孤独なる復讐

孤独なる復讐

  • 依頼主 :ハムジ・ガー(南ザナラーン X23-Y14)
  • 受注条件:レベル46~
  • 概要  :灰の陣営のハムジ・ガーは、冒険者に依頼したいことがあるようだ。

ハムジ・ガー
「・・・・・・貴君。
 南方のサゴリー砂漠に「忘れられたオアシス」なる、
 猫どもの隠れ里があるのをご存知か?
 先刻、戦士ルーン・ガーより急報あり。
 オアシスの猫どもが、卑怯なるザハラク勢の強襲を受け、
 その多くが打ち倒され、連れ拐われたとのこと。
 猫どもはその殆どが鏖殺され、連れ拐われたり。
 だがしかし、九死一生、遁走に成功せるもの有りと聞く。
 ・・・・・・我らに猫どもを助ける義理はなし。
 なれど、敵が「炎牙衆」とあらば、これ看過できぬ憂患。
 勇み立ちて干戈を交えること、やぶさかでなし。
 そこで貴君に頼みたい。
 ここより南西、敵地ザンラクに急ぎ向かいて、
 ルーン・ガーと合同し、死に損ないの猫を助けよ!」
灰の陣営の南西のルーン・ガーと話す
ルーン・ガー
「オイオイオイオイ!
 確かに「応援を頼む」って報せを送ったが・・・・・・
 よりにもよって、オメェかよっ!?
 ・・・・・・だが、一足遅かったようだぜ。
 隠れていたはずのミコッテ族が、いなくなっちまった。
 「炎牙衆」どもに見つかり、連れ拐われちまったんだ・・・・・・。
 拐われた先は、きっと「ザンラク脇本陣」。
 奴らの前線基地だ。
 ・・・・・・フン、いい作戦を思いついたぜ。
 オメェに、このドレイクを貸してやるよ。
 こいつに乗って「ザンラク脇本陣」に向かえ。
 アマルジャ族は、かがり火を焚くのに油を使う。
 「燃油の樽」に、ドレイクの炎息を吹きかけて燃やすんだ。
 相手が爆発に気をとられている隙に、
 俺は囚われたミコッテ族を助け出す。
 陽動作戦が成功したら、砂漠の入口あたりに集合だ!」
ルーン・ガー
「なんだオメェ、ドレイクにもう一度乗りたいってか?
 ホラよ、さっさと行きな!
 「燃油の樽」を、ドレイクの炎息で燃やすんだ!」
キャバルリー・ドレイクに騎乗してザンラク脇本陣の燃油の樽に炎の息を使う
(炎牙衆のアマルジャ族
「ぬぬ、此は何の騒ぎだッ!?」
「「灰の一党」の手のものか!?」
「小賢しいヒトめがっ!」
「ヒトの技など無力!」
「常勝無敗!国士無双!」
「たてつく者は容赦せぬ!」
「「炎牙衆」は引かんのだっ!」)
ザンラク脇本陣の南東のルーン・ガーと合流
ウ・ナパ
「ああ、助かった・・・・・・。
 狩猟中に突然襲われ、反撃する間もありませんでした。
 それにしても、助けてくれた彼女・・・・・・もしかして・・・・・・。」
ルーン・ガー
「フン、遅かったな。
 てっきり火に巻かれて、燃えカスになったかと思ったぜ。
 ・・・・・・まぁ、俺としては、その方が清々するけどな。」
ミコッテ族の商人
「ル、ルーンちゃん?
 ・・・・・・あなた、もしかして・・・・・・ウ・ルーンちゃんじゃない!?
 生きてたなんて・・・・・・てっきり死んだかと・・・・・・。」
ルーン・ガー
「・・・・・・・・・・・・フン。」
ミコッテ族の商人
「間違いないわ、その声・・・・・・私を憶えてないの?
 オアシスで一緒に育ったお姉ちゃんよ!」
ルーン・ガー
「・・・・・・うるせぇ、誰だオマエ?
 俺はルーン・ガー、誇り高き「灰の一党」の戦士だ。
 姿はミコッテ族でも、心はアマルジャ族。
 ・・・・・・悪いが人違いだな。
 俺は陣営に戻るぜ。
 ・・・・・・オメェはコイツをなんとかしな。
 終わったら、道草しないで帰ってくんだぞ!」
ウ・ナパと話す
ウ・ナパ
「ありがとうございました、もう大丈夫です。
 私も、誇り高きウ族の狩人。
 ひとりで家路につくことくらいはできます。
 ・・・・・・冒険者さん、よろしければ、
