※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

                 Open vSwitch <http://openvswitch.org>

What is Open vSwitch?
Open vSwitchとは?
---------------------

Open vSwitch is a multilayer software switch licensed under the open
source Apache 2 license.  Our goal is to implement a production
quality switch platform that supports standard management interfaces
and opens the forwarding functions to programmatic extension and
control.
Open vSwitchはApache2ライセンスでライセンスされたマルチレイヤのソフト
ウェアスイッチです。私達のゴールは、標準的な管理インターフェイスのサポー
トと、プログマブルに拡張された転送機能と制御機能の特性をもったスイッチ
プラットフォームの実装です。


Open vSwitch is well suited to function as a virtual switch in VM
environments.  In addition to exposing standard control and visibility
interfaces to the virtual networking layer, it was designed to support
distribution across multiple physical servers.  Open vSwitch supports
multiple Linux-based virtualization technologies including
Xen/XenServer, KVM, and VirtualBox.
Open vSwitchは VM環境の仮想スイッチとして適した動作をします。加えて、仮
想ネットワークレイヤーで標準的なコントロールとインターフェイスの可視化
を行います。これは、複数の物理サーバにわたって配分をサポートするために
デザインされました。Open vSwitchはXen/XenServer,KVM,VirtualBoxを含む
Linuxベースの仮想化技術をサポートします。


The bulk of the code is written in platform-independent C and is
easily ported to other environments.  The current release of Open
vSwitch supports the following features:
大規模なコードはプラットフォームから独立したC言語で書かており、他の環境
に簡単に移植できます。現在のOpen vSwitchでは以下の機能をサポートしてい
ます。

    * Standard 802.1Q VLAN model with trunk and access ports
  標準の802.1QVLANモデルのTrunkとAccessポート
    * NIC bonding with or without LACP on upstream switch
  上位スイッチへのNICボンディング(LACP有り/無し)
    * NetFlow, sFlow(R), and mirroring for increased visibility
  可視化向上のためのNetFlowとsFlow、ミラーリング
    * QoS (Quality of Service) configuration, plus policing
  QoSコンフィグレーションとポリシング(帯域制御)
    * GRE, GRE over IPSEC, and CAPWAP tunneling
  GRE、GREオーバーIPSECとCAPWAPトンネリング
    * 802.1ag connectivity fault management
  802.1ag (いわゆるイーサネットOAM)
    * OpenFlow 1.0 plus numerous extensions
  OpenFlow1.0と非常に多くの拡張
    * Transactional configuration database with C and Python bindings
  C言語とPythonで構成されたトランザクションコンフィグレーションデー
  タベース
    * Compatibility layer for Linux bridging code
  Linuxのブリッジコードとの互換性
    * High-performance forwarding using a Linux kernel module
  Linuxカーネルモジュールを使ったハイパフォーマンス転送

The included Linux kernel module supports Linux 2.6.18 and up, with
testing focused on 2.6.32 with Centos and Xen patches.  Open vSwitch
also has special support for Citrix XenServer and Red Hat Enterprise
Linux hosts.
Linuxカーネルモジュールは2.6.18以上をサポートします。2.6.32のCentOSと
Xenパッチを中心にテストしています。Open vSwtichはCitrix XenServerと
Red Hat Enterprise Linuxも特別にサポートしています。

Open vSwitch can also operate, at a cost in performance, entirely in
userspace, without assistance from a kernel module.  This userspace
implementation should be easier to port than the kernel-based switch.
It is considered experimental.
Open vSwitchはカーネルモジュールのアシスタントなしに、すべてのユーザー
スペースで動作が可能です。このユーザースペースの実装は、カーネルベース
スイッチより簡に移植できます。これは実験的な考察です。


What's here?
------------

The main components of this distribution are:
このディストリビューションの重要な構成要素は以下です

    * ovs-vswitchd, a daemon that implements the switch, along with
      a companion Linux kernel module for flow-based switching.
  ovs-vswitche フローベーススイッチのためにLinuxカーネルモジュール
  と共に動作するスイッチを実装するデーモンです。

    * ovsdb-server, a lightweight database server that ovs-vswitchd
      queries to obtain its configuration.
  ovsdb-server ovs-vswitchdがコンフィグレーションを問い合わせる、軽
  量型データベースです。

