ゲヴァパターンの真実


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゲヴァパターンの真実

  • 依頼主 :ゲヴァ(グリダニア:旧市街 X12-Y7)
  • 受注条件:革細工師レベル40~
  • 概要  :革細工師ギルドのゲヴァが、何やら頭を抱えているようだ。

ゲヴァ
「はぁ・・・・・・まったく、
 忙しい時に限って厄介な依頼が来るんだから。
 アタシが「ゲヴァパターン」で仕立てた
 ボアスミスグローブHQの注文よ。
 どうせ「ゲヴァパターン」の意味も知らないくせに、
 こういう依頼が尽きないのよねえ・・・・・・。
 ご指名はありがたいけど、考えものだわ。
 ん? 「ゲヴァパターン」ってのは、何かって?
 あら、あんたには話してなかったっけ。
 ・・・・・・そうだわ、ちょうどいい。
 ちょっとあんた、この依頼に挑戦してごらんよ。
 「ボアスミスグローブHQ」を、
 今のあんたの「本気」で仕立てあげて、持ってきな。
 つべこべ言わずに、ほら、任せたわよ!」
ゲヴァにボアスミスグローブHQを見せる
ゲヴァ
「「ボアスミスグローブHQ」を、
 あんたの「本気」で仕立てて、持ってきな。」
(ボアスミスグローブHQを渡す)
ゲヴァ
「スミスグローブっていうのは、元々、
 鍛冶師のために作られたグローブを指すの。
 熱せられた金属を加工する鍛冶師の手元を、
 高熱から守るために、丈夫な革を使って作られたのが
 ボアスミスグローブHQ。
 ボアの革の特性は、以前、教えたわね?
 軽くて丈夫で、摩擦に強いということ。
 繊細な作業の妨げにならないよう、
 ボア革の軽さを活かし、標準的なグローブ・・・・・・
 5本の指が、独立して覆われる型に作られているのよ。
 よし、上出来ね。
 それじゃこれを、工芸「フェン・イル」にいる、
 依頼人のところに持っていきなさい。
 ・・・・・・ん?
 「ゲヴァパターン」じゃないことを心配してるの?
 大丈夫、分かりっこないし、それに・・・・・・
 ・・・・・・まあとにかく、届けてらっしゃい。
 職人が依頼人を待たすんじゃないわよ。
 帰ってきたら「ゲヴァパターン」の意味を教えてあげるわ。」
熟練の鍛冶師にボアスミスグローブHQを納品
熟練の鍛冶師
「革細工師ギルドの親方ゲヴァさんに、
 「ゲヴァパターン」の「ボアスミスグローブHQ」を
 頼んだんだ! ああ、楽しみだなぁ!」
(ボアスミスグローブHQを渡す)
熟練の鍛冶師
「おや、革細工師ギルドの職人さんかな。
 頼んでいた品を届けに来てくれたんだね!
 どれどれ・・・・・・
 おお、こ、これは・・・・・・なんて美しいグローブだ!
 はぁ・・・・・・さすがは「ゲヴァパターン」だ・・・・・・!
 ・・・・・・おや、どうかしたのかい、何か言いたそうだね?」
(本当のことを言う?)
(いいえ)
熟練の鍛冶師
「いやいや、そんな顔をされたら気になってしまうよ。
 報酬が足りない、それとも別のものがいい?
 さあ、なんでも言ってくれよ!」
(はい)
熟練の鍛冶師
「なになに・・・・・・えっ?
 このグローブは「ゲヴァパターン」じゃないって!?
 そ、そんな・・・・・・
 そんな・・・・・・ことは・・・・・・・・・・・・どうでもいいっ!
 僕は、この素晴らしいグローブに感動したっ!
 誰がどう作ったかなんて関係ないよ!
 それに・・・・・・実を言うと、僕「ゲヴァパターン」の意味を
 知らないまま頼んでしまったんだ。
 あはは、お恥ずかしい。
 このグローブが「ゲヴァパターン」でなかろうと、
 またとない逸品であることは、変わりないよ!
 僕は、それだけで満足さ!
 とにかく、この素晴らしいグローブを作ってくれた君に
 お礼を言わせてほしい。ありがとう!
 「ゲヴァ」さんにも、そう伝えてくれ。」
熟練の鍛冶師
「この素晴らしいグローブを作ってくれた君に
 お礼を言わせてほしい。ありがとう!
 ゲヴァさんにも、そう伝えてくれ。」
ゲヴァに報告
ゲヴァ
「ふふふ・・・・・・。「大丈夫」だったろ?
 じゃ、約束どおり、「ゲヴァパターン」の意味を教えよう。
 「ゲヴァパターン」ってのは、
 デザインでも模様でもない、型紙のとり方のことなのさ。
 1枚の皮を無駄なく使うために、アタシが考案した、ね。
 ・・・・・・昔、アタシの作ったトード革のカバンが流行ってさ、
 皆がいっせいに自分の真似をして、
 トードの乱獲が起きたことがあったんだ。
 生命を金に変えるような所作には腹がたったし、
 生命への敬意を忘れた品が、はびこるのが悲しかった。
 だからアタシは、「ゲヴァパターン」を考案した。
 この型紙のとり方じゃないと、
 アタシのカバンは作れないって言ってやったってわけ。
 お陰でトードの乱獲はおさまったけど、
 代わりに、いつのまにか名前が一人歩きしちゃってねぇ。
 いろんな誤解が生まれたのさ。
 いいかい、本当にいい品っていうのは、
 デザインや、型紙で決まるものじゃない。
 使い手への思いやりと生命への敬意よ。
 ・・・・・・Nikuq。
 あんたは、いい革細工師になったね。
 でも、気を緩めるんじゃないよ。
 職人は一瞬一瞬が勝負なんだ。
 もしも半端なものを作ったら、
 アタシが「無駄なく隅々まで」なめしてやるからね!」