※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

負けたら失う



++++++++++

 鼻に感じる火薬の匂いが心地よい。
 彼方此方で爆発が起き、顔のすぐ横に銃弾がかすめる。
 頬が切れた、痛くはない。
 寧ろ笑みが浮かんでくる。
 お返しとばかりに鉛玉をくれてやることにする、グレネードはサービスだ。
 あっという間に血が降り注ぐ。
 汚い花火だ。
 数メートルも離れていない距離にいた味方が、頭をふっ飛ばされた。
 ああならないように注意しなければ。

「余裕だねぇ、笑っちゃって」

 私とコンビを組んでいる男が、苦笑しながら呆れてる。
 しっかりと愛用の機関銃を乱射しながら。
 余裕?余裕などないぞ。この状況を生き抜くのに必死だ。

「長年コンビを組んでんだぞ、それぐらいわかるよ」

……ほんとかどうか疑わしいものだ。
こいつと私がコンビを組んで数年、今ではそれなりに戦場で名が知られている。
 ちゃらちゃらと軽薄そうな印象の男だが、その戦闘技術は本物だ。
 最初はモメることはあったが、今では安心して背中を任せることができる。
 悔しいので本人には言わないがな。

「そんな顔をしかめるなよ、美人が台無しだぜ」

 美ッ美人だと?この私が?

「はは、照れてんのか?顔が赤いぜ」

照れてない!!断じて照れてない!!

 あの時は、自信があった。
 だから、油断していたのかもしれない。
 今まで、どんな戦場でも生き抜いてきたという慢心。
 それが油断となり、"負け"に繋がった。

「避けろおぉぉぉ!?」

 その言葉が、私が聞いたあの男の最後の声。
 次の瞬間には、全身を襲う熱気と衝撃。
 右手に焼きつくような熱を感じた。
 私は意識を失った。

 目が冷めたときは、全てが終わっていた。
 基地の医療用の簡易テントのなか、私は満身創痍だった。
 心が張り裂けそうな気持ち……その言葉の意味が初めてわかった。
 右手を失ったことに対してではない。
 あの時、至近距離に砲撃を受けた。
 長年組んでいた相棒は、私をかばってひき肉になってしまった。
 そう、ひき肉……原型がわからないほどに吹っ飛んでいたそうだ。

 あいつとの思い出は、血の匂いと火薬があふれる戦場か、または共に安酒を飲んだ記憶しかない。
 あの男の存在は、意外なほどに大事なものだと気付かされた。

 柄にもなく、私は考えた。
 私は考えた。
 考えて、考えて、考え抜いた。
 なぜこんな心が痛むのだろうか?この喪失感はなんだ?
 初めて殺しをした時だって、これほどひどくは無かったのに。
 考え抜いた私は、結論を得た。
 私があいつを失ったのは、"敗者"になったためだ。
 あの時、あの瞬間に、一瞬でも油断してしまった。
 その時点で、私は戦場では敗者。
 敗者はそれ相応の対価を払わされる……それだけの事だ。


 結論を出した。


 あいつが使っていた銃……それはなぜか原型をとどめていた。
 今その銃は、私の体と一つのパーツとして一体化している。
 手術を受けた……実験的なもので、安全の保証はないものだったが。
 四肢を欠損した軍人のための、機械製義手。
 神経と義手をつなぎ、自由自在に動かすことが可能の技術。
 私にその手術の話が来た時、条件を出して承諾した。
 あいつの使っていた銃を、義手に使う。
 相手方は難色を示したが、最終的には承諾させた。

 私はジャスティン・ショット。
 ただのしがない傭兵だ。


 マグマが渦巻く海に荒野の中、一人の傭兵がいた。
 髑髏を刺繍した年季の入った軍服姿。
 失った右手には、黒光りする義手をつけている。
 それはまるで、アニメの人型二足歩行ロボットの腕部分に似てる。
 五本の指部分、爪の部分に銃口があり、銃の機能を持つそれ。
 神経と直結された義手は、ジャスティンの思うように動く。
 ジャスティンは、傭兵だ。
 金され払えれば、どんな人間にも雇われる。
 もっとも、ジャスティンには例外があるが……
 殺しには抵抗はない人種、彼女の経歴を知っていれば、他者は殺し合いに乗るかと考えるかもしれない。
 だが、彼女は殺し合いには乗らなかった。
 カミソリのような鋭い眼光を放つジャスティン。
 彼女にとって、首輪を付けられ、殺し合いを矯正される状況は限りなく"負け"に近い。
 『敗者には生きる資格が無い』
 それが彼女の絶対的なルールであり、守るべき法だった。
 ジャスティンは狂人だ。
 たとえ自分の雇い主だろうと、ジャスティンが敗者だと判断すれば、何時でも右手の義手で排除してきた。
 現状限りなく負けに近い状況の中、勝者に位置づけられる主催陣営に従うことは、彼女が狂信する己のルールが許さなかった。
 まかり無しにも傭兵をやっているのだ。
 何時でも、死ぬ覚悟はできている。
 おそらく、この殺し合いを企画したのはかなり巨大な組織だろうがーー

「私は負けていない……負けることは許されない」

 彼女には、関係がない。
 負けない事こそが、何よりも大切なのだから。

 デイバックを肩に担ぎ、敗者になることを許さないと誓った傭兵が、歩き出した。


【D-1荒野/未明】

【ジャスティン・ショット】
【状態】健康、義手破損0%
【装備】神経と繋がっている黒塗装の義手
【所持品】基本的支給品×1 ランダム支給品×3
【思考・行動】
1:対主催
2:"敗者"にはならない。
3:敗者に生きる資格は無い。
【備考】
※思考がやや危険。自分が敗者と判断した相手を殺害する可能性あり。
※右手の義手は銃撃が可能。
※自分が敗者になったと判断した場合、自殺するかもしれません。
※デイバックを確認していません。



SSリンク

弾丸の収集家 前話 次話 「いただきます」

このSSの登場人物