 この後、オアシスにいらしていただけませんか?
 彼女・・・・・・ウ・ルーンちゃんのことでお願いがあるのです。」
忘れられたオアシスのウ・ナパと話す
ウ・ナパ
「冒険者さん、お待ちしておりました。
 ・・・・・・あれは間違いなく私の知るルーンちゃん。
 きっと彼女の行動には、何らかの理由があるはず・・・・・・。
 彼女はこのオアシスの出身・・・・・・仲間たちからなら、
 ルーンちゃんについて、何か話を聞けるかもしれません。
 どうか、彼女の力になってあげてください・・・・・・。」
ウ・ナパ
「オアシスの仲間からなら、ルーンちゃんについて、
 何か話を聞けるかもしれません。
 どうか、彼女の力になってあげてください・・・・・・。」
忘れられたオアシスでルーン・ガーについて聞く
涼し気な目元の狩人
「ウ・ルーン? 知っているわ、姉妹だもの・・・・・・。
 私たちは先代族長の娘。
 ほかにもたくさんの姉妹がいるし、母親は違うんだけど。
 でも、ウ・ルーンに会おうとしても無駄よ。
 彼女は5年前、不幸な事件で母親とともに亡くなったの。
 今でも忘れない、あれは悲しい出来事だったわ・・・・・・。」
涼し気な目元の狩人
「5年前といっても、まだ私の記憶には新しい・・・・・・
 あれは悲しい出来事だったわ・・・・・・。」
厳しい顔つきの狩人
「ウ・ルーン? ええ、憶えてますとも・・・・・・。
 虫も殺せない、それはもう大人しい女の子だったわ。
 あの子を奪ったアマルジャ族を、私は許さない・・・・・・。」
厳しい顔つきの狩人
「ルーンちゃん・・・・・・生きていれば、
 さぞや美しいミコッテ族の女性になったでしょうに・・・・・・。」
目つきの鋭い狩人
「我々オアシスのウ族は、
 アマルジャ族と、何度も小競り合いをしているの。
 奴らは、私たちの大切な狩場に入ってきては、
 何かと邪魔をするからね。
 まったく迷惑な連中よ。」
目つきの鋭い狩人
「我々オアシスのウ族は、
 アマルジャ族と、何度も小競り合いをしているの。
 まったく迷惑な連中よ。」
甘い香りの狩人
「狩りに出ていた仲間が、アマルジャ族に襲われたらしいの。
 まだ帰ってきていない者も多いらしいわ・・・・・・なんてヒドイ。
 まるで、5年前の悲劇の再来ね・・・・・・。」
灰の陣営のルーン・ガーと話す
ルーン・ガー
「・・・・・・遅かったな。
 さては、オアシスのミコッテ族から
 何かくだらねぇ噂話を聞いたんだな? フン!
 俺の顔を見な・・・・・・。
 この仮面は、ハムジ・ガーより授かったアマルジャ族の面。
 そして誇り高き戦士の象徴だ。
 あのとき・・・・・・5年前、アマルジャ族に襲われたときのこと。
 死にかけて砂漠を彷徨っていた俺の前に、
 ハムジ・ガーは突然現れ、そして言った・・・・・・。
 「死ぬなら捨ておく、だが生きるなら戦え」・・・・・・と。
 それ以来、俺は家族を、氏族を・・・・・・
 いや、種族をも捨て、過去のすべてを捨て去ったんだ。
 そして生まれ変わった、復讐に燃える戦の鬼として・・・・・・。
 この仮面はその証。
 俺が誇り高きアマルジャ族の戦士として、
 生きていくための・・・・・・。
 ・・・・・・フン、くだらない無駄話をしちまったな。
 感傷は弱さ、弱さは戦士の大敵・・・・・・俺もまだまだ未熟か。
 さっさとハムジ・ガーの親父に報告してきなっ!」
ハムジ・ガーに報告
ハムジ・ガー
「強き者よ、我ら「灰の一党」は、
 古のアマルジャ族の有り様を今に伝える者なり。
 古の有り様・・・・・・すなわち己を鍛え、誇り高く死すこと。
 神にすがらず、弱きを攻めず、己の魂と肉体を磨きて、
 ひたすらに至強を求むる。
 我らは戦鬼、修羅の道を歩む者。
 神を敬いこそすれ、すがり頼るを拒む者。
 その決意、しかとその魂に刻みつけるべし!」