一枚の可能性

一枚の可能性

  • 依頼主 :ゲヴァ(グリダニア:旧市街 X12-Y7)
  • 受注条件:革細工師レベル1~
  • 概要  :革細工師ギルドへの入門を認められた冒険者。受け取ったナイフを装備して、ゲヴァに声をかけよう。

ゲヴァ
「ちゃんとナイフを装備したようね。
 ナイフは革細工師にとって、なくちゃならない道具。
 くれぐれも大切に扱いなさい。
 それじゃ道具も装備したことだし・・・・・・
 さっそくだけど、あんたの腕を試させてもらおうかしら。
 「レザー」を1枚、作ってごらんなさい。
 「レザー」の材料は、「柔らかな粗皮」よ。
 ああ、先に教えておくけど、
 「柔らかな粗皮」はギルドの受付の横にいる
 オスギスが売ってるから、彼女から購入できるわ。
 それから、製作には「シャード」も必要よ。
 今回なら「アースシャード」ね。
 これも忘れずに調達しておくのよ。
 これだけ説明したんだから、
 材料が見つからなくて作れません、
 なんて言って泣きついてこないでね。
 はいそれじゃ頑張って。
 あんたがどんな「レザー」を作ってくるのか・・・・・・
 ま、期待しないで待ってるわ。」
ゲヴァにレザーを納品
ゲヴァ
「「レザー」を1枚、作ってごらんなさい。
 材料の「柔らかな粗皮」は、ギルドの受付の隣にいる
 オスギスから購入できるわよ。
 あんたがどんな「レザー」を作ってくるのか
 まあ、期待しないで待ってるわ。」
(レザーを渡す)
ゲヴァ
「ふーん・・・・・・へぇー・・・・・・
 これがあんたの作った「レザー」ねぇ。
 まあ、悪くはないんだけど、
 処理も荒いし、なめし方も不十分だし、
 使える部分を見つける方が大変なくらい。でも・・・・・・
 Nikuq
 あんた、革細工の才能、あるわよ。
 そりゃあもう・・・・・・
 この「レザー」の、使える部分と同じくらいには。
 あら、一応、褒めているのよ?
 ちゃんと一枚の「命」と向きあってモノを作り上げた。
 ウチの革細工師の精神、わかってはいるみたいね。
 場合によっちゃ今からでも叩き出そうと思ってたけど、
 真面目にモノを作る気はあるみたいだし。
 指導はしてあげるから、ウチの革細工師として頑張んなさい。
 あ、あんたの練習まで付き合わないわよ?
 そのナイフを使って、しばらく自分で鍛錬してきなさい。
 一から十まで言われなくたって、あんたならできるでしょう。
 もう少し腕を上げたら、また顔を出しなさい。
 使いっ走りくらいなら、させてやらないでもないわ。」