出藍の誉れ

出藍の誉れ

  • 依頼主 :ベアティヌ(グリダニア:新市街 X10-Y12)
  • 受注条件:木工師レベル50~
  • 概要  :木工師ギルドのベアティヌが、取り乱しているようだ。

ベアティヌ
「Nikuqさん・・・・・・!
 た、大変です・・・・・・どうしましょう・・・・・・どうしたら・・・・・・!
 そ・・・・・・「双蛇党」統合司令部に、
 戦場で回収された、壊れた武器が届いたんですが・・・・・・
 その・・・・・・その中に・・・・・・
 ゲイルハードの弓がっ・・・・・・!
 私が作ったものです・・・・・・見間違うはずありません・・・・・・!
 戦場で武器を手放せば、どういうことになるか・・・・・・
 ああ・・・・・・
 ゲイルハードは・・・・・・・・・・・・
 ううぅ・・・・・・すみません・・・・・・ひとりにしてください・・・・・・
 どんぐり遊園で「ニコリオー」の相手でも
 してあげてください・・・・・・。」
ニコリオーと話す
ニコリオー
「先生、また、落ち込んでるんだな。
 でも、今回は僕らじゃどうしようもないよ。
 自分で立ち直らなきゃいけないんだ。
 せめて、お前が、その手伝いをしてあげてよ。
 先生がちょっとでも前向きに考えられるように、
 すごい「ローズウッド材HQ」を渡してあげて!」
ベアティヌにローズウッド材HQを見せる
ベアティヌ
「すみません・・・・・・ひとりにしてください・・・・・・。」
(ローズウッド材HQを渡す)
ベアティヌ
「これは・・・・・・
 「ローズウッド材HQ」・・・・・・?
 フゥ・・・・・・素晴らしい・・・・・・。
 あなたは、私の知らぬ間に、成長して・・・・・・
 成長・・・・・・
 人も、木も成長する・・・・・・
 そうです・・・・・・彼だって、昔のままじゃない・・・・・・
 簡単にゲイルハードが、やられるはずない・・・・・・!
 彼はまだ、生きているかもしれません・・・・・・!
 ならば新しい弓を必要としている・・・・・・!
 ええ、そうに違いありません・・・・・・!
 ・・・・・・Nikuqさん。
 あなたに、お願いがあります。
 私に「成長」を教えてくれた、あなたにこそ頼みたいんです。
 「クラブボウHQ」を作り、
 「武略のマテリダ」を装着してください・・・・・・。
 そして、その弓を・・・・・・前線にいる「ゲイルハード」へ
 届けてほしいのです・・・・・・あなたの姿と弓で、
 私のギルドマスターとしての成長を彼に示してください。
 彼の部隊は今、北部森林にいるはずです。
 手遅れにならないうちに、お願いします・・・・・・!」
北部森林のゲイルハードに依頼品を納品
ゲイルハード
「もうダメだ・・・・・・
 イクサル族の部隊が、迫ってきてるってのに
 俺は、あの弓がないと・・・・・・」
(武略のマテリダのついたクラブボウHQを渡す)
ゲイルハード
「Nikuq・・・・・・!
 なぜここへ・・・・・・それに、この弓は・・・・・・?
 こ、これは・・・・・・「クラブボウHQ」じゃないか!
 どうして、まさかお前が・・・・・・!?
 なんと、見事な弓だ・・・・・・
 メガロクラブの甲殻と、紅珊瑚の彩り・・・・・・
 手に取る者の士気を燃え立たせる、毅然とした美しさ・・・・・・
 見目にとどまらず、
 素材のコンポジットボウの弱点である
 接合部の強度を、絶妙に補強した加工も素晴らしい。
 こんな弓は、見たことがない・・・・・・。
 お前と・・・・・・ベアティヌが届けてくれた弓・・・・・・
 これがあれば、俺は・・・・・・!
 Nikuq、見ていてくれ!
 うおおぉぉぉおおっ!!!」
ゲイルハード
「お前のおかげで勝利できた、ありがとう。
 ・・・・・・そして、お前を導いたベアティヌにも
 感謝の言葉を伝えておいてくれ。」
木工師ギルドのベアティヌに報告
ベアティヌ
「おかえりなさい・・・・・・!
 彼の部隊の勝利が、このグリダニアにまで
 届いていますよ・・・・・・!
 本当に、本当によかった・・・・・・。
 そして、本当に、ありがとうございました。
 あなたを木工師として指導するうちに・・・・・・
 先生も、ひとまわり成長できた・・・・・・と思います・・・・・・。
 Nikuqさん・・・・・・
 あなたはもう、立派な大木です。
 私からお教えできることは、もうありませんが・・・・・・
 お互い、木工師である限り、成長し続けましょう・・・・・・。
 これからも腕を磨いていきましょうね・・・・・・フフ、フ・・・・・・!」
ベアティヌ
「おやおや、Nikuqさん!
 どういたしましたか・・・・・・?」
(何を聞く?)
(近況について)
ベアティヌ
「フフ・・・・・・ここはいつもと変わりありませんよ。
 トントン、ギコギコ・・・・・・。
 製材の音が心地よい場所です。
 そうそう、ゲイルハードは、
 新しい弓で多くの戦果を残しているようですよ・・・・・・。
 貴方の作品で、彼が成長した・・・・・・素晴らしいことです・・・・・・!
 先生もNikuqさんにあやかって、
 ローズウッド材のような、磨くと輝く立派な木材に・・・・・・。
 ・・・・・・ではなく、立派な木工師に成長したいものです!」
(「木工」とは何か?)
ベアティヌ
「Nikuqさんは、もうご存知でしょうが・・・・・・。
 木工とは・・・・・・木を愛し、木材を愛して・・・・・・
 その愛・・・・・・ではなく、木から、製品を作り出す仕事です。
 冒険者の方に身近なところですと、
 槍や弓といった武器や、初心者向けの盾などを、
 作ることができますよね・・・・・・。
 良い木工師になるためには、木の特性を知り・・・・・・
 どんな用途に適した素材なのかを知り・・・・・・
 どんな方法で加工すべきかを、知る必要があります。
 幸いなことに、グリダニアには「園芸師ギルド」があるので、
 グリダニアの木工師たちは、様々な木に囲まれながら
 木工を学ぶことが・・・・・・できるのです・・・・・・。
 無数の木材から・・・・・・「適材適所」を体現した
 木工品を生みだし、皆さんのお役に立つ・・・・・・。
 それが私たち木工師の使命であり、誇りなのです・・・・・・。」
木工師ギルド受付 コーグ
「Nikuqさん、こんにちは。
 ベアティヌ先生は、いつも貴方の話をしていますよ。
 あんなに嬉しそうな先生は、久しぶりに見ました。」