いさおしき者たること

いさおしき者たること

  • 依頼主 :イウェイン(グリダニア:旧市街 X14-Y5)
  • 受注条件:槍術士レベル25~
  • 概要  :槍術士ギルドマスター、イウェインは、冒険者を、ある人物に会わせようとしているようだ。

イウェイン
「よう、一段と腕を上げたようじゃねえか。
 次の試練に挑む準備は万端か?
 お前は、茨の森の試練を突破し「勇気」の意味を掴んだ。
 今回の試練は、その「勇気」を3人の槍術士に示し、
 認めてもらうことだ。
 3人の槍術士とは、
 お前と同じくこのギルドで学び、槍を極めた者。
 お前の先輩にあたる槍術士たちだ。
 「勇気」を最も知る者に「勇気」を認めてもらう。
 そうやって、俺たち槍術士は一人前になる。
 ひとり目の槍術士は、
 東部森林「アマリセ監視哨」にいる「マテオミ牙軍曹」だ。
 グリダニアの第一線を守る、冷静沈着な槍術士。
 鍛えぬかれた目に、勇気を認めさせることができるか?
 さあ、行ってきな。」
アマリセ監視哨のマテオミ牙軍曹と話す
マテオミ牙軍曹
「君が噂の槍術士だね。
 私は双蛇党の衛士、マテオミ。
 このアマリセ監視哨で衛士たちの監督をしている。
 なるほど、それなりに腕は鍛えているが、
 まだまだ経験は浅いと見える。
 この世界は広い。
 戦い慣れた鬼哭隊の衛士でも、惑わされる敵がいる。
 古の強者ですら、心乱される敵がいる。
 いっぱしの槍術士を自負するのなら、
 ひとつ、強敵との戦いを制してもらおう。
 この「六識の鮮血」を、北の大樹に仕掛けるんだ。
 森の中に身を潜め、獲物を待つ牙が君に襲いかかる・・・・・・
 さあ、心を乱されることなく戦えるかな?」
マテオミ牙軍曹に報告
マテオミ牙軍曹
「よく戻ったね。
 君の見事な槍さばき、見せてもらったよ。
 ブラッドバットは、
 素早く派手な動きで敵を撹乱する。
 奴らの攻撃をやり返すのは、至難の業だったろう。
 まだまだ荒削りだが、その「勇気」は見事なものだ。
 イウェインが目をかけるのも頷ける。
 このマテオミ、君の「勇気」を認めよう。
 さあ、次に君が向かうべきは、
 南部森林の酒房「バスカロンドラザーズ」。
 店主の「バスカロン」を訪ねるんだ。
 彼は、昔から独自の考えを持つ槍術士だった。
 槍を置いた今でも、彼の助言を求め
 酒場を訪ねる者は多い。
 かく言う私もそのひとりさ。
 彼との出会いは、きっと君の槍を高みへと導くだろう。」
バスカロンドラザーズのバスカロンと話す
バスカロン
「お前が噂の槍術士だな?
 そろそろ来ると思っていたぜ。
 俺はバスカロン。
 ひと昔前は、槍術士として街道の哨兵をしていた。
 ま、今は見てのとおり、一介の酒場の店主だがな。
 俺に「勇気」を認めさせに来たんだろ?
 それじゃ、この「フルフラワーの蜂蜜酒」を受け取りな。
 そいつを、ここから南の岩間にある
 「ミスタルの槍」に捧げてこい。
 戻ってきたら、面白い話を聞かせてやろう。」
バスカロンに報告
バスカロン
「「ミスタルの槍」に蜂蜜酒を捧げてきたようだな。
 それじゃ約束通り、話を聞かせてやろう。
 「ミスタルの槍」は、
 初代槍術士ギルドマスター「ミスタル」の
 「勇気」に敬意を表して築かれた場所だ。
 ミスタルは、まさに「勇気の塊」のような男だったと言う。
 優れた槍術士だった彼は、槍術の真価を発揮するのが
 「勇気」であると気づいた。
 そして、「勇気」を磨くには
 グリダニアの槍術だけでは不十分であり、
 森の外の技も受け入れるべきであると説いたんだ。
