ミスズマル(キンゴ)





御鈴丸


演じる人:あみの

◆名前: 御鈴丸 [ミスズマル]
◆性別:男
◆年齢:10歳(実質110歳)
◆種族:人間のような風貌だが、真相は不明
◆出身:季楼
◆髪型:ぱっつんポニーテール・白色
•前髪はインテークのようなセンター分け
◆目型:たれ目がち・淡い青色の瞳
◆職業:幻術師
◆武器:幻術
◆服装:
•濃い青色の肩衣(丈がかなり長く、ふくらはぎあたりまである)
•淡い水色の着物(肩部分に切れ込みが入っている)
•先がつぼんでいる青色の袴
•職人足袋
•白い布紐で髪を結っており、結び目から紺色の紐についた鈴が二つ付いている。
◆性格:献身的
◆一人称:鈴(小生)
◆二人称:あなた
◆三人称:あの人
その他:
■はぐれ魂・金吾の正体。
■100年前、季楼の港町”汐ノ浦[シオノウラ]”の海辺に打ち上げられた、額に痣を持つ異国の子。
■当時汐ノ浦の領主であった鬼崎 義景[オニザキ ヨシカゲ]に小姓として引き取られた。
■ある事件により器と魂が引き離され、約100年もの間眠っていた。
■そのため、精神や容姿は10歳ほどだが、実質110歳である。
■鳥をモチーフにした幻術が得意。


キンゴ


演じる人:あみの

◆名前: 金吾 [キンゴ]
◆性別:不明。男とも女ともとれない。
◆年齢:不明。若者の風貌。
◆種族:魂
◆出身:不明
◆髪型:ぼんやりとした白い髪。ボブカット
◆目型:ぼんやりとした淡い青色の瞳
◆職業:幻術師
◆武器:幻術
◆服装:緑がかった白い布が体に巻きつき、着物のようになっている。
性格:天真爛漫
◆一人称:小生
◆二人称:あんた、お兄さん/お姉さん
◆三人称:あいつ
その他:
■額に痣がある、その辺に漂っていた魂。
■江戸っ子口調。
■自身の記憶が一切無く、名前も宴 吉継に付けてもらったもの。
■自らを名付けてくれた吉継を「宴様」と呼び慕う。
■体はぼんやり透けており足は無く、常時浮遊している。
■その正体は100年前、季楼の港町”汐ノ浦[シオノウラ]”の海辺に打ち上げられた異国の子・御鈴丸の魂。
■現在は器を取り戻し、御鈴丸として生きている。