極まりし嵐神ガルーダ

極まりし嵐神ガルーダ

  • 依頼主 :ボルセル大牙佐(グリダニア:新市街 X9-Y11)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ボルセル大牙佐は、再召喚された蛮神「ガルーダ」の討伐を依頼したいようだ。

ボルセル大牙佐
「イクサル族対策として新たな監視哨を建設していた青狢隊が、
 蛮神「ガルーダ」に襲撃されて、壊滅的被害を受けた・・・・・・。
 ただひとり生き残った隊士の報告では、
 現れた蛮神「ガルーダ」は、片手で烈風を生み出し、
 建設中の監視哨を粉々に砕いて隊員を殺したというんだ。
 ・・・・・・どうやら、再召喚された蛮神「ガルーダ」は、
 以前に比べ、さらに力をつけてるようでね。
 被害が広がる前に、是が非でもやつを止めなくてはならない。
 だけど、ガルーダの再召喚で勢いづいたイクサル族への対応に、
 僕らは手一杯でね・・・・・・。
 とても、蛮神討伐に割ける戦力がないんだ。
 そこで、やつの討伐経験があり、
 歴戦の英雄である君の力を借りたくて連絡したというわけさ。
 どうか、蛮神「ガルーダ」を今一度討伐してほしい。
 蛮神「ガルーダ」は、前に召喚されたときと同じく、
 「ハウリングアイ石塔群」に鎮座しているようだ。
 あそこに行くには、クルザス中央高地のナタラン入植地にある
 「ナタラン・エーテライト」が使えるはず。
 ・・・・・・厳しい戦いになるだろうけど、頼んだよ。」
「極ガルーダ討滅戦」を攻略
十二剣のアシエン
「嵐神の力を高める試みは、想定通りに成功したが・・・・・・
 これほど容易に倒されるとは、いささか予想外だったな。」
十二杖のアシエン
「あの光の使徒が相手では、生ぬるかったかナ。
 しかもあの冒険者、依代まで目ざとく見つけたようだネ。」
十二剣のアシエン
「心配にはおよばない。
 新たな召喚方法に勘付かれたところで
 奴らに、召喚を食い止める術はない・・・・・・。」
十二杖のアシエン
「それに蛮族どもが、より強い蛮神を求めるしネ。
 この連鎖が続くかぎり、ますます混沌は深まるはずだヨ。」
十二剣のアシエン
「その判断を下されるのは、あの方々だ。
 われらは事実を報告するまで・・・・・・戻るぞ。」
双蛇党:統合司令部のボルセル大牙佐に嵐神の祭器を見せる
ボルセル大牙佐
「おかえり、見事に討伐してくれたんだね!
 さすがはNikuq少牙士、感謝するよ!
 ・・・・・・おや? 蛮神から気になるものを手に入れたって?」
(嵐神の祭器を渡す)
ボルセル大牙佐
「・・・・・・うわっ、なんだいこの不気味な骨の塊は?
 こんなもの今まで見たこともないよ。
 何に使うものなのか、僕じゃ見当もつかないけど・・・・・・
 蛮神「ガルーダ」の居場所にあったのなら、
 きっと、蛮神に関係するものなんだろうね。
 ここは、「砂の家」の賢人「ウリエンジェ」殿に
 確認してもらったほうがいいだろう。
 この品を手渡し、調査を依頼してもらえるかな?」
砂の家のウリエンジェに嵐神の祭器を渡す
ウリエンジェ
「双蛇党より報告は受けています、よくぞ戻られました。
 真実に至る扉を開ける鍵・・・・・・
 嵐神との戦いにおいて、何か気づかれたことはありますか・・・・・・?」
(嵐神の祭器を渡す)
ウリエンジェ
「・・・・・・これは、イクサル族の骨で作られた「祭器」のようです。
 しかし、如何なる代物かを知るには、しばしの時が必要・・・・・・。
 真実を解き明かすまで、一旦預からせていただきましょう。
 この短期間で、嵐神がさらに凶悪化していたという事実・・・・・・
 クリスタルとテンパードの蓄えだけとは思えません。
 もしや、「未知なる召喚法」が用いられているのでは・・・・・・。
 イクサル族が独自の召喚法を編み出したとは信じがたい。
 より深く蛮神を知るもの・・・・・・
 はたして、闇の者・・・・・・アシエンの策動と考えるのが筋か・・・・・・。
 だとすれば、ほかの蛮族たちに動きがあることも必定・・・・・・。
 ・・・・・・実は、すでに気になる報せが届いています・・・・・・。
 再び、あなたの力を貸していただくことになるでしょう。」
  嵐神の祭器:イクサル族の骨で作られた不気味な祭器