となり自爆する。裏人間化が使えれば、犠牲にならず何度でも使用可能。この能力は緊急事態のみ使用可能。
○回復系
 回復化(No.07):自分の体を治せる。基本的に他人を治すことは不可能だが一部のクロテンタルは他人を治すことができる。この能力で機械を修理することは不可能。
 修復化(No.11):物を治すことが可能。回復化と違い他人を治せる。捨てられた機械式クロテンタルはこれが使える為壊しても翌日には元に戻る。生き物は治せない。
○隠し能力(通常の能力とは違い、運転免許がないと使えない。)
 運転化(No.15):乗り物を運転できるようになる。それだけ
○クロテンタルナイトメア(ディーのみ使用可能)
 超能力化(No.16):自然化で出した素材のみ、物を空中に浮かばせることが可能。一度に使える時間は2時間。それから2分間は使えなくなる。
 自然化(No.17):木や氷、石のブロックを作ることが可能。一度に出せる素材は30個。30個目を出してから2分間は使えなくなる。
 変形化(No.18):自然化で出したブロックの形を変形可能。
人間化時には色んな素材で造られている首輪「クロテンタルドーナツ」をつけている。
変身化の一つに未変形TAタイプがあり、一部の不良クロテンタルはイタズラで使うことが多い。
通常の未変形TAと違う特徴は「ボタン(?)の色が紫、変形不可能、自分の中に入った敵を閉じ込める、自分の意思で開け閉め可能、中の設備が空っぽ」である。
透明化、伝言化、危険化、素材変更化、転送化、自爆化、水中化、修復化、空中化はエラーナイトの乗り物にも使われている。
ユグドラシルの不良クロテンタルが魔獣化を使うと「ネオギアン」になり、
砲台化を使うと主砲やマシンガンを搭載した「戦車」になる。(大きさ:220cm)

タグ