人喰い屋敷の噂


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人喰い屋敷の噂

  • 依頼主 :ロリアヌ(モードゥナ X22-Y8)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :レヴナンツトールのロリアヌは、恐ろしい噂を聞いたようだ。

ロリアヌ
「ねえ、あなたは「人喰い屋敷」の噂を知っている?
 黒衣森の奥にひっそり佇む、帰らずの館の話を・・・・・・。
 屋敷の名は・・・・・・たしか「ハウケタ御用邸」だったかしら。
 周辺で次々と女性が失踪しているうえ、
 調査に入った鬼哭隊の精鋭まで、戻ってこないとか。
 どこかの冒険者が踏みこんで生還したって噂もあるけど
 ・・・・・・って、その冒険者って、あなただったの?
 それなら話は早いわね。
 興味があるなら、屋敷に縁がある人に話を聞いてみたら?
 挑戦権はあなたにゆずるわ。
 ・・・・・・屋敷に喰われるなんて、私はごめんだもの。」
グリダニアのウルサンデルと話す
ウルサンデル
「ああ、貴方様・・・・・・。
 わたくしの元へいらしたということは、
 屋敷にまつわる「噂」をお聞きになったのですね。
 貴方様が屋敷の闇を暴いた後、
 わたくしは、アマンディヌお嬢様の悲劇を
 すべて鬼哭隊にお話ししました。
 彼らは調査隊を結成し、真相を求めて屋敷に向かった。
 そして・・・・・・誰ひとりとして、戻らなかったのです。
 結局、お嬢様の遺体は見つからぬまま・・・・・・
 胸騒ぎを覚えたわたくしは、かつての罪を償うため、
 今度こそ意を決して、屋敷の様子を伺いにいったのです。
 ・・・・・・窓から覗いた屋敷の中は、様変わりしておりました。
 ぞっとするほど美しい女・・・・・・得体の知れぬ何かが、
 まさか、お嬢様に代わり生贄を求めていようとは!
 闇は濃くなり、最早、なまはんか者では太刀打ちできませぬ。
 どうか、どうか・・・・・・お嬢様を討った貴方様の手で、
 今度こそ、屋敷の悲劇に幕を下ろしては頂けないでしょうか。
 先ほど、鬼哭隊の増援がハウケタ御用邸へ向かいました。
 彼らが新たな被害者となる前に、
 貴方様の力をお貸しくださいませ・・・・・・!」
(「妖異屋敷 ハウケタ御用邸」攻略後)
ウルサンデル
「御用邸から帰還した鬼哭隊から、報告を聞きました。
 貴方様が彼らの命を救ったことと・・・・・・
 お嬢様が、妖異に使役されていたことを。
 この顛末は、生涯わたくしが心に刻んでおくべき傷・・・・・・。
 しかし今度こそ、ダルタンクール家の悲劇は終わったのです。
 本当に・・・・・・本当に、ありがとうございました。」
ロリアヌ
「聞いたわよ、例の「人食い屋敷」に踏み込んだんですって?
 ・・・・・・さすが、音に聞こえたNiuniuね。
 また面白い噂があったら、あなたに教えるわ。」