永輝院 英次


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前

永輝院 英次(えいきいん えいじ)

分類

キャラクター

作者

hak

種族

人間

性別

能力

  • 永輝院流銃剣術(印可)
永輝院に代々伝わる銃と剣、及び銃剣を扱う流派。
印可であれば、皆伝には及ばないものの、その流派の全ての術を扱うことができる。
「銃剣術」は眼前の敵をいかに鮮やかに伐つかを追い求めた結果、ついには芸術と評されるまでになった流派だ。

設定

36歳。
リニア運転士、永輝院英次の朝は早い。
深夜とも言える時間に起床し、朝食を摂り着替え、出勤。
その日操縦するリニアモーターカーの整備点検を済ませると、そのまま始発の便を走らせるのだ。
彼は文明急行リニア線の始発から昼過ぎまでの運行を任される一流の運転士である。
一流の運転士としての腕を買われ、配置替えの話も多いが、その殆どを断っている。
銀河鉄道線や宇宙電線は泊まりこみの仕事も多いし、なにより、退社時間が娘の下校時間と一緒だからだ。
そのため馴染みの客も多く、「駅員A」と呼ばれ親しまれている。
英次は剣術と銃術を組み合わせた技と銃剣を使う技法「銃剣術」で名をあげた永輝院家の次男だ。
兄が家を継いだ為家を出たが、「銃剣術」の印可であり、「銃剣術」を教えることができる。

タグ