※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロフィール

【名前】Many arms(M-A023)
【性別】無し
【年齢】不明
【職業】戦略的突撃用制圧専門兵器。
【身体的特徴】
名前の通り沢山の腕を持つワーム型のロボット兵器。
全長30メートル横幅10メートルという巨体を誇る。
全体的な形は百足に似ており、両側から無数の三本指の腕が装着されている。
これにより移動を行うと同時に緻密な作業を行うことができる。
正面部分には人間の顔を模した巨大な頭部があり、敵対戦力に与える精神的な威圧を考えた作りになっている。
全体的に白い塗装を施されており、関節部分などに黒い人工筋肉組織を使うことにより、蛇のような柔軟な動きが可能になっている。
【性格】
戦略面や制圧面などで大変期待されていた兵器だが、とんでもない欠陥商品であり、生命活動を行っている生物を無差別に攻撃する出来損ない。
元々高い人工知能を搭載されており、心と呼ばれる物は存在している。
そのため『人を殺す』為に作られたという責任に耐えられず、人間で言う『発狂』した状態にある。
【趣味】
突撃すること。制圧。戦闘。
【特技】
突撃。繊細な作業。暴れること。
【経歴】
ロボット兵器やアンドロイド、機械工学の技術が飛躍的に進歩した平行世界出身の兵器。
上記の通り自身の存在理由に高すぎる人工知能の為に得た『心』が耐えきれず、発狂した兵器。
【好きなもの・こと】
メンテナンス。
【嫌いなもの・こと】
大量の水分や煙に弱い。
【特殊技能の有無】
全身の装甲から特殊な電磁パルスを発祥させ、弾丸やミサイルの攻撃力を半減させる。
頭部の口部分から強力な超音波を発生させ、振動により敵対兵器やその他の施設を内部から破壊する。
電波妨害磁場を発生させ、通信妨害を行う。
単純な装備だけではなく、その巨体の重量による突撃は驚異であり、減損ウラン製の装甲の防御力は強力。
【備考】
生物非生物を判断するシステムに熱探知システムを採用しており、『熱反応があり、よく動く対象』を優先的に攻撃する。
回復不能の損傷を負った場合、体内の動力部を暴走させ、広範囲自爆を行う。
実は会話が可能であり、コミニケーションを取ることが可能。しかし発狂しているため、言動に一貫性がなく意志の疎通は不可能。

他キャラとの関係性

プロフィールでの情報に限ります。本編で新たに絡んだキャラとの関係性は記録しません
キャラ名 関係

本編追跡表

003:狂った兵器
0XX:[[]]