ウイングガンダムゼロ(EW版)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

正式名称:XXXG-00W0 WING GUNDAM ZERO  パイロット:ヒイロ・ユイ
コスト:3000  耐久力:680  変形:×  換装:×  覚醒技:○
射撃 名称 弾数 威力 備考
メイン射撃 バスターライフル 8 32~141 移動撃ち可能な照射ビーム
射撃CS ローリングバスターライフル - 170 ビームを照射しつつ反時計回りに1回転
サブ射撃 マシンキャノン 60 7~86 20連射可能なバルカン。足が止まる
特殊射撃 ツインバスターライフル 1 33~204 太い照射ビーム。着弾地点に爆風が発生する
特殊格闘 飛翔 1 - 特殊移動技。初動に誘導切りあり
格闘 動作 入力 威力 備考
通常格闘 袈裟斬り→横薙ぎ→回転斬り NNN 169 ダウン値が高めの3段格闘
派生 袈裟斬り→斬り抜け NN前 174 打ち上げダウン
前格闘 翼タックル→サーベル突き 前N 132 初段のダメージが高め
横格闘 パンチ→回転翼ビンタ 横N 116 判定・回り込みが優秀。主力
後格闘 斬り上げ 77 打ち上げダウン。補正が緩め
BD格闘 ドリル突き BD中前 111 シリーズ伝統のジムドリル
覚醒技 名称 威力 備考
ツインバスターライフル【連射】 34~205 特射に似た照射ビームを3連射する

解説&攻略


射撃武器

【メイン射撃】バスターライフル

[常時リロード:4.5秒/1発][属性:照射ビーム][ダウン][ダウン値:4.8(0.8×6)][補正率:34%(-11%×6)]
足の止まらない照射ビーム。キャンセルルートは存在しない。
相変わらず射程限界があり、赤ロック距離程度までしか届かない。
前作までと違ってフルヒットしても強制ダウンにはならない。

銃口補正が強く、一瞬で着弾する高弾速を誇る。判定もBRなどより遙かに太い。
発射後も短時間だが射角調整がされ続けるため着地以外を狙って取れるウイングゼロの主力武装。
しかし発生に若干の溜めがあり、誘導も皆無なので適当に撃っても牽制程度で全く当たらない。

上記の性質から軸合わせが他の機体よりも重要。
特に近距離の相手に対しては着地を狙わずとも被さるように射線が重なる。
他にも接射で押し付けるよう撃ったり、上からねじ込むようにすると当てやすい。
また、照射中もステップ可能。ステップでは照射が中断されないのでステキャンとの相性が良い。
これらが今作のウイングゼロが中距離以近で優位性が大きい機体である理由。

振り向き撃ちは他の機体以上に厳禁。
発生の遅さと照射時間の関係からブースト消費と隙が大きい。

【射撃CS】ローリングバスターライフル

[チャージ時間:4秒][属性:照射ビーム][ダウン][ダウン値:2.0][補正率:20%]
「薙ぎ払う!」
その場で両方のバスターライフルを照射しながら前作より速いスピードで反時計回りに360°ローリングする。
視点変更があるが、レバー下入力でカット可能。射程限界があり、最大射程は赤ロックより少し長い程度。
前作と違って多段ヒットする照射ではない。相手の防御兵装などは貫通しないがカス当たりもない。
照射前の翼を閉じている最中に全方位ガード判定あり。

照射前の翼を閉じてる最中に強い銃口補正が掛かる。
その銃口補正は相手の真上と取った場合には縦に回るほど強烈。
ただし、前作と違って照射中の銃口補正は皆無なのでしっかりと硬直を狙わないとまず当たらない。
また、足が完全に止まる上に発生が遅いので見られていると迎撃されやすい。
なので闇討ち、起き攻め、建物の影からの不意打ちなど、当て方にもそれなりに工夫が必要。

4時or10時の向きからのCSで最速ローリングが可能。
発生が遅いため前作ほどの脅威はないが、中距離でも機能する貴重な武装。
チャージ時間がかなり長い上にゲージの減りが早いのでゲージ調節が難しいが是非とも習得したい。

【サブ射撃】マシンキャノン

[撃ち切りリロード:5秒/60発][属性:実弾][よろけ][ダウン値:2.0(0.1×20)][補正率:10%(-5%×20)]
足を止めてマシンキャノンを撃つ。20連射可能、6ヒットでよろけ。
発射後の銃口補正・誘導が皆無でフルヒットしてもダウンは奪えない。
ただでさえ足が止まる上にリスクとリターンがまるで釣り合わないので封印安定。