    * ovs-brcompatd, a daemon that allows ovs-vswitchd to act as a
      drop-in replacement for the Linux bridge in many environments,
      along with a companion Linux kernel module to intercept bridge
      ioctls.
  ovs-brcompatd ブリッジ ioctlsをインターセプトするLinuxカーネルモ
  ジュールと共に、複数の環境下でLinuxブリッチをリプレイスしovs-
  vswitchdが振る舞うことを許可するデーモンです。

    * ovs-dpctl, a tool for configuring the switch kernel module.
  ovs-dpctl スイッチカーネルモジュールをコンフィグレーションするツー
  ルです。

    * Scripts and specs for building RPMs for Citrix XenServer and Red
      Hat Enterprise Linux.  The XenServer RPMs allow Open vSwitch to
      be installed on a Citrix XenServer host as a drop-in replacement
      for its switch, with additional functionality.
  Citrix XenServerとRHCEのRPMを作成するスクリプトとSPECファイルです。
  XenServerのRPMはCitrix XenServerホストのスイッチの完全互換と機能
  追加としてOpen vSwitchのインストールを許可します。

    * ovs-vsctl, a utility for querying and updating the configuration
      of ovs-vswitchd.
  ovs-vsctl ovs-vswitchdの問い合わせやコンフィグレーションのアップ
  デートを行うユーティリティです。

    * ovs-appctl, a utility that sends commands to running Open
      vSwitch daemons.
  ovs-appctl 起動しているOpen vSwitchデーモンにコマンドを送信するユー
  ティリティです。

    * ovsdbmonitor, a GUI tool for remotely viewing OVS databases and
      OpenFlow flow tables.
  ovsdbmonitor OVSデータベースとOpenFlowフローテーブルをリモート監
  視するGUIツールです。


Open vSwitch also provides some tools:
Open vSwitch幾つかのツールも提供します。

    * ovs-controller, a simple OpenFlow controller.
  ovs-controller シンプルなOpenFlowコントローラーです。

    * ovs-ofctl, a utility for querying and controlling OpenFlow
      switches and controllers.
  ovs-ofctl OpenFlowスイッチとコントローラの問い合わせと制御をする
  ユーティリティです。

    * ovs-pki, a utility for creating and managing the public-key
      infrastructure for OpenFlow switches.
  ovs-pki OpenFlowスイッチのPKIの作成とマネージメントをするユーティ
  リティです。

    * A patch to tcpdump that enables it to parse OpenFlow messages.
  OpenFlowメッセージの解析を有効にするtcpdumpのパッチです。

What other documentation is available?
他のドキュメントはなんですか?
--------------------------------------

To install Open vSwitch on a regular Linux machine, read INSTALL.Linux.
標準的なLinuxマシンにOpen vSwitchをインストールする場合は、INSTALL.
Linuxを読んでください。

To use Open vSwitch as a drop-in replacement for the Linux bridge,
read INSTALL.bridge.
Linuxブリッジの完全互換としてOpen vSwitchを使用する場合は、INSTALL.
bridgeを読んでください。

To build RPMs for installing Open vSwitch on a Citrix XenServer host
or resource pool, read INSTALL.XenServer.
Citrix XenServerホストかリソースプール環境でOpen vSwitchをインストール
するRPM構築は、INSTALL.XenServerを読んでください。

To build RPMs for installing Open vSwitch on a Red Hat Enterprise
Linux host, read INSTALL.RHEL.
Red Hat Enterprise Linux ホストでOpen vSwitchをインストールするRPM構築
は、INSTALL.RHELを読んでください。

To use Open vSwitch with KVM on Linux, read INSTALL.Linux, then
INSTALL.KVM.
KVMでOpen vSwitchを使う場合は、INSTALL.Linuxを読んでからINSTALL.KVMを読
んでください。

To install Open vSwitch without using a kernel module, read
INSTALL.userspace.
カーネルモジュールを使わないででOpen vSwitchをインストールする場合は、
INSTALL.userspaceを読んでください。

To learn how to set up SSL support for Open vSwitch, read INSTALL.SSL.
どのようにOpen vSwitchでSSLをサポートのセットアップ方法はINSTALL.SSLを
読んでください。

Each Open vSwitch userspace program is accompanied by a manpage.  Many
of the manpages are customized to your configuration as part of the
build process, so we recommend building Open vSwitch before reading
the manpages.
それぞれのOpen vSwitch ユーザースペースマニュアルはマンページに伴います。
たくさんのマンページはあなたの構築プロセスのコンフィグレーションによっ
てカスタマイズされます。
私たちはマンページを読む前にOpen vSwitchの構築を推奨します。


