航路を惑わす歌声

航路を惑わす歌声

  • 依頼主 :ディアマンダ(西ラノシア X26-Y26)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ディアマンダは、上司を心配しているようだ。

ディアマンダ
「私は鍛冶師のディアマンダ。
 シリウス大灯台の修繕に参加するため、
 ナルディク&ヴィメリー社から派遣されてきたのですが・・・・・・。
 灯台が「セイレーン」という魔物に占拠されて、
 作業に入れないんです!
 せっかくミミドアさんのもとで働けるはずだったのに・・・・・・!
 ミミドアさんには、昔から兄とともにお世話になってるんです。
 ・・・・・・父もミミドアさんの部下でしたが、
 セイレーンに殺されたもので、私たちを気にかけてくれて・・・・・・。
 ミミドアさんへ日ごろの恩を返すためにも、
 今回の修繕作業で活躍したいんです!
 そうだ、冒険者さん、
 灯台に巣くう憎きセイレーンを倒してください!
 詳しい話は桟橋にいる「ミミドア」さんに聞いてください。
 セイレーンに灯台を奪われてからというもの、
 苦々しい顔で、灯台の方をにらみつけているんです。」
エールポートのミミドアと話す
ミミドア
「おう、お前さんか。
 お前さんが追い払ってくれたセイレーンが、また襲来してな。
 シリウス大灯台を占拠したもんで、修繕に入れんのじゃ。
 ヤツはわしから音を奪い、大事な部下を奪いおった。
 その上、今度はわしの生きる意味まで奪いおって・・・・・・
 まったく忌々しい魔物め!
 お前さん、どうか今度こそ、
 セイレーンの息の根を止めてほしいぞい。
 セイレーンは「シリウス大灯台」のてっぺんに居座っとる。
 幻影諸島の灯台守「ダヴィッド」に話しかければ、
 中へ入れるよう手配しておくぞい。
 見事に倒したあかつきには、
 真っ先にディアマンダに知らせてやってほしいぞい。
 セイレーンは、あの娘の父の命を奪った仇だからのう。」
シリウス大灯台のダヴィッドと話す
ダヴィッド
「待っていたよ、ミミドアさんから話は聞いている。
 セイレーンは灯台の要・・・・・・最上階の灯室に居座ってるんだ。
 灯台の構造上、正面の扉から入ろうものなら、
 内部に棲みついてる魔物どもに即座に気付かれてしまう。
 安全を期して、地下から忍び込めるようにしておいた。
 あんただけが頼りなんだ、気をつけていくんだぞ!」