ナルザルの双剣

ナルザルの双剣

  • 依頼主 :ミラ(ウルダハ:ザル回廊 X9-Y12)
  • 受注条件:剣術士レベル30~
  • 概要  :剣術士ギルドのミラは何やら慌てているようだ。

ミラ
「Nikuq Niuniu! まっていたぞ・・・・・・!
 先程、知らせがあって・・・・・・。
 ア、アルディスが法務庁に・・・・・・逮捕された・・・・・・。
 アルディスにかかった容疑は、
 「ナナモ女王陛下暗殺未遂」。
 王宮に忍び込み、酒宴の杯に猛毒を仕込んだと・・・・・・。
 バカバカしい! アルディスに動機はなく、
 そもそも「ナルの剣」の異名を持つ剣士が、
 暗殺に毒など使うものか!
 アルディスを暗殺で始末できないと悟り、
 「アラクラン」が裏で権力を動かしたんだ!
 共和派の権力者どもにとりいったに違いない。
 情報屋の・・・・・・「ワイモンド」といったか?
 仕方がない。アルディスの冤罪を証明するための証拠探し、
 奴にすがってみるしかなさそうだ・・・・・・。
 私はどうしてもアルディスを見捨てられない・・・・・・。
 頼む! どうか、手を貸してほしい!
 ワイモンドから、情報を聞き出してくれ!」
エーテライトプラザのワイモンドと話す
ワイモンド
「よぉ、アンタか・・・・・・聞いたぜ・・・・・・アルディスの話。
 まったく・・・・・・アイツもバカな男だ・・・・・・
 まるで、死に場所を探してる亡霊じゃねえか・・・・・・。」
(教えてください・・・・・・)
(7年前の「過去」って?)
(アルディスって・・・・・・何者?)
ワイモンド
「・・・・・・俺が知ってるのは、「7年前の事件」に、
 あの男が、深く関わっているということだけだ。
 7年前のコロセウムで、ウルダハ全体を揺るがす
 巨額不正事件があったんだ・・・・・・八百長ってやつさ。
 知ってのとおり、剣闘はウルダハの国民的な娯楽。
 その試合は賭博の対象として、何億ギルもの金が動く。
 その事件で、スネに傷のある連中が芋づる式に摘発された。
 そして最終的にこの巨大不正事件は、一人の男の死と、
 一人の剣闘士のコロセウム永久追放という
 結末によって幕を閉じたんだ・・・・・・。
 死んだ男というのは、先代の剣術士ギルドマスター。
 つまりは、現マスターであるミラの父親。そして・・・・・・、
 言うまでもないな? 追放されたのがアルディスさ。
 アルディスは、不正事件のすべての罪を被せられ、
 剣闘士界からその存在を完全に抹殺された・・・・・・。
 ・・・・・・真相は闇の中さ。
 なんだよ、お前のそのツラは・・・・・・。
 お前はやつが無実だと思ってる、今回も陰謀だ、とな。
 俺に手伝えって顔をしてやがる。
 ちっ・・・・・・あ~ァ、わかったよ!
 手がかりは「女王暗殺未遂」に使われた凶器、
 「ラールガーの胆汁」って名の猛毒だ。
 ザナラーンで、そんな物騒なモンを調合できるのは、
 墜ちたアラミゴ軍残党「骸旅団」くらいのもんだろう。
 ・・・・・・俺が言えるのはここまでだ。
 アルディスには昔、借りがあってな。
 なあに、くだらねえ女の話さ・・・・・・。
 じゃあな、お互い生きてたら、また会おうぜ。」
放浪者の埋葬地で毒薬の取引明細を入手
放浪者の埋葬地でラールガーの胆汁を入手
剣術士ギルドのミラに証拠品を渡す
ミラ
「大変なんだ! アルディスの身柄が、
 法務庁から司法官に引き渡された!
 今日にでも死刑が執行されてしまうッ!」
(毒薬の取引明細とラールガーの胆汁を渡す)
ミラ
「こ、これは・・・・・・
 「ラールガーの胆汁」と「毒薬の取引明細」か!
 これがあれば、アルディスの冤罪が証明できる!
 時間がない! この証拠品をもって大至急、
 「ハイブリッジ」へ急いでくれ!
 死刑執行官の司教にこれを渡すんだ!」
ミラ
「急げ! Nikuq! 時間がない!
 処刑場は「ハイブリッジ」だ!」
ハイブリッジのナル・ザル教団の司教に証拠品を渡す
慌てた剣術士
「急げッ! アルディスさんが処刑されちまうッ!
 処刑場は橋の下だ! そこの階段から行けるぜッ!」
ナル・ザル教団の司祭
「罪人アルディスよ!
 許しがたき国家反逆罪に対し、罪人を極刑に処し
 今、ここに死刑を・・・・・・って、なんだ貴様?」
(毒薬の取引明細とラールガーの胆汁を渡す)
ナル・ザル教団の司祭
「何だ? これは・・・・・・
 「ラールガーの胆汁」・・・・・・?
