ノアの調査記録


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ノアの調査記録

  • 依頼主 :グ・ラハ・ティア(モードゥナ X30-Y12)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :グ・ラハ・ティアは、ノアの作戦会議を始めたいようだ。

グ・ラハ・ティア
「それじゃ、さっそく「ノア」の仲間を集めて、
 作戦会議を始めるとしようぜ!
 ・・・・・・っと、こっから先はラムブルースの役目だな。
 全員帰還したことを、あんたから伝えてやってくれ。」
ラムブルースと話す
ラムブルース
「おかえり、よくぞ無事で戻ってきてくれた。
 「古代の民の迷宮」を掃討したという報告は受けているぞ。
 君が持ち帰った情報は、私の備考とあわせて
 クリスタルタワーの調査記録にまとめておく。
 知りたいことがあったら、いつでも声をかけてくれ。
 さて・・・・・・さっそくだが、今回の調査について総括しよう。」
ラムブルース
「今回の調査で、我々ノアは転送装置に至る道を確保し、
 塔を取りまく「古代の民の迷宮」を踏破した。
 内部を探索したNiuniu君の証言によると、
 迷宮の防衛機構は生きており、
 アラグの衛士たちも活動していたという・・・・・・。」
シド
「やはり危惧していた通りか・・・・・・。
 クリスタルタワーは地形の変動で現れただけじゃない。
 何らかの理由で、数千年の時を経て「再起動」したんだ。
 復活の真相は、恐らく塔の中・・・・・・。
 封印するにしても、そいつを確かめておく必要があるな。」
グ・ラハ・ティア
「そうは言っても、簡単にはいかねーぜ?
 「古代の民の迷宮」の先には、
 どんな防衛機構が待ち構えてるやら。」
ラムブルース
「ならば当面は、塔への侵入経路を確保するためにも、
 防衛機構の解析を最優先としよう。
 ・・・・・・シド、引き続き君に頼めるかい?」
シド
「ああ、任せてくれ。」
ウェッジ
「オイラたちも手伝うッス!」
ビッグス
「親方が社訓のために戦うってんだ。
 これはもう、ガーロンド・アイアンワークスの総力を上げて
 協力させてもらいますよ。」
シド
「お前たち・・・・・・。
 ああ、頼りにしてるぞ!」
グ・ラハ・ティア
「それじゃ、オレはしばらく旅に出るぜ。
 久々に修行して、次こそクリスタルタワーに乗り込むんだ。
 やっぱ武勇伝は生で見ないとな!」
ラムブルース
「あなたもシドを手伝うのです、グ・ラハ・ティア。
 それとも、今までの勝手を委員会に報告しましょうか?」
グ・ラハ・ティア
「・・・・・・・・・・・・オレの方がえらいっつーの。
 まぁ、何にせよ、あんたの代わりはできねーんだ。
 Nikuq、しばらく出番はなさそうだが、
 ナマクラになるなよ?
 次回の調査も必ず成功させようぜ。
 そしていつか、アラグ帝国にまつわるすべての歴史を暴く。
 「ノア」として・・・・・・絶対にな。」
ラムブルース
「では、今回の会議はここまで。
 次回の調査に備え、それぞれ自分の役目を果たしてくれ。
 ・・・・・・解散!」
異国風の男
「こりゃあ派手に壊したもンだ。
 おかげさまで、正々堂々と中に入れる。
 冒険者ってのは、なかなか使い勝手がいいじゃないか。
 オレたちにとっちゃ、光の戦士様っていうよりは、
 略奪者様って感じだけどな。
 ・・・・・・まぁ、お前が頼りたくなるのもわかったぜ。
 古代アラグ文明の遺産・・・・・・か。
 塔の上から検出された未知の力は、
 あのアルテマウエポンと同等・・・・・・いや、それ以上。
 くく・・・・・・面白そうな「玩具」を見つけたぜ。」
ネロ
「・・・・・・すべてを奪われたと思っていたが、
 悪運だけはオレのもンらしい。
 オレの野望は尽きない・・・・・・この夢は終わらせない・・・・・・。
 付き合ってくれるよなぁ、ガーロンドォ・・・・・・!」
シド
「技術は人を縛るものであってはならない・・・・・・。
 親父やガイウスの凶行から、俺が学んだことだ。
 クリスタルタワーに眠る技術が、人の脅威となるのなら、
 俺はそれを封じたいと思っている。
 ・・・・・・今度こそ、過ちを繰り返さないためにな。」
ビッグス
「「古代アラグ文明」ってのは、
 古代の大国であるアラグ帝国で興った、超高度な文明さ。
 一説によると、古代アラグ文明の技術は、
 今のガレマール帝国の技術を凌駕しているらしい。
 クリスタルタワーを見てると、それを実感するぜ・・・・・・。」
ウェッジ
「裏方はオイラたちにお任せッス!
 おっかない敵がいなくなったところから、
 バシバシ調査してくッス!」
