灰燼を成す者

灰燼を成す者

  • 依頼主 :ハムジ・ガー(南ザナラーン X23-Y14)
  • 受注条件:レベル43~
  • 概要  :灰の陣営のハムジ・ガーは、冒険者に依頼したいことがあるようだ。

ハムジ・ガー
「我らアマルジャ族は、
 大平原「パガルザン」を巡りて暮らす遊牧の民にして、
 旅路をさえぎる敵あらば、力で征す武勇の民なり。
 古来より、死期を悟ったアマルジャの戦士は、
 ここ聖地「ザンラク」へと向かい、死に相対して参った。
 鍛えし魂を劫火にくべ、肉体を灰に帰すことこそ我らが本懐!
 されど、「ザハラク」に集う者どもは死を恐れ、
 己を鍛えず、安易に神の加護を得んとするばかり・・・・・・。
 神にすがるは、これ即ち己の弱さ!
 あまつさえ、剣すら持たぬ弱者を襲い、
 これを拐いて、古き神に捧げるとは言語道断!
 至強とは、強きに勝ち、己に勝ってこそのものなり!」
ヤドヴ・ガー
「我が長ハムジ・ガー、焦眉之急!
 「炎牙衆(えんがしゅう)」、凶行に及びたる模様!
 直ちに征討に赴かれたし!」
ハムジ・ガー
「む、冒険者よ・・・・・・今まさに貴君の出番なり!
 「炎牙衆」こそ我らが宿敵、惰弱なるアマルジャ族ぞ。
 ・・・・・・戦士ルーン・ガー!」
ルーン・ガー
「何の用だよ? ハムジ・ガーの親父。」
ハムジ・ガー
「これなるは、戦士ルーン・ガーと申す者。
 姿かたちはミコッテ族なれど、その魂に炎を宿す同志なり。
 我ら「灰の一党」が求むるは至強のみ、種や性に別なし。
 戦士ルーン・ガー。
 冒険者を補佐し、共に敵にあたるべし。」
ルーン・ガー
「はぁぁぁ!? ちょ、ちょっとまてよっ!
 なんで俺が、こんなヤツと・・・・・・!
 誰かほかのヤツにしろよ、いんだろ? ほかに!」
ハムジ・ガー
「問答無用!
 このハムジ・ガーの決定に否は許さじ!
 言い訳あらば剣で聞くが如何?」
ルーン・ガー
「・・・・・・・・・・・・チッ。
 しょうがねぇな・・・・・・。
 オイ、さっそく、化けの皮が剥げる機会がきたな!
 地図に印をつけてやっから、現地で合流すんぞ。
 さっさと行け!」
レッドラビリンスの指定地点で待機し炎牙衆を討伐
ルーン・ガー
「遅せぇぞ、何やってたんだ!
 斥候は俺が片付けた!
 この装備・・・・・・やはり敵は「炎牙衆」か。
 気を抜くな、まだ近くに本隊がいるぞ・・・・・・!
 オメェは「指定地点」で待機し、敵を迎え討て!」
緊張した商人
「ひいいい・・・・・・助け・・・・・・助けてぇ・・・・・・!」
(炎牙衆のアマルジャ族
「「灰の一党」の手のものか!?」
「小賢しいヒトめがっ!」
「「炎牙衆」は引かんのだっ!」
「焔神の加護を思い知れ!」
「たてつく者は容赦せぬ!」
「蹂躙してくれるわ!」)
緊張した商人と話す
緊張した商人
「ふいいい、助かった・・・・・・。
 どなたか存じませんが、ありがとうございます。
 ここいらでは、アマルジャ族の人拐いが横行していましてね。
 一時期、鳴りを潜めたと思っていたのですが・・・・・・
 最近、以前にも増して被害が増えているようなんです。
 次からは、腕利きの冒険者を護衛に雇うことにします。
 ううう、経費がかさむなぁ・・・・・・商売あがったりだ・・・・・・。」
ルーン・ガー
「フン、死に損ねたみてぇだな。
 さっさと「灰の陣営」に帰るぞ・・・・・・道草食うなよ!」
灰の陣営のルーン・ガーと話す
ルーン・ガー
「オメェの実力は、たっぷり見させてもらったぜ。
 ・・・・・・あっ、でも調子に乗んじゃねぇぞ!
 戦士としての覚悟と決意は、俺の方が上だかんな!
 俺たち「灰の一党」は、孤高の戦闘集団。
 長のハムジ・ガー主導のもと、
 ザンラクに巣食うアマルジャ族と敵対してんだ。
 アイツらは、この聖地のあちこちに祭壇や戦陣を築き、
 我が物顔でのさばってやがる。
 フン、まともに戦えもしねぇ卑怯者のくせに・・・・・・。
 さっき商隊を襲ったのは「炎牙衆」と呼ばれる、
 ザンラク勢の中でも人拐いを専門とした集団だ。
 ・・・・・・そして、俺たち「灰の一党」の宿敵でもある。
 ヤツらの野望を潰し、一網打尽にする・・・・・・!
 それが俺たち「灰の一党」の目的であり、
 正統なるアマルジャ族の戦士の使命なんだ。
 ・・・・・・オメェに忠告だ。
 俺たちの問題に首を突っ込むのは、ほどほどにしろ。
 アマルジャ族でもねぇヤツが、深入りすんじゃねぇ!
 ・・・・・・あン? オメェの表情、
 「お前だってアマルジャ族じゃないクセに」って顔だな?
 ウダウダ言うようなら、ブッ飛ばすぞ!
 さっさと、ハムジ・ガーの親父に
 戦果を報告してきやがれってんだ!」
ハムジ・ガーに報告
ハムジ・ガー
「強き者よ、聞きしに勝るその手並、実に見事なり。
 まさに八面六臂、一騎当千。
 このハムジ・ガー、戦士として感服いたした。
 貴君にその意思あらば、我ら「灰の一党」の同志となりて、
 ザンラク勢との対決に、助太刀願いたき所存。
 貴君にその意思ありや?」
(「灰の一党」の同志となって戦う?)
(・・・・・・いや、遠慮させてもらいます。)
ハムジ・ガー
「ふむ・・・・・・それは至極残念。
 しかし、貴君には貴君の道があろう。
 たとえ袂を分かつとも、我らの志は変わらず。」
(もちろん! 共に戦う所存!)
ハムジ・ガー
「うむ! よくぞ言った、強き者よ!
 我ら姿かたちは違えども、倒すべき敵は同じ。
 即ち、不倶戴天たる「炎牙衆」ぞ!
 願わくは、共に彼奴らの野望の炎をかき消さん!」