荒野に逆巻く騒擾

荒野に逆巻く騒擾

  • 依頼主 :スウィフト大闘佐(ウルダハ:ナル回廊 X8-Y8)
  • 受注条件:レベル43~
  • 概要  :不滅隊:作戦本部のスウィフト大闘佐は、冒険者に折り入って頼みたいことがあるようだ。

(不滅隊所属の場合)
スウィフト大闘佐
「よくぞ来た、Nikuq闘曹長。
 貴公を歴戦の強者と見こんで、ある任務を任せたい。
 一筋縄ではいかぬ、危険な任務だ・・・・・・。」
(不滅隊以外所属の場合)
スウィフト大闘佐
「よくぞ来た。
 貴公を歴戦の強者と見こんで、ある任務を任せたい。
 一筋縄ではいかぬ、危険な任務だ・・・・・・。」
スウィフト大闘佐
「このザナラーンは、
 アマルジャ族の被害に頭を痛めている。
 貴公によって、蛮神「イフリート」の復活をくじかれた後、
 ヤツらは一時期、鳴りを潜めていた。
 しかし最近・・・・・・再び、活発な動きを見せておるのだ。
 ・・・・・・「人拐い」の被害も、以前より多く報告されている。
 これは、もはや看過できない大問題だ。
 そこで貴公に、アマルジャ族についての調査を依頼したい。
 対アマルジャ族防衛の最前線で任務に就いている、
 リトルアラミゴの「ギシルベールト少闘佐」を訪ねるがいい。
 任務の詳細を聞くことができるだろう。」
リトルアラミゴのギシルベールト少闘佐と話す
ギシルベールト少闘佐
「よくきてくれたな。
 スウィフト大闘佐から話は聞いている。
 さっそく、任務の詳細を説明しよう。
 アマルジャ族の動きが活発化していることは聞いているな?
 最近、この南ザナラーンでは、
 商隊や旅人が襲われ、拐われる被害が多発しているのだ。
 近ごろでは特に手口が荒っぽくなり、
 白昼堂々、凶行が行われる始末だ。
 しかも、被害はこのリトルアラミゴに留まらない。
 ここより南にあるサゴリー砂漠にも、
 奴らの凶行が及んでいると聞く。
 冒険者よ、まずは「人拐い」の現場を押さえ、
 アマルジャ族どもの尻尾を掴むぞ。
 現在、リトルアラミゴ周辺で小休止中の商隊がある。
 まずは、その様子を見てきてくれないか?
 何かあったら、その時は頼む!」
リトルアラミゴ東の指定地点で待機
呑気な商人
「なんだい? チョコボを放牧して休んでいるとこなんだが。
 ・・・・・・アマルジャ族の人拐いだって? まさか!
 そんなに心配なら、その辺に待機して見守っててくれよ。」
灰塗りのアマルジャ族
「油断大敵、乾坤一擲!」
アマルジャ族の雑兵
「不覚!
 き、貴様ら・・・・・・「灰の一党」かッ!?」
灰塗りのアマルジャ族
「いかにも。
 多勢に無勢なりとも、あに後れをとるべけんや!」
アマルジャ族の雑兵
「背信棄義っ! 道連れなりっ!」
異装のミコッテ族
「背後から敵に刃を向けるたぁ・・・・・・
 てめぇら、それでも誇り高き高祖の血を引く
 兵(つわもの)かっ!?」
灰塗りのアマルジャ族
「兵は詭道なり。
 敵を知り、己を知れば百戦危からず。
 これ兵法の第一義なり。
 名うての冒険者とお見受けする。
 此は我が戦、手出し無用!」
ハムジ・ガー
「我は戦鬼、ハムジ・ガーと覚えておいて頂こう。
 ・・・・・・我らは「灰の一党」。
 炎獄で燃え盛る炎より生まれし、一握の灰燼を成す者なり。
 ヒトの子よ、戦士として貴君に興味あり。
 特別に我が巣「灰の陣営」に招待いたす。
 合縁奇縁、一期一会、お待ち申しておるぞ。」
呑気な商人
「うひゃあ、助かった!
 それにしても、アマルジャ族をアマルジャ族が攻撃ねぇ。
 もしかして・・・・・・仲間割れか?」
灰の陣営のハムジ・ガーに報告
ハムジ・ガー
「我が招きに応え、よくぞ参られた。
 此は「灰の陣営」。
 我が長を務めし「灰の一党」の居留地なり。
 我ら「灰の一党」は、至強の高みを求め、
 遊牧の民にして武の民なる、高祖の血と心を継がんとする者。
 強き者には、例えヒトの子とて相応の礼を尽くすものなり。
 ふむ、その只ならぬ気配・・・・・・
 もしや貴君は焔神を退けし、噂の冒険者では?
 ・・・・・・我に本旨は解らぬが、その身に纏う気迫は真。
 なれば貴君も感じよう、我らが同胞の堕落ぶりを。
 戦に死するを本望とせし、武勇の民たる矜持を忘れ、
 今や弱者を拐い、古の神に捧げて祝福を得んとする始末・・・・・・。
 まさしく厚顔無恥!
 昨今、我らが同胞の堕落には目を見張るばかり。
 かつて戦に生き、戦に死するを本望とした、
 誇り高きアマルジャ族の矜持は、今や泥に塗れて見る影なし。
 剣すら持たぬ弱き者を拐い、
 古き神に捧げ祝福を得んとするは、その最たる行為。
 まさしく笑止千万!
 我らは「ザンラク」に集う、堕落せしアマルジャ族を狩る者。
 貴君にその意思あらば、
 いざ我ら「灰の一党」と共に戦わん!」
????
「ちょっと待てよ。
 そいつぁ聞き捨てならねぇな!」
異装のミコッテ族
「オメェ、本当にイフリートを倒した英雄なのか?
 ・・・・・・フン、ホントかどうか眉唾モンだな。
 そう吹聴したヤロウを、俺はもう10人は斬り殺してるぜ?」
ハムジ・ガー
「戦士ルーン・ガーよ、口出し無用。
 一党の意思は、このハムジ・ガーが決めるものなり。」
ルーン・ガー
「・・・・・・おいオメェ、いいか? 足手まといにはなるなよ!
 ただでさえ、数だけは多い「ザンラク」の連中相手に、
 こちとら手ぇいっぱいなんだからなっ!」
ハムジ・ガー
「焔神を倒し者が貴君であるか、知る術はなし。
 されど貴君からは、只者ならぬ気配を感じる。
 このハムジ・ガーの目は節穴にあらず。
 貴君の目的は、ヒトを拐うアマルジャ族の打倒なりや。
 ならば我らに組すること、すなわち貴君の易でもある。
 まずは我らに協力し、しかるのち意を決めるがよかろう。
 敵は「ザンラク」のアマルジャ族!
 弱者を糧に古き神にすがる、きゃつらの牙を共に折らん!
 旗幟鮮明、確乎不動!」