 その「毒薬の取引明細」・・・・・・だと?
 ふはは・・・・・・残念だが、こんなものでは
 罪人の冤罪は証明できんぞ。
 砂金より価値あるものなし・・・・・・だ!」
アルディス
「Nikuq、ありがとうよ。
 あの世で美女と戯れるのも悪くないと思ってたが、
 どうやら、この世も捨てたモンじゃないらしい。」
ナル・ザル教団の司祭
「罪人は口をきくなッ!
 おい! 早く死刑執行をッ・・・・・・!
 ヒッ!」
ミラ
「アルディスッ!」
アルディス
「やれやれ、お転婆娘にも困ったもんだ。
 色男は死ぬのも一苦労だな。
 ナルだかザルだか知らねェが、
 神様ってやつに、えらく嫌われちまったなァ。
 天国行きの予約席に空きができたぜ。誰か代わりはいねェか?」
ナル・ザル教団の司祭
「ひ、ひいいいッ!」
ゴトゥイン
「なに、死刑執行のスケジュールは変わらねェさ。
 少しばかし死体が増えるだけだ!」
アルディス
「ようやくお出ましか・・・・・・。」
リーヴォルド
「アルディス・・・・・・やはりお前は直接始末すべきだったな。
 さあこの「ザルの剣」で、お前の血をすするとしよう。」
アルディス
「よしてくれよ、男に吸われる趣味はねェ。
 だが・・・・・・「ナルの剣」も、お前の血が欲しいってよ!
 あいつは俺にまかせろ!
 お前はミラの加勢を頼む!
 死ぬなよ、Nikuq!」
剣術士ギルドを助け「アラクラン」を倒せ
ナルの剣 アルディス
「Nikuq、早く橋の上に来るんだ!」
剣戟のミラ
「Nikuq、こっちだ。今より攻勢に転じる!」
「気をつけろ! 敵の幹部は呪術士だ!
 得体の知れぬ魔法を使うぞ!」
ナルの剣 アルディス
「こ、これは、ヴォイドの妖異だと!?
 禁忌の・・・・・・召喚魔法かッ!?」
「Nikuq、気をつけろよ!
 妖異の一撃をくらったらひとたまりもないぞ!」
背徳のゴトゥイン
「ぐ、ぐああああッ!」
(剣戟のミラ
「戦神ハルオーネよ、
 我が忠義を大盾と成せ!」
ザルの剣 リーヴォルド
「どうした、その程度かアルディス!」
ナルの剣 アルディス
「貴様を倒す!
 俺の命にかけてもなッ!」
「くらえ! リーヴォルドッ!」
「オラァ!」)
(失敗時)
ギルドの熟練剣術士たち
「ぐ、ぐああああッ!」
「ミラさん、すみません・・・・・・。」
ミラ
「アルディス・・・・・・!」
リーヴォルド
「死ねッ! アルディスッ!!」
アルディス
「リーヴォルド・・・・・・。」
リーヴォルド
「くッ・・・・・・・・・・・・よるなッ!
 お前は・・・・・・お前にだけはッ・・・・・・。
 ・・・・・・・・・・・・「勝利」だ!
 このウルダハでは、勝利こそがすべて・・・・・・!
 勝者はすべてを得、敗者はすべてを失う・・・・・・。
 7年前・・・・・・お前は俺からすべてを奪った!
 あの試合・・・・・・互角だったはずの試合・・・・・・
 たった一度、たった一度の敗北ですべてをッ!!
 だから・・・・・・俺も奪ってやったのだ!
 お前から・・・・・・すべてを!
 名声も、愛する者も、すべてッ!!
 アルディス! 我こそが勝者!
 我が剣こそが「最強」なのだ!」
アルディス
「「最強」の剣のいきつく果ては、
 決して「勝利」なんかじゃない。
 それがわからないから、お前は・・・・・・。」
リーヴォルド
「・・・・・・ならば敗者の末路を教えてやる。
 ザル神の元で、お前を待っているぞ・・・・・・アルディスッ!」
アルディス
「リーヴォルドォォォォォッ!
 バカ野郎・・・・・・
 俺は死んだって、神様の元なんざいかねェよ・・・・・・。」
ミラ
「帰ろう、ギルドへ。
 仲間が待っている・・・・・・。」
剣術士ギルドのミラに報告
ミラ
「Nikuq、怪我はなかったか?