【特殊射撃】ツインバスターライフル

[撃ち切りリロード:15秒/1発][属性:照射ビーム][ダウン][ダウン値:5.0(0.5×10)][補正率:10%(-9%×10)]
「殲滅する・・・!」
2挺のバスターライフルを連結させて太い照射ビームを発射する。
視点変更があるが、レバー下入力でカット可能。建物や地表などの着弾地点に爆風が発生する。
一般的な照射ビームと比べて1ヒットあたりのダメージとダウン値が高く、代わりに補正がキツい。

発生が早く弾速も速い。下方向への射角が広めでほぼ真下に撃つこともある。
しかし、銃口補正がかなり弱いため軸が合ってないとほとんど当たらない。
主な用途はオバヒの着地取り、太さを活かした置き撃ち・カット、爆風を活かした起き攻めなど。
爆風の補正がキツいので着地に被せるとダメージが低下する。

爆風は1ヒットあたり18ダメージ、補正率-10%。

【特殊格闘】飛翔

[撃ち切りリロード:10秒/1発]
「いくぞ ゼロ・・・!」
ウイングゼロ特有の特殊移動技。ヒット問わず各種格闘からキャンセル可能。
いずれも初動に誘導切り効果があり、ブーストを僅かに消費するが、オバヒでも使用可能。
使わなければ強みを一つ消していると言っていいほど重要な武装なので是非使いこなすべき。
また、勘違いされやすい点として慣性飛翔で横に動くことは可能だが、レバー横飛翔は存在しない。

  • レバー前後飛翔
相手の方に向き直りつつレバー入力方向に急上昇する。動作の終わり際で失速するため隙が大きい。
ただし、メイン入力することで下記の慣性飛翔のように失速しない移動ができる。
これは飛翔の失速をキャンセルで消してるようで、キャンセルタイミングで飛距離が変わる。
失速を消さないと隙だらけなので基本的にはメインを撃たなければならない。

前飛翔メインの場合、軸合わせや強引な押し込みなどの中距離からの強襲に使用するのが基本。
ただし、使用する場合の自機と相手との距離を掴んでおかなければ使えない。
メインキャンセル時に振り向き撃ちにならない距離で飛翔開始がベスト。
いずれにせよ説明しにくい距離なので、こればかりは体で覚えるしかない。

後飛翔メインの場合、近距離拒否など自衛したい時などに使用するのが基本。
機体を正面に向けてメインを撃ちながら後方に大きく移動できる。
つまり振り向き撃ちにならずに迎撃でき、更に相手と距離を離すことが出来るため極めて重要。
敵を引きつけて一気に離す本機の逃げの基本戦術の要。相手が格闘機ならもっぱらコレでいい。

どちらもオバヒなどの着地を取られそうなところでの暴れにも使える。

  • 慣性飛翔
BD中やステップ中に使うと慣性飛翔となり、レバー入力に関係なく慣性の掛かった方向に移動する。
飛距離と移動速度はBD飛翔>虹ステ飛翔>>ステ飛翔

BD慣性飛翔はメイン入力いらずで慣性を殺さずに長距離を高速移動できる。
そのため単に移動目的であればBD慣性一択で問題ない。

ステップ慣性飛翔はBD慣性飛翔より飛距離が劣る代わりに機体の向きを変えずに移動できる。
そのため正面を向きつつ横方向に移動しつつメインを撃つことが可能。
ラインを下げすぎない程度に離脱しつつ迎撃したい時などに使える。

格闘

【通常格闘】袈裟斬り→横薙ぎ→回転斬り

右から袈裟斬り→返し横薙ぎ→1回転して多段ヒット斬り払いの3段格闘。3段目に視点変更あり。
初段のダメージが低く、3段目のダウン値が高め。動作が緩慢でカット耐性は低い。
判定は良好でかち合いは強いが、発生が遅いので至近距離だと潰されやすい。

2段目から前派生で袈裟斬り→打ち上げダウン属性の多段ヒットの斬り抜け。
斬り抜けでやや動くが、やはり動作が緩慢な上に多段ヒットなのでカット耐性はそれほどでもない。

通常格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値
(単発ダウン値)
属性
1段目 袈裟斬り 60(80%) 60(-20%) 1.7(1.7) よろけ
┗2段目 横薙ぎ 116(65%) 70(-15%) 2.0(0.3) よろけ
   ┣3段目 回転斬り 169(53%) 28(-4%)×3 3.5(0.5×3) ダウン
   ┗前派生(1hit) 袈裟斬り 142(55%) 40(-10%) 2.7(0.7) よろけ
      ┗前派生(5hit) 斬り抜け 174(43%) 15(-3%)×4 3.9(0.3×4) ダウン

