※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヤハタ



演じる人:もやし

◆名前: 八幡・クロード [ヤハタ クロード]
(正式名は八幡・A・クロード。Aは隠し名)
◆性別:男
◆年齢:18
◆種族:異世界人
◆出身:異世界「TwoFace」の街・「PhantomPain」出身。
◆髪型:黒髪/ショート(ツーブロック)
◆目型:灰色/三白眼
◆職業:
•狙撃手ㅤ•ギャングㅤ•エミリアの縁者
◆武器:
•狙撃銃ㅤ•ハンドガンㅤ•アサシンブレード
◆服装:黒のライダースジャケット/黒のレザーズボン/サングラス
◆性格:マイペース/面倒くさがり屋/マルチリンガル
◆一人称:俺
◆二人称:お前/アンタ/変なあだ名
◆三人称:アイツ
その他:(随時更新)
■犯罪が絶えない無法地帯。オイルの匂いが漂うホコリっぽい街「PhantomPain」出身。その街を束ねているギャング「Rhea」のNo.3。
■性格に似合わず表立って行動するよりもスニークや諜報、暗殺など裏方の仕事をこなしていた。
■裏方の仕事をしているが格闘術は組織でも三本指に入る強さを誇る。地下格闘技場では5冠を達成している。
■覚せい剤の運搬の仕事中、トラックに撥ねられた時、不思議な力でアルシアンテの大図書館の前に飛ばされてきた。

■大変動という天災の影響で突然変異を起こしたリュカオンの毒により左手に「触れたものを腐らせ朽ちさせる」異能を発現してしまった。しかし月の都事件の解決により均衡を取り戻したことで左手の異能は消失する。
■異能が消失した後は得意な銃器と格闘術(CQC)で戦っている。
■アリアナトラで生きていく為に魔法も会得した。
•転移魔法
•雷魔法(蜂を模した雷)

■図書館の司書で知識の体現者の「エミリア=サーター」に能力を認められ縁者に推薦され、知識の体現者の縁者として活動するようになる。

■月の都事件で共闘した「伊鶴」とはなんだかんだ仲がいい。

■喫煙者。銘柄はテティカ産の「SquareCrow」。

■面倒くさがり屋のクセして面倒見はいい。
■任務中、特に銃を構えるような仕事ではほとんど喋らない。


▶︎episode
+ ネタバレ折りたたみ