カッパーベルで消えた者

カッパーベルで消えた者

  • 依頼主 :ヒュグベルト(モードゥナ X22-Y8)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :レヴナンツトールのヒュグベルトは、噂話を耳にしたようだ。

ヒュグベルト
「西ザナラーンから来た奴から聞いたんだがな、
 「カッパーベル銅山」が大変なことになっているらしい。
 再開発の進められていた「カッパーベル銅山」に、
 鎮圧されたはずのヘカトンケイレス族が、再び現れたんだとよ。
 話を聞くかぎり、もっと大騒ぎになりそうなもんだが・・・・・・
 警備担当の「鉄灯団」が情報を止めているみたいだな。
 お前、興味があるなら「カッパーベル銅山」の
 「鉄灯団の衛兵」に、直接聞いてみちゃどうだ?」
カッパーベル銅山の鉄灯団の衛兵と話す
鉄灯団の衛兵
「おおっ、君はかつてカッパーベル銅山を救ってくれた・・・・・・!
 もしかして噂を聞きつけて、駆けつけてくれたのか!?
 うむ、実は・・・・・・君の活躍により制圧されたはずの巨人、
 「ヘカトンケイレス族」に生き残りがいたらしく、
 再びカッパーベル銅山の坑道に巨人が現れたのだ。
 再開発の調査のために入山していた、採掘師たちが襲われた。
 巨人から逃げのびた生存者は、ほとんどいない・・・・・・。
 数少ない生存者の話では、巨人どもだけでなく、
 鉱石泥棒のスプリガンまで便乗して暴れているのだという。
 このままでは、銅山の存続すら危うい状況だ。
 情けない話だが、我々鉄灯団の戦力では、
 とても坑道内の巨人どもを鎮圧することはできない。
 事ここに至っては、かつてヘカトンケイレス族を制し、
 カッパーベル銅山を攻略した君の力に頼るしかない・・・・・・!
 どうかもう一度、巨人どもから銅山を解放してくれ!」