グ・ラハ・ティア
「ノアの調査によって、アラグ帝国の歴史が暴かれる・・・・・・
 オレはそう信じてるんだ。
 だからお前も、腕を磨いておいてくれよな!
 しっかし・・・・・・肝心なところを自分の目で見られないなんて、
 あんまりっつーもんだろ・・・・・・。
 弓を使わせたら、オレだってそこそこ強いんだぜ!?」
ラムブルース
「君がクリスタルタワーから持ち帰った情報は、
 私の備考とあわせて、調査記録にまとめておいた。
 ・・・・・・何か知りたいことはあるかい?」
(何を聞く?)
(あなたのことを教えてほしい)
ラムブルース
「私はこの調査地をまとめている博物学者だ。
 学術都市「シャーレアン」で設立された学術研究機関、
 「聖コイナク財団」から派遣されているんだ。
 以前は「救世詩盟」という集団の一員として、
 エオルゼアの失われた知識について、研究していたんだけどね。
 今では、古代アラグ文明の遺跡に触れ、
 その知識を、現代に甦らせようと奮闘しているよ。
 困難な時代にこそ、優れた知識が必要となるのだからね。」
(ここはどんなところだ?)
ラムブルース
「今を遡ること、5000年以上・・・・・・
 第三星暦時代に栄えた古代アラグ帝国の遺跡だ。
 現在、我ら「聖コイナク財団」が発掘調査を進めている。
 聖コイナク財団はシャーレアンの組織でね。
 古代アラグ帝国の発掘調査に生涯を費やした偉人、
 「聖コイナク」の名を冠し、日夜研究に明け暮れているんだ。
 クリスタルでできた巨塔「クリスタルタワー」に、
 この広大な遺跡群・・・・・・調査はとても刺激的だよ。」
(ノアレポート「八剣士の前庭」)
ラムブルース
「よろしい。
 「八剣士の前庭」についての調査記録を紐解こう。」
ノアレポート
「古代アラグ文明の遺産である「クリスタルタワー」。
 その調査団である我々「ノア」は、
 ついに実地調査に乗り出すことになった。
 先遣隊が巨大なクリスタルゲートを越える。
 その先で我々を待ち受けていた最初の難関が、
 8体の不気味な石像が並ぶ「八剣士の前庭」だ。
 石像は、4つの属性を利用した防衛機構だった。
 クリスタルタワーへ不正に侵入しようとする者を
 排除する役割を担っていたのだろう。
 この防衛機構もまた、古代アラグ文明が誇った、
 魔法と科学を融合させた技術体系・・・・・・
 「魔科学」の産物であることは間違いない。
 属性の力という魔法的な要素を用いて、
 数千年後の現代でも稼働し続ける防衛機構を作るとは!
 まさに驚異的な技術と言えよう。
 ・・・・・・しかし我々は、超高純度クリスタルから作り出した
 4つの「牙」によって、防衛機構を打ち破った。
 かくして、クリスタルタワーへの道が拓かれたのである。」
(ノアレポート「古代の民の迷宮」)
ラムブルース
「よろしい。
 「古代の民の迷宮」についての調査記録を紐解こう。」
ノアレポート
「Niuniuが率いる冒険者たちに、
 「古代の民の迷宮」を掃討せよとの任務が下された。
 「古代の民の迷宮」とは、
 クリスタルタワーを囲むように造られた前門にして、
 塔を防衛する城砦の役割を担った施設だ。
 ・・・・・・内部にはまだ、防衛のための戦力が潜んでいた。
 冒険者たちは、魔獣キングベヒーモスや
 妖異タナトスなど、おぞましい存在と戦うこととなる。
 魔獣の改造やキメラ生物の合成、
 加えて異界ヴォイドの妖異を使役する技術は、
 いずれも古代アラグ文明の得意とする分野だ。
 その粋を結して守られている、クリスタルタワー。
 「古代の民の迷宮」の先には、
 果たしてどのような化け物が潜んでいるのだろうか・・・・・・。」
(ノアレポート「ティターン」)
ラムブルース
「よろしい。
 「ティターン」についての調査記録を紐解こう。」
ノアレポート
「「古代の民の迷宮」を防衛していた、
 輝く曲刀を携えし戦士「ティターン」。
 ・・・・・・在りし日に、アラグ帝国の革命を志した男である。
 1000年以上も続いたとされるアラグ帝国の治世も、
 常に平穏だったというわけではない。
 特に末期は、皇帝の支配に対する反乱が絶えなかった。
 中でも有名なのが、勇将ティターン率いる勢力による反乱。
 アラグ帝国の記録に「悪鬼」とまで記されている彼は、
 反乱軍を支持する民衆にとって、英雄であったと思われる。
 しかし、最終的に勇将ティターンは捕らえられ、
 「魔科学」による生体改造を施された上、
 皇族のしもべに作り変えられた・・・・・・と記録は語る。
 すべては、反乱軍への見せしめのために・・・・・・。
 数千年の時を越え、今なおアラグの門兵として立つ彼の姿に
 かつての巨大帝国の闇が垣間見えた。」