恋愛トンチンカン

恋愛トンチンカン

  • 依頼主 :レドレント・ローズ(ウルダハ:ザル回廊 X14-Y13)
  • 受注条件:裁縫師レベル35~
  • 概要  :裁縫師ギルドのレドレント・ローズは、冒険者に仕事を紹介したいようだ。

レドレント・ローズ
「・・・・・・いらっしゃい、
 あなた宛に仕立ての注文が
 ひとつあるんだけど、引き受ける?
 依頼者はワワルッカちゃんよ。
 理由は・・・・・・まあ、わかるわよね?
 ココモちゃんに会いに行くための服が欲しいんだって。
 「ワワルッカ」ちゃんは、採掘師ギルドにいるから、
 行って、詳しい注文内容を聞いてきてちょうだい。
 乗りかかった船だと思って、付き合ってあげて。」
ワワルッカと話す
ワワルッカ
「よう、あんたか!
 この間は、せっかくゲイターを作ってもらったけど
 話すどころか、不審者扱いで追い出されちまったよ!
 でも、ちらっと見えたココモさん・・・・・・かわいかったなあ。
 実は、彼女のオヤジさんのやってる宝石店が
 原石の納品先のひとつでさ。
 店で商売の邪魔をしてたならず者を
 偶然、俺が取り押さえたんだけど、ボコボコにされてな。
 そのとき、俺の手当してくれたのが、ココモさんなんだ!
 間近で見た彼女は、まつげがうーんと長くって・・・・・・
 笑ったら、もっと綺麗なんだろうなって思ったら、
 もう、どうしようもないくらい好きになってたんだ。
 一回追い返されたくらいで、へこんでられねえ!
 もう一度、彼女のとこへ行くつもりなんだが・・・・・・
 あの格好じゃ店に入れないから、別の服を作ってほしい。
 今度は「リネンシャツHQ」を1着、作ってくれ。
 最近、流行ってるって、酒場で聞いたんだ。
 俺の一世一代の恋なんだ。頼む・・・・・・協力してくれ!」
レドレント・ローズにリネンシャツHQを納品
ワワルッカ
「「リネンシャツHQ」を1着、作ってくれ。
 最近、流行ってるって、酒場で聞いたんだ。
 俺の一世一代の恋なんだ。頼む・・・・・・協力してくれ!」
レドレント・ローズ
「今度は「リネンシャツHQ」でしょ?
 ハーネスよりは失敗しない服だけど・・・・・・大丈夫かしら。」
(リネンシャツHQを渡す)
レドレント・ローズ
「じゃあ、早速ワワルッカちゃんに、着てもらいましょう!」
ワワルッカ
「ふうん・・・・・・これは、いいな!
 着心地がいいし、風通しもいい。
 こんなに上等なシャツが、あるんだなあ!」
レドレント・ローズ
「ちょっと・・・・・・ワワルッカちゃん・・・・・・?
 その帽子はどこから持ってきたの?」
ワワルッカ
「これか?
 取引先の彫金師の兄ちゃんがくれた!
 なんか頭良さそう・・・・・・に、見えるからってさ。
 サブリガは、採掘仲間のお勧めだ。
 男の魅力は、きゅっと引き締まった「美尻」にあるってさ!
 あと、この手甲と靴は甲冑師の友達から教えてもらった。
 このトゲトゲが格好いいって、今一番の売れ筋なんだろ?
 へへっ、どうだ?
 格好よくて、頭良さそうに見えるだろ?!
 これだけ、格好いい格好をしてれば大丈夫だろ!
 じゃあ俺、行ってくるぜ。」
レドレント・ローズ
「良い物を混ぜればいいってもんじゃ
 ないわよおおおおおっ・・・・・・!
 もう、あの子は何なのっ!
 周りから愛されてるのはいいことよ!
 みんな、それぞれは善意でしょうよ!
 でも・・・・・・全部あわせたら
 ヘンテコってことぐらい、気づいて!!
 はあ・・・・・・
 また話もできずに追い返されるんじゃないの・・・・・・?」