 今回の戦いに勝てたのは、お前のお陰だ。
 感謝している、本当にありがとう。」
アルディス
「Nikuq、強くなったな。
 俺の目に狂いはなかった。
 お前は誰もが認める立派な剣術士さ。」
ミラ
「アルディス、やはり行くのか・・・・・・
 心変わりはしないんだな?」
アルディス
「ああ。リーヴォルドが死に、
 もはや俺を縛りつけるものはなくなった。
 ウルダハの美女と会えなくなるのは悲しいが、
 何、エオルゼアには、それ以上の上玉はわんさかいるぜ。」
ミラ
「・・・・・・アルディス、お願いだ・・・・・・。」
アルディス
「おっと! その後を言うのはナシだぜ、ミラ。
 俺は追放された元剣闘士、剣術士ギルドとは無関係。
 ・・・・・・それがお互いのため、いちばんいい選択なんだ。
 まあ、俺様が引き留めたくなるくらい
 イイ男だってのは、よ~くわかるんだけどよ!」
ミラ
「・・・・・・バカ。
 死んでナル神とザル神に、心を入れ替えて貰え。」
アルディス
「ははっ。ありがとよ。
 前にも言ったろ?
 その言葉は男にとって、最高の褒め言葉だってな。
 あばよ、ミラ。
 いい女になれよ。
 Nikuq。
 餞別に、お前にひとつ技を伝授してやろう。
 「シールドスワイプ」、
 盾の一撃で敵の体勢を崩し、動きを封じる。
 コロセウム時代の俺が得意とした技だ。
 7年前、八百長を持ちかけられたのを断り、
 試合でリーヴォルドを倒した技でもある・・・・・・。
 ま、試合自体揉み消されちまって、このザマだが。
 しかし、こいつは「信念」の証となる技。
 未だその目に、信念の炎を燃やす、
 お前にこそ、この技はふさわしい。
 あらゆる困難から仲間を守り、あらゆる敵に立ち向かう、
 その強い信念と意思こそ「最強の剣」・・・・・・。
 さあて、行くか。
 あばよバカども。達者でな。」
ミラ
「・・・・・・・・・・・・心配するな。
 泣いてなんか、いない!
 ・・・・・・私はもっと強くならないといけないな。
 ギルドマスターとしても、剣術士としても・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・・何をつっ立っている!?
 サボるな! さっさと剣の稽古を続けろ!
 剣の道は、まだまだ果てしなく続いている。
 私もお前も、まだその道の第一歩を
 踏み出したに過ぎないのだ。
 我ら剣術士ギルドの剣はァーッ!」
剣術士一同
「最強ォォオオオオオオッーッ!」
ミラ
「む、Nikuqじゃないか!
 剣術士ギルドに顔を出すとは、どういう風の吹き回しだ。
 ちゃんと剣の鍛錬に励んでいるか?」
(何を聞く?)
(近況について)
ミラ
「最近調子はどう・・・・・・だと? 気安く話しかけるなッ!
 お前も私も、厳しい剣の道を歩む若輩者同士。
 馴れ合いなど、この剣術士ギルドには必要ないのだッ!
 ・・・・・・とは言っても、お前がギルドに顔を出してくれて・・・・・・
 嬉しい・・・・・・と思っている。
 ・・・・・・っと、勘違いするなよ!?
 良き練習相手がいて、稽古がはかどるという意味だッ!
 日々の鍛錬を怠り、剣が錆びていたら承知しないからな!」
(「剣術」とは何か?)
ミラ
「・・・・・・そんな質問、お前にとっては愚問だろう?
 まぁ、聞きたいなら教えてやろう。
 「剣術」とはその名の通り、剣を武器に戦う術だ。
 剣はこのエオルゼアで、最も一般的な武器。
 だからこそ、戦いの道を進むと決めた者なら、
 誰でも一度は剣をとるだろう。
 見果てぬ夢を叶えるため・・・・・・。
 剣術士ギルドは、その夢を現実にするための場所。
 元はコロセウムで戦う「剣闘士」のギルドであり、
 多くのチャンピオンを輩出してきた歴史を持つ。
 剣闘士に求められること、
 それは、観客たちを熱狂させる勇壮な剣さばき、
 そして華麗なる勝利!
 そのために、剣術は「魅せる剣」として
 古来より、このウルダハで発展を遂げてきた。
 「盾」を装備し、相手の攻撃を受け流す。
 そして、相手の攻撃にじっと耐え、
 起死回生の必殺技で逆転する!
 勇壮にして華麗・・・・・・それこそが「剣術」。
 お前もより一層の努力を積めば、夢に手が届くかもしれんぞ?
 そう、「ナルザルの双剣」と呼ばれたアイツたちのように・・・・・・。」
剣術士ギルド受付 ルルツ
「はいは~い! こちらは剣術士ギルドですぅ!
 Nikuqさんのおかげで、
 剣術士ギルドも、一段と結束が固まった気がしますぅ!
 ミラさんもなんだか、張り切ってるし~。
 こりゃ、ギルド所属の剣闘士さんたちも白星が増えて、
 賞金ガッポガポ、ウッハウハですぅ~!」
  毒薬の取引明細:ラールガーの胆汁を骸旅団から受け取った取引を示す証明書
  ラールガーの胆汁:アラミゴ王が暗殺のために使ったといわれる劇薬