【前格闘】翼タックル→サーベル突き

左翼でタックル→多段ヒットのサーベル突きの2段格闘。2段目に視点変更あり。
ダメージがやや高めで、本機の格闘の中では比較的コンボダメージを伸ばしやすい。
しかし動作が緩慢であまり動かないのでカット耐性が低いことには注意。

前格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値
(単発ダウン値)
属性
1段目 タックル 70(80%) 70(-20%) 1.7(1.7) ダウン
┗2段目 突き 138(65%) 30(-5%)×3 2.3(0.2×3) ダウン

【横格闘】パンチ→回転翼ビンタ

左腕でパンチ→1回転して左翼でビンタする2段格闘。2段目に視点変更あり。
サーベルを使わない格闘なのに動作後は抜刀状態になる。

初段からダウン属性のため、メインに繋ぐ際に入力が遅れるとダウン追撃になりやすい。
N格と同様に発生は遅めだが判定は強いので先出しすれば並の格闘にはかち合いで勝てる。
伸びと回り込みを生かして「横格で軸合わせをしてメインを当てる」などの使い道もある。

横格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値
(単発ダウン値)
属性
1段目 パンチ 60(80%) 60(-20%) 1.7(1.7) ダウン
┗2段目 翼ビンタ 116(65%) 70(-15%) 2.7(1.0) ダウン

【後格闘】斬り上げ

サーベルを居合いのように構えて斬り上げる1段格闘。
威力・補正に優れ、相手を打ち上げるので追撃も容易。
最速横BDCからCSが入るが、タイミングは若干シビア。

後格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値
(単発ダウン値)
属性
1段目 斬り上げ 77(82%) 40(-9%)×2 1.7(0.85×2) ダウン

【BD格闘】ドリル突き

連ジのジムから代々受け継がれてきたドリル突き。所謂サイコクラッシャー。
伸び・誘導・判定は良好だが、発生前に溜めがあるので使いにくい。
メイン以外の追撃は難しく、ダメージも伸び悩む。

BD格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値
(単発ダウン値)
属性
1段目 ドリル突き 111(65%) 18(-5%)×7 2.1(0.3×7) ダウン

バーストアタック

ツインバスターライフル【連射】

[属性:照射ビーム][ダウン][ダウン値:4.5(0.45×10)×3][補正率:10%(-9%×10)×3]
「ターゲット・・・ロックオン!」

コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル)
入力 威力 覚醒中 備考
メイン始動
メイン≫メイン 153 158
メイン≫N 162 168
N格闘始動
NN>メイン 180 193 主力。ダメージとカット耐性のバランスが良い
NN>NNN 204 218 基本コンボ。覚醒中は非強制ダウン。前派生〆で202 217
NNN>メイン 200 217 主力。繋ぎは前ステ
NNN≫BD格 209 227 繋ぎは前BDC
NN前(1hit)>前N 209 216 覚醒中は非強制ダウン
NN前>メイン 199 214 打ち上げダウン。繋ぎは左ステ推奨
NN前>CS 248 257 通常時デスコン。CSの繋ぎは最速前ステ
NN前>前 205 213 後格〆で206 214
前格闘始動
前>メイン 166 171 カット耐性重視
前>NNN 196 203 覚醒中は非強制ダウン
前>NN前 189 207 打ち上げダウン
前>前N>メイン 202 210 メインの繋ぎは前ステ
前>横N>メイン 175 194 メインの繋ぎは前ステ
前N>メイン 202 217 繋ぎは前ステ
横格闘始動
横>メイン 156 160 カット耐性重視。主力
横>NNN 186 192 基本コンボ。覚醒中は非強制ダウン
横>NN前 179 196 打ち上げダウン
横>前N>メイン 192 199 メインの繋ぎは前ステ
横>横N>メイン 165 183 メインの繋ぎは前ステ
横N>メイン 169 186 メインの繋ぎは前ステ
後格闘始動
後>メイン 176 182 カット耐性重視
後>特射 210 220 魅せコン
後>NNN 209 215 覚醒中は非強制ダウン
後>NN前 202 218 打ち上げダウン
後>前N>メイン 216 223 ダメージ高め。メインの繋ぎは前ステ
BD格闘始動
BD格(5hit)>メイン 170 185 要高度 。繋ぎは前ステ
覚醒中限定
NNN>NNN --- 237 繋ぎは最速前ステ。前派生〆で 239
NNN>NN>前 --- 244 ダメージ底上げ
NNN>前N --- 233 繋ぎは最速前ステ
横N≫BD格>メイン --- 200 メインの繋ぎは前ステ

外部リンク