※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

銀時×土方3

 
 
 
「…ん?」
土方はうっすらと眼を開けた。なんだか布団に違和感を感じたからである。
「あ、起きちゃった?おはよ」
見上げると、身体の上から銀時がのし掛かって、土方を見下ろしている。
「…オイィ……何してんだてめーは……!!」
土方は青ざめて言う。
「いや、ちょっと夜這いに……」
「ふざけんな!いい加減にしやがれ…!なんでこんな時間に屯所に不法侵入してんだ…。しょっぴかれてぇのか!?」
「いーじゃねぇか。わざわざこんなとこまで来てやったんだよ?」
「誰も頼んでねぇ!」
「ったく可愛げのねぇ野郎だな。…なぁ、せっかくだし、イイコトしない?」
銀時はそう言い、土方の身体をまさぐる。
「…や、やめ…」
土方は、銀時から逃れようと身を捩る。
「だーめ」
「…お、おい…離…っ」
土方の腰を引き寄せ、その手が銀時の尻のあたりを這うと、土方は身体を強張らせて俯いた。
「やめっ……」
弱く抵抗を見せる土方の顔を愉しげに覗き込みながら、銀時はゆっくりと唇を重ねた。
「…っ…ん……」
舌を絡めながら、銀時は既に硬くなった下肢を、土方の太股に押し付ける。
「っあ…」
「…こんなんなってんだけど?どーすんのコレ」
「っし、知らねぇ!」 
土方は、頬を赤く染め、俯いたまま吐き捨てるように言う。
 
銀時に弄られ、息を乱しながら顔を上気させている土方の後ろに、銀時は自身をあてがい、ゆっくりと土方の中へ入っていった。
「う……んん…っ」
土方は苦しそうに震えて息を吐く。
「…っぁ……」
「…お前ん中…気持ちいーよ」
「…るせ……っ」
土方は、顔を真っ赤に染めて返す。銀時は、ゆっくりと土方の中を侵食するように犯していく。
「ッ……う…く…っ」
土方の目尻に涙が滲む。銀時は土方を犯しながら、右耳をベロリと舐めあげた。
「ッひ…っ…」
土方の身体はビクリとしなって、銀時に重ねられた手に力が入る。土方の頬に、涙の筋が伝うのを見て、銀時は問いかけた。
「ねぇ、泣いてんの?」
「……っ…」
「…泣く程イイ?」
「………ッ…ふざけんな!違ぇ…!」
「じゃあ嫌なの?」
「…っ……嫌だ……」
土方は俯いて、呻くように言う。
「フーン。こんなにしてんのに?」
そう言い銀時は土方の硬く張りつめた下肢を妖しい手つきでなぞる。
「…ンッ……!」
土方は、ビクリと震えた。
「ねぇ、本当は嬉しいんじゃねぇの?」
そう言い、銀時は唇を塞いだ。そして、土方の舌を絡め取りながら、奥まで突き上げた。
「ッんん…!フ……うン…っ…」
土方の喉から切ない声が漏れる。その状態で何度も突かれ、土方は快感の波を堪えるように銀時の背中に指を食い込ませた。唇を解放され、土方は苦し気に悪態を吐く。
「っはぁ……ッフザケやがれっ、…テメーなんか、大嫌いなんだよ…ッ!」
銀時はニヤリと笑った。
「素直じゃないヤツは、お仕置きだよ?」
銀時は、自身を土方の中から引き抜くと、土方の身体をうつ伏せにし、腰をグイと引き寄せた。
「ッア…なに……ッ!!」
そして、土方の頭を押さえつけると、激しく自身を突き入れた。
「…やッ…!ァ……ッ」
「ッ……どぉ?気持ちいい…?」
「ッく…やめ……ッぁ…!」
土方は短く抵抗の声を漏らすが、何度か乱暴に突き上げられると、土方は痙攣しながらビュルと白濁を吐き出した。銀時は、腰を動かし続けながら意地悪そうに土方に問いかける。
「ッアレ…イっちゃったんだ…?」
「…ん……ぁ…ッ!」
土方は口の端から涎を伝わせ、ガクガクと膝が震えている。銀時は口元に笑みを浮かべ、額に汗を滲ませながら、土方を突き続けた。
 
空が白んだ頃、銀時は、疲れ果てて眠っている土方の顔を見下ろしていた。銀時は頭を掻き、ゆっくりと立ち上がると、片手を懐に突っ込み、
「じゃあな、土方」
と低く呟いて、薄暗い朝空の中に消えていった。
 
 
-完-