Contact
-------

bugs@openvswitch.org
http://openvswitch.org/

                 Open vSwitch <http://openvswitch.org>

What is Open vSwitch?
Open vSwitchとは?
---------------------

Open vSwitch is a multilayer software switch licensed under the open
source Apache 2 license.  Our goal is to implement a production
quality switch platform that supports standard management interfaces
and opens the forwarding functions to programmatic extension and
control.
Open vSwitchはApache2ライセンスでライセンスされたマルチレイヤのソフト
ウェアスイッチです。私達のゴールは、標準的な管理インターフェイスのサポー
トと、プログマブルに拡張された転送機能と制御機能の特性をもったスイッチ
プラットフォームの実装です。


Open vSwitch is well suited to function as a virtual switch in VM
environments.  In addition to exposing standard control and visibility
interfaces to the virtual networking layer, it was designed to support
distribution across multiple physical servers.  Open vSwitch supports
multiple Linux-based virtualization technologies including
Xen/XenServer, KVM, and VirtualBox.
Open vSwitchは VM環境の仮想スイッチとして適した動作をします。加えて、仮
想ネットワークレイヤーで標準的なコントロールとインターフェイスの可視化
を行います。これは、複数の物理サーバにわたって配分をサポートするために
デザインされました。Open vSwitchはXen/XenServer,KVM,VirtualBoxを含む
Linuxベースの仮想化技術をサポートします。


The bulk of the code is written in platform-independent C and is
easily ported to other environments.  The current release of Open
vSwitch supports the following features:
大規模なコードはプラットフォームから独立したC言語で書かており、他の環境
に簡単に移植できます。現在のOpen vSwitchでは以下の機能をサポートしてい
ます。

    * Standard 802.1Q VLAN model with trunk and access ports
  標準の802.1QVLANモデルのTrunkとAccessポート
    * NIC bonding with or without LACP on upstream switch
  上位スイッチへのNICボンディング(LACP有り/無し)
    * NetFlow, sFlow(R), and mirroring for increased visibility
  可視化向上のためのNetFlowとsFlow、ミラーリング
    * QoS (Quality of Service) configuration, plus policing
  QoSコンフィグレーションとポリシング(帯域制御)
    * GRE, GRE over IPSEC, and CAPWAP tunneling
  GRE、GREオーバーIPCECとCAPWAPトンネリング
    * 802.1ag connectivity fault management
  802.1ag (いわゆるイーサネットOAM)
    * OpenFlow 1.0 plus numerous extensions
  OpenFlow1.0と非常に多くの拡張
    * Transactional configuration database with C and Python bindings
  C言語とPythonで構成されたトランザクションコンフィグレーションデー
  タベース
    * Compatibility layer for Linux bridging code
  Linuxのブリッジコードとの互換性
    * High-performance forwarding using a Linux kernel module
  Linuxカーネルモジュールを使ったハイパフォーマンス転送

The included Linux kernel module supports Linux 2.6.18 and up, with
testing focused on 2.6.32 with Centos and Xen patches.  Open vSwitch
also has special support for Citrix XenServer and Red Hat Enterprise
Linux hosts.
Linuxカーネルモジュールは2.6.18以上をサポートします。2.6.32のCentOSと
Xenパッチを中心にテストしています。Open vSwtichはCitrixのXenServerと
RHELも特別にサポートしています。

Open vSwitch can also operate, at a cost in performance, entirely in
userspace, without assistance from a kernel module.  This userspace
implementation should be easier to port than the kernel-based switch.
It is considered experimental.
Open vSwitchはカーネルモジュールのアシスタントなしに、すべてのユーザー
スペースで動作が可能です。このユーザースペースの実装は、カーネルベース
スイッチより簡に移植できます。これは実験的な考察です。


What's here?
------------

The main components of this distribution are:
このディストリビューションの重要な構成要素は以下です

    * ovs-vswitchd, a daemon that implements the switch, along with
      a companion Linux kernel module for flow-based switching.
  ovs-vswitche フローベーススイッチのためにLinuxカーネルモジュール
  と共に動作するスイッチを実装するデーモンです。

    * ovsdb-server, a lightweight database server that ovs-vswitchd
      queries to obtain its configuration.
  ovsdb-server ovs-vswitchdがコンフィグレーションを問い合わせる、軽
  量型データベースです。

