フェン・イルと革細工師


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フェン・イルと革細工師

  • 依頼主 :ゲヴァ(グリダニア:旧市街 X12-Y7)
  • 受注条件:革細工師レベル10~
  • 概要  :革細工師ギルドのゲヴァは、冒険者に彼女の仕事を手伝ってもらいたいようだ。

ゲヴァ
「へえ、少しは腕を上げたみたいじゃない。
 ちょっと、私の仕事の手伝いをしてくれない?
 ああその前に、念のために聞くけど、
 あんた、「フェン・イル」は知っているわよね?」
(「フェン・イル」を知ってる?)
(知ってる)
ゲヴァ
「そうよねぇ。あんたみたいな疎そうな冒険者でも、
 エオルゼアに名を馳せる一大革細工ブランド
 「フェン・イル」くらいは知っているわよねえ。」
(知らない)
ゲヴァ
「・・・・・・・・・・・・はあ、そう。
 あんたみたいな、いかにも疎そうな冒険者なら
 あり得なくもない、とは言え・・・・・・
 まさか、いち革細工師でありながら、
 エオルゼアに名を馳せる一大革細工ブランド
 「フェン・イル」を知らないなんて・・・・・・まあ、いいわ。」
ゲヴァ
「で、その一流ブランド店の
 工芸「フェン・イル」に品を卸しているのが、
 ほかでもないウチの革細工師たちなんだけど・・・・・・
 この間、急に大量発注の依頼が入ってね。
 素材の「ハードレザー」が足りなくなってしまったのよ。
 どうにか調達しようと頭を悩ますアタシ・・・・・・
 そこに現れたのが、新米、駆け出し、
 使いっ走り革細工師の、あんた。
 もう、わかったわよね?
 「ハードレザー」を1ダース。
 そう、きっかり12枚こしらえてらっしゃい。
 頼んだわよ!」
ゲヴァにハードレザーを納品
ゲヴァ
「「ハードレザー」を1ダース。きっかり12枚よ。」
(ハードレザーを渡す)
ゲヴァ
「あら、この「ハードレザー」・・・・・・
 ・・・・・・驚いた、よくできてるわ。
 「ハードレザー」は、皮を煮詰めて硬化させたもの。
 なめした革と比べると加工は難しいけど、
 そのぶん強度と耐久性に優れているでしょう?
 特に強度が要求される防具には、
 このハードレザーの性質が必要不可欠なのよ。
 あんたのこの「ハードレザー」は
 求められた性質をしっかり理解して作られてる。
 これなら、文句なし、ええ、ぴったりよ
 ギルドの新入りの、「練習素材」に!
 あら? どうしたの?
 もしかして、あんたのハードレザーを
 「フェン・イル」の品に使うとでも思った?
 やぁねえ。フェン・イルに品を置けるのは
 アタシが認めた、ギルド屈指の職人だけ。
 あんたの品なんて、素材だろうと置けたもんじゃないわ。
 確かに在庫は足りなくなったけど、
 発注のあった品の分は、なんとか工面したわよ。
 代わりに練習用の素材が足りなくなって困ってたの。
 そんなに、凹まないでちょうだい。
 新米の練習に使う素材を作ったってことは、わかる?
 あんたはもう新米じゃないってこと。
 あんたは初めてこのギルドに来た時から、着実に成長してる。
 この調子で腕を磨けば、きっといつかは・・・・・・
 ・・・・・・遠い未来、アタシの孫の曾孫から
 靴底の製作くらいは頼まれるようになると思うわ!
 ああ、頼まれるといえば、そうね。
 そろそろアタシ以外の誰かの依頼をこなすことにも
 慣れておくといいかもしれないわね。
 冒険者ギルドのゴントランから
 製作稼業のギルドリーヴを紹介してもらったらどうかしら。
 きっと、いい特訓になるわよ。
 腕を上げたら、また顔を見せてね。
 できれば、アタシが生きてるうちに。
 それじゃ、引き続き鍛錬に励んでらっしゃい。」