(大迷宮バハムート:邂逅編1)

(大迷宮バハムート:邂逅編1)


(メテオ探査坑浅部 地下237ヤルム)
アリゼー
「メテオの傷痕・・・・・・
 内側は、こんな風になっていたのね。
 まるでクリスタルの洞窟だわ。
 エーテルが濃くて、息が詰まりそう・・・・・・。
 冒険者なら、これと同じ橙色のクリスタル・・・・・・
 偏属性クリスタルを目にしたことがあるでしょう?
 大地から吹き上がるように輝くクリスタルは、
 5年前、ある物が地脈を貫き、エーテルが噴出した証・・・・・・。
 その地脈を裂いたものこそ、私たちの目の前にある
 古代アラグ文明の遺物・・・・・・月の衛星「ダラガブ」の破片。
 第七霊災をもたらした「メテオ」の正体にして、
 その内に蛮神「バハムート」を有していた巨大な拘束具よ。
 偏属性クリスタルは「ダラガブ」の破片に傷つけられた
 星の悲鳴なのかもしれない。
 それは、世界が新生しても消えないまま・・・・・・。
 ・・・・・・すごい、こんな状況になっても、
 ダラカブの防衛機構はまだ機能しているのね。
 古代アラグ文明は、数千年前に滅んだというのに。
 そうか・・・・・・帝国軍はこれを求めてたんだ・・・・・・。
 古代アラグ文明の超越した技術力を、
 我が物にしようとしたんだわ・・・・・・。
 私たちは、古の秘密に踏み入ろうとしている。
 危険な戦いは避けられないけれど・・・・・・
 第七霊災の真実をつかむまで諦めるわけにはいかない。
 さあ、ここからが本番よ。
 ・・・・・・あなたたちの力で、道を拓いて!」
アリゼー
「あれは・・・・・・翼・・・・・・?
 なんていう大きさなの・・・・・・!
 空を覆うような、漆黒の翼・・・・・・。
 ・・・・・・間違いないわ。
 あれは蛮神「バハムート」の翼・・・・・・
 5年前にエオルゼアを焼き払った、あいつの翼よ!
 カルテノーの戦いの最中・・・・・・
 ダラカブから解放された「バハムート」を再封印するため、
 お祖父様は「エオルゼア十二神」の力を顕現させたわ。
 けれど「バハムート」は、十二神の力を打ち砕き、
 最後はお祖父様もろとも閃光の中に消えた・・・・・・。
 その後の行方はわかっていなかったけれど、
 まさか、こんな場所にあったなんて・・・・・・。
 でも「バハムート」が伝承のとおりに蛮神だったなら、
 倒されたときにエーテルに還るはず・・・・・・。
 お祖父様は勝ったの?
 それとも・・・・・・。
 ・・・・・・先へ進みましょう。
 お祖父様の意思を無駄にしないためにも、
 真実を確かめないと。」