※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロフィール

【名前】荒木ハイド(ジキル)
【性別】男
【年齢】18
【職業】高校生(実は狼男)
【身体的特徴】
体格は大きいが常におどおどしている。かなりの恐がり屋。二重人格及び多重体格症を煩っており、強い怒りとストレスを感じるともう一つの人格ジキルに変身し、滅茶苦茶に暴れまくる。
 実は狼男の血筋と遠い遠い血縁関係にあり、ジキル時の姿は狼男その物。するどい爪と牙。その巨体から繰り出される圧倒的なパワーで敵を粉砕する。
【性格】
ハイド時は心優しい性格で暴力を好まない。時々クラスメートにパシりにされるような性格。
ジキル時は大変荒っぽくなり、血と臓物を好む性格になる。
【趣味】
ハイド=ポップミュージック。庭の手入れ。
ジキル=暴力。爪とぎ。
【特技】
ハイド=花を育てる。
ジキル=敵を引き裂く。
【経歴】
日本にすむ極普通の男子高校生。体は大きいが暴力を好まない心優しい性格のため好かれやすいが、よくパシりに使われている。(本人は気づいていない。)
【好きなもの・こと】
ハイド=クレープ。お菓子。
ジキル=生肉。
【嫌いなもの・こと】
ハイド=暴力。血。
ジキル=甘っちょろい正義。生意気な奴。
【特殊技能の有無】
ハイドが強いストレスや怒りを感じたり、酔っぱらったり、気を失えば体が裏返し、残忍な性格をしたもうひとりの自分である狼男、ジキルに変身する。何回かふとしたことでジキルに変身したことがある。すんでの所で目覚めたハイドに戻るため、殺人を行ったことはない。ハイド時はジキルが眠り、ジキル時はハイドの意識が眠っている。そのためハイドはジキルの存在に全く気づいておらず、目覚めたら周りが荒らされていてよく驚く。
【備考】
ハイドは子供の頃から正義の味方に憧れており、夢はヒーローになること。ジキル時には微妙にその考えが受け継がれいる。が、あくまで微妙である。大抵は叫びながら暴れるのみ。


他キャラとの関係性

プロフィールでの情報に限ります。本編で新たに絡んだキャラとの関係性は記録しません
キャラ名 関係

本編追跡表

0XX:[[]]