牧場に忍び寄る影

牧場に忍び寄る影

  • 依頼主 :テオドール(黒衣森:中央森林 X17-Y19)
  • 受注条件:レベル11~
  • 概要  :テオドールは、ロズリンに不審者の情報を伝えてくれる者を探しているようだ。

テオドール
「ここで何をしているかって?
 俺の隣に立って下を見てみるといい。
 街道とベントブランチ牧場が一望できるのがわかるだろう。
 ベントブランチ牧場は、グリダニアにとって重要な施設だ。
 周辺をうろつく不審者がいないか見張るのも、
 俺達鬼哭隊の仕事のうちなんだよ。
 そうだ、先ほど見張りをしていたら
 森の中に怪しい人影が動くのが見えたんだ。
 下にいる「ロズリン」に確認するよう伝えてくれないか。」
ロズリンと話す
ロズリン
「・・・・・・何、テオドールが不審な者を見かけたと?
 ううむ、実は私も同じような人影を見かけたのだ。
 気のせいかと思ったが、きちんと確認するべきだろうな。
 私の代わりに確認に行ってもらえないか?
 人影はここから少し北へ行ったところで見た。
 もし、何か手がかりが残されていたら
 持ち帰ってきてほしい。」
ロズリンに見慣れぬ革袋を渡す
ロズリン
「どうだ、何か見つかったか?」
(見慣れぬ革袋を渡す)
ロズリン
「この袋と、焚き火の跡が残されていたんだな?
 冒険者か旅人の忘れ物だろうか、中は・・・・・・
 チョコボ用のブラシと、ローズリングの種油か。
 しかし、妙だな。
 すぐ近くにベントブランチ牧場という
 安全な場所があるのに、わざわざ森の中で野営とは。
 牧場のチョコボにちょっかいを出す者がいるという
 噂もあるしな、付近の衛士と共に警戒を強めねば。
 協力、ご苦労だったな。」
  見慣れぬ革袋:焚き火跡近くに落ちていた持ち主不明の革袋