「御子ちゃま」奪取計画


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「御子ちゃま」奪取計画

  • 依頼主 :ヴォイス(黒衣森:東部森林 X21-Y26)
  • 受注条件:レベル45~
  • 概要  :シルフの仮宿のヴォイスは、冒険者に話したいことがあるようだ。

ヴォイス
「冒険者さん、聞いてください!
 例の「伝説の御子」についての情報が入りました!
 どうやら今、御子は誕生前の「ゆりかご」状態のようです!
 シルフ族の生態について、ご存知でしょうか?
 彼らは「種」の状態で親から生まれます。
 この「種」が発芽することで、シルフ族の幼体は生まれます。
 しかし「種」のままでは、成体のシルフ族には育ちません。
 その種を「シルフのゆりかご」という植物に入れ、
 快適な温度と養分を得て、初めて「羽化」するんです。
 今、伝説の御子は、その「シルフのゆりかご」の中で、
 すくすくと育っている状態。
 そして、御子の入ったゆりかごは、
 シルフ領の悪い子シルフによって保護されています。
 奴らは「伝説の御子」を誕生させようとしているんです。
 手遅れになる前に、奴らの野望を阻止しないと!
 オルムシオさんに相談して、奴らの手から、
 「シルフのゆりかご」を奪い取る方法を考えましょう!」
ヴォイス
「仮宿でシルフ族のみなさんの生態を見ていると、
 いろいろな発見をして、とても興味深いです。
 書物に書かれたことだけが、真実ではないんですね。」
オルムシオと話す
オルムシオ
「・・・・・・ヘッポコ学者が、何かつきとめたでふっち?
 なるほど、御子ちゃまは「ゆりかご」の中なのでふっち。
 そういうことなら、アレをやるでふっち!
 特別に「隠れ身のおまぢない」をしてやるでふっち。
 これでシルフ領に忍び込み、悪い子シルフにバレずに
 「御子ちゃまのゆりかご」を奪い取るでふっち!
 ・・・・・・でも、ご用心でふっち。
 隠れ身のおまぢないには、制限時間があるのでふっち。
 もたもたしてると、おまぢないが切れちゃうのでふっち!
 まずは、悪い子シルフたちから情報を聞き出すでふっち。
 「御子ちゃまのゆりかご」をみつけたら、
 落とさないように、ていねいに持ってくるんでふっち!」
透明状態でシルフ領の悪い子シルフの話を聞く
ものぐさシルフ
「ふぃ~疲れたでふっち、「ゆりかご」は重いでふっち。
 ひとやすみでふっち!
 ・・・・・・ディルシオのオヤビンは、シルフ遣いが荒いでふっち。」
うっかりシルフ
「あたぴらは、あの「御子ちゃま」の「ゆりかご」を
 運んでいるでふっち。
 とてもとても光栄で重大な任務なのでふっち。」
ものぐさシルフ
「でも、シルフ領の入口には運びこんだでふっち。
 とりあえず隠ちておいたから、もう安心でふっち。
 あとはジョキシアに任せるでふっち。」
うっかりシルフ
「ええっ? それはオマエの任務でふっち?
 ジョキシアだったら、さっきオヤビンと一緒にいたでふっち。」
ものぐさシルフ
「何を言ってるでふっち!
 あたぴじゃないでふっち!」
うっかりシルフ
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
ものぐさシルフ
「・・・・・・じゃあ、「ゆりかご」は放置したままでふっち~!?
 あわわわわ・・・・・・大変でふっち~!
 「ゆりかご」はどこにいったのでふっち~?」
うっかりシルフ
「知らないでふっち! オマエが隠したんでふっち!
 もぴかして、隠ち場所を忘れちゃったでふっち!?
 この、おバカでふっちー!」
(失敗時)
ものぐさシルフ
「は~つかれた、ニンム完了でふっち。
 んん? なんだオマエはでふっち?
 シッシッ! シルフ領に入ってくるなでふっち!」
ヴォイスに報告
ヴォイス
「・・・・・・こ、これが「シルフのゆりかご」ですか!
 しかも「伝説の御子」のゆりかご・・・・・・。
 うわー、初めて見ます!
 いやぁ、これが噂に聞く、シルフのゆりかごかぁ!
 想像していたより、ずっと大きいですね!」
フリクシオ
「冒険者どの、でかちたのでぶっち!
 悪い子シルフたちから、ゆりかごを奪い取ったのは、
 値千金の大手柄でぶっち!
 御子ちゃまが、悪い子シルフの手によって「羽化」され、
 育てられるようなことがあったら、
 エオルゼアが破滅していたかもちれなかったのでぶっち!」
ヴォイス
「またまたぁ、長ちゃまさん、それは大げさですよ~。
 伝説の御子といえど、まだ赤ん坊じゃないですか。」
フリクシオ
「・・・・・・何もわかってないでぶっち。
 お前さんは、ホントにヘッポコなのでぶっち!
 御子ちゃまは、シルフ族の指導者となるだけでなく、
 生まれながらにして絶大な魔力を持っているのでぶっち。
 その魔力は「神ちゃま」の召喚の依童(よりわら)となり、
 世界のどこでも神ちゃまを呼べるようになるのでぶっち。
 ・・・・・・つまり、お前さんが住んでるグリダニアのど真ん中でも、
 ラムウちゃまを神降ろしできるようになるのでぶっち!
 そしたら街は、雷バリバリ大壊滅でぶっち!」
ヴォイス
「市街地に蛮神を召喚だって!?
 そ、そんなことになったら・・・・・・街は全滅じゃないか!
 たたた大変だっ!!」
フリクシオ
「・・・・・・だから、そう言っているのでぶっち。
 まったく物分かりの悪いヤツでぶっち。
 でも今の御子ちゃまは、まだ善も悪も知らない無垢の存在・・・・・・
 この仮宿で育てれば、きっと平和を愛する、
 やさしい指導者に成長するでぶっち。
 この「御子ちゃまのゆりかご」は、
 ワチシが責任もって、この仮宿で保護するでぶっち。
 冒険者どの、悪い子シルフたちは御子ちゃまを奪われ、
 きっとカンカンでぶっち!
 これからしばらくは、ヤツラの反撃に備えるでぶっち!」