    * ovs-brcompatd, a daemon that allows ovs-vswitchd to act as a
      drop-in replacement for the Linux bridge in many environments,
      along with a companion Linux kernel module to intercept bridge
      ioctls.
  ovs-brcompatd ブリッジ ioctlsをインターセプトするLinuxカーネルモ
  ジュールと共に、複数の環境下でLinuxブリッチをリプレイスしovs-
  vswitchdが振る舞うことを許可するデーモンです。

    * ovs-dpctl, a tool for configuring the switch kernel module.
  ovs-dpctl スイッチカーネルモジュールをコンフィグレーションするツー
  ルです。

    * Scripts and specs for building RPMs for Citrix XenServer and Red
      Hat Enterprise Linux.  The XenServer RPMs allow Open vSwitch to
      be installed on a Citrix XenServer host as a drop-in replacement
      for its switch, with additional functionality.
  Citrix XenServerとRHCEのRPMを作成するスクリプトとSPECファイルです。
  XenServerのRPMはCitrix XenServerホストのスイッチの完全互換と機能
  追加としてOpen vSwitchのインストールを許可します。

    * ovs-vsctl, a utility for querying and updating the configuration
      of ovs-vswitchd.
  ovs-vsctl ovs-vswitchdの問い合わせやコンフィグレーションのアップ
  デートを行うユーティリティです。

    * ovs-appctl, a utility that sends commands to running Open
      vSwitch daemons.
  ovs-appctl 起動しているOpen vSwitchデーモンにコマンドを送信するユー
  ティリティです。

    * ovsdbmonitor, a GUI tool for remotely viewing OVS databases and
      OpenFlow flow tables.
  ovsdbmonitor OVSデータベースとOpenFlowフローテーブルをリモート監
  視するGUIツールです。


Open vSwitch also provides some tools:
Open vSwitch幾つかのツールも提供します。

    * ovs-controller, a simple OpenFlow controller.
  ovs-controller シンプルなOpenFlowコントローラーです。

    * ovs-ofctl, a utility for querying and controlling OpenFlow
      switches and controllers.
  ovs-ofctl OpenFlowスイッチとコントローラの問い合わせと制御をする
  ユーティリティです。

    * ovs-pki, a utility for creating and managing the public-key
      infrastructure for OpenFlow switches.
  ovs-pki OpenFlowスイッチのPKIの作成とマネージメントをするユーティ
  リティです。

    * A patch to tcpdump that enables it to parse OpenFlow messages.
  OpenFlowメッセージの解析を有効にするtcpdumpのパッチです。

What other documentation is available?
他のドキュメントはなんですか?
--------------------------------------

To install Open vSwitch on a regular Linux machine, read INSTALL.Linux.
標準的なLinuxマシンにOpen vSwitchをインストールする場合は、INSTALL.
Linuxを読んでください。

To use Open vSwitch as a drop-in replacement for the Linux bridge,
read INSTALL.bridge.
Linuxブリッジの完全互換としてOpen vSwitchを使用する場合は、INSTALL.
bridgeを読んでください。

To build RPMs for installing Open vSwitch on a Citrix XenServer host
or resource pool, read INSTALL.XenServer.
Citrix XenServerホストかリソースプール環境でOpen vSwitchをインストール
するRPM構築は、INSTALL.XenServerを読んでください。

To build RPMs for installing Open vSwitch on a Red Hat Enterprise
Linux host, read INSTALL.RHEL.
Red Hat Enterprise Linux ホストでOpen vSwitchをインストールするRPM構築
は、INSTALL.RHELを読んでください。

To use Open vSwitch with KVM on Linux, read INSTALL.Linux, then
INSTALL.KVM.
KVMでOpen vSwitchを使う場合は、INSTALL.Linuxを読んでからINSTALL.KVMを読
んでください。

To install Open vSwitch without using a kernel module, read
INSTALL.userspace.
カーネルモジュールを使わないででOpen vSwitchをインストールする場合は、
INSTALL.userspaceを読んでください。

To learn how to set up SSL support for Open vSwitch, read INSTALL.SSL.
どのようにOpen vSwitchでSSLをサポートのセットアップ方法はINSTALL.SSLを
読んでください。

Each Open vSwitch userspace program is accompanied by a manpage.  Many
of the manpages are customized to your configuration as part of the
build process, so we recommend building Open vSwitch before reading
the manpages.
それぞれのOpen vSwitch ユーザースペースマニュアルはマンページに伴います。
たくさんのマンページはあなたの構築プロセスのコンフィグレーションによっ
てカスタマイズされます。
私たちはマンページを読む前にOpen vSwitchの構築を推奨します。


Contact
-------

bugs@openvswitch.org
http://openvswitch.org/