囚われし民草の解放


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

囚われし民草の解放

  • 依頼主 :ナルジ・ボー(南ザナラーン X23-Y14)
  • 受注条件:レベル46~
  • 概要  :灰の陣営のナルジ・ボーは、冒険者に頼みがあるようだ。

ナルジ・ボー
「「炎牙衆」の動きが活発化しているのをご存じか?
 奴らの手にかかり、拐われる者が近頃は後を絶たぬ。
 由々しき事態と言えようぞ。
 楚囚南冠。
 奴ら、キャンプ・ドライボーンやリトルアラミゴ周辺で、
 人目もはばからず人拐いをしている模様。
 斥候の報によれば、「簡易の鉄檻」を持ち出して
 捕らえた者たちを集めているという。
 このまま指をくわえておれば、
 捕虜たちはザハラク戦陣へ送られることとなろう。
 「焼かれし者」を増やさぬため、捕虜を解き放つべし!
 指定地点に待機して様子を窺い、
 哨戒している「フレイム・ラベジャー」より
 「鉄檻の鍵」を奪い、捕虜を解放されたし!」
ナルジ・ボー
「「フレイム・ラベジャー」より「鉄檻の鍵」を奪い、
 「簡易の鉄檻」に囚われし者を解放されたし!」
簡易の鉄檻に鉄檻の鍵を使う
囚われた者
「あ・・・・・・ありがとう!
 このまま蛮神の下僕にされるしかないと、
 諦めていたのに!」
囚われた者
「まさか、救いの手が差し伸べられるとはね。
 恩に着るよ、あんた!」
囚われた者
「うわああああん、助かった~!
 ありがとう、本当にありがとう!」
囚われた者
「助けが来るなんて思ってもみなかったよ。
 これも、日ごろの行いってやつかね?」
ナルジ・ボーに報告
ナルジ・ボー
「囚われし者たちを解放、まことに大儀であった。
 流石は長も認める一流の武人、頼りになるものよ。
 ・・・・・・まさしく惚れ惚れするような手並みなり。
 これは、我らも気を抜いてはおれぬ。
 貴公に後れを取らぬよう、己を鍛え直す所存なり。」
  鉄檻の鍵:アマルジャ族の鉄檻の鍵