※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヒナコ



演じる人:あみの

◆名前: 布原 雛子 [ヌノハラ ヒナコ]
◆性別:女
◆年齢:13
◆種族:人間(地球人)
◆出身:日本(広島県)
◆髪型:黒髪、ツインお団子ヘア
◆目型:微妙につり目、黒色の瞳
•はじめは紫色のカラーコンタクトを付けていた
◆職業:
•カルモ地下酒場の従業員
•中学生ㅤ•フィギュアスケーター(ジュニアクラス)
◆武器:洞察力と度胸(戦闘能力は無し)
◆服装:ウェイトレスの服装
•オレンジ色のエプロンワンピース
•朱色の帯ㅤ•白いブラウス
•靴下ㅤ•デッキシューズ
▲以下、アリアナトラに飛ばされてきたときの服装▼
フィギュアスケートの衣装。全体的にきらびやか。
•薄緑色基調のワンショルダーワンピース(右側だけ長袖になっている)
•左手だけの赤い長手袋ㅤ•赤いキャミソール
•肌色の下着、タイツㅤ•スケート靴
◆性格:世話焼き、活発
◆一人称:うち
◆二人称:あなた、あんた
◆三人称:あの人、あいつ
その他:
■地球から飛ばされてきたフィギュアスケートっ娘。
■広島で幼少期を過ごし、何年か前に名古屋に引っ越す。
そのため、広島弁と名古屋弁が入り混じった話し方をする。

■衣装合わせをしているときにアリアナトラに飛ばされてきたので、
服装がフィギュアの衣装だったんだそう。
■飛ばされた場所はフェルナ領・アリアナトラ大図書館の近く。
しばらくの間、館内で過ごしていた。
■現在はアル・シアンテ領・カルモ地下酒場のウェイトレスとして住み込みで働いている。

■身体と頭が二重の意味で柔らかいのが自慢。
■度胸はあるけど敬語が苦手。

■地球に帰れるのなら帰りたいと思っているが、
スケートするところがあればずっとアリアナトラにいてもいい、とのこと。
■大図書館での魔物との遭遇や、月鏡界での生死に関わる出来事を経て、
もしもの時のために戦う術が欲しい、と思っている。