邪なる篝火の鎮滅

邪なる篝火の鎮滅

  • 依頼主 :フィブブ・ガー(南ザナラーン X23-Y14)
  • 受注条件:レベル43~
  • 概要  :灰の陣営のフィブブ・ガーは、冒険者の実力を見込んで頼みがあるようだ。

フィブブ・ガー
「強き者よ、貴公は知りしか?
 ザハラク戦陣の連中が用立てし、忌々しき篝火を。
 あれこそ、焔神の加護を強めるためのまじないなり。
 悲憤慷慨!
 かように愚かしくも醜きまじない、捨て置くこと許せず。
 早急に聖なるザンラクの地より消し去らん。
 ・・・・・・強き者よ、我らに力を貸されよ。
 かの邪な篝火こそ神にすがる惰弱の象徴。
 この「火消しの灰」を用いて、かき消さん。
 されど篝火の周囲には、番兵が張っておる。
 きゃつらを蹴散らさぬことには、
 その目的を果たすことはできぬと知れ。」
フィブブ・ガー
「惰弱の象徴たる邪な篝火を、
 「火消しの灰」を用いてかき消さん!」
フィブブ・ガーに報告
フィブブ・ガー
「・・・・・・強き者よ、篝火の消火、真に御苦労。
 流石は我が見込んだ武人、見事なり!
 これでしばしは、きゃつらも大人しくなろう。
 されど再び、邪なる篝火が再燃せしときは、
 我が要請に応え、存分の活躍を示されよ。」
  火消しの灰:火を消すための灰