 だが、これは、古いグリダニアの姿勢に反するものだった。
 かつてのグリダニアは、余所者を忌避し、
 罪人のように扱っていたからな。
 ミスタルはこの姿勢を、
 不確かなものへの「不安」だと言った。
 そして、不安は勇気を鈍らせるとも。
 ミスタルは、グリダニアの反対を押し切り、
 グリダニアの外からも腕利きの槍術士を迎えた。
 そうして「勇気」の術を磨きあげたのさ。
 槍術士ギルドは、まさに、
 ミスタルの「勇気」によって創られたギルドと言える。
 俺たち槍術士は、ミスタルの意志を受け継いだ者。
 槍術士である限り、お前が腹に据えた「勇気」を
 忘れるんじゃないぞ。
 ハハハ! わざわざ証明してもらうまでもねぇ。
 お前が槍術に懸ける「勇気」、ここに来た時から
 わかってたことだ。
 俺の役目はこれで終いだ。
 3人目の槍術士は、北部森林「フォールゴウド」の
 宿屋にいる。「ヴォクレール」を訪ねるんだ。
 あいつとは、若いころはよくやりあったが、
 結局決着は付かずじまいだったな・・・・・・。
 あいつを頷かせるのは簡単じゃあねえだろうが、頑張りな。」
フォールゴウドのヴォクレールと話す
ヴォクレール
「お前が件の冒険者だな。
 俺はヴォクレール、お前と同じ冒険者あがりで、
 雇われの用心棒をしている。
 槍術士としての「勇気」を見せに来たか。
 いいだろう、手加減なく試させてもらうぜ。
 どれほど鍛えた槍術士でも心が揺れ動いてしまう瞬間、
 それは、相手に「変化」が起きた時・・・・・・。
 戦いの途中で、姿形や立ち振る舞いに「変化」があると、
 そのことに思考を奪われ、槍が鈍ってしまう。
 お前の「勇気」で「変化」を制してみせな。
 お前の相手は「レッドバルーン」。
 猛る炎に呼び寄せられ、姿を現す魔物だ。
 まずは魔物「バルーン」を狩り、
 「バルーンの小指」を手に入れろ。
 これを「焚き火跡」に使って火を熾せ。
 怒りと共に燃え上がる「レッドバルーン」の業火・・・・・・。
 さあ、お前は動じることなく戦えるか?
 見せてもらうぜ。」
ヴォクレールに報告
ヴォクレール
「レッドバルーンの炎に動じることなく戦ったか。
 フン。槍術士ならこの程度、当然だな。
 相手がどんな変化を見せようと、
 手を止めることなく、着実に進み続けろ。
 それは戦いでも鍛錬でも同じ、それが「勇気」だ。
 ・・・・・・何を突っ立ってる。
 お前の「勇気」を認めてやると言ったんだ。
 まだまだひよっこだがな。
 俺たちに並べるよう、精々鍛錬に励むことだ。
 さっさとイウェインの野郎に報告しに行くがいい。
 ああ、ついでに・・・・・・
 たまにはバスカロンの酒場に顔を出せ、と伝えておけ。」
槍術士ギルドのイウェインに報告
イウェイン
「無事、3人の槍術士から
 「勇気」を認めてもらうことができたようだな。
 もう、俺がとやかく言う必要もあるまい。
 これから先は、戦いの経験がお前を鍛え上げるだろう。
 試練とは、相応しき時に降りかかるもの。
 苦難が立ちはだかった時は、お前の成長の時だ。
 俺からの指導は終いだが・・・・・・
 最後にもう一度だけ、このギルドを訪れてもらいたい。
 この俺が、お前の「勇気」を見せてもらうためにな。
 腕を磨き、ギルドを訪れろ。
 次にお前に会う時を、楽しみに待っているぜ。」
  六識の鮮血:六識網のものと思しき血液。不思議と固まらない
  フルフラワーの蜂蜜酒:酒房の店主バスカロンから渡された酒
  バルーンの小指:熱を放つバルーンの小指