恋する男の一大決心

恋する男の一大決心

  • 依頼主 :レドレント・ローズ(ウルダハ:ザル回廊 X14-Y13)
  • 受注条件:裁縫師レベル30~
  • 概要  :裁縫師ギルドのレドレント・ローズは、とても機嫌が悪いようだ。

レドレント・ローズ
「何よ私はそんな依頼うけないからねっ!
 あ、あらら・・・・・・Nikuqちゃん
 あなただったの?
 ごめんなさいね、
 ちょっと厄介なお願いをされて気が立ってたの。
 そうだわ、あなたに縁のない話でもないし
 この依頼はあなたにお願いしましょ。
 「ワワルッカ」ちゃんを覚えてる?
 前に、スカーフとスロップを納品した採掘師よ。
 あの子が服を作ってほしいって言ってるの。
 「採掘師ギルド」にいると思うから
 行って話だけでもきいてあげてちょうだい。」
ワワルッカと話す
ワワルッカ
「ああ、あんたか、
 俺の依頼を引き受けてくれるんだな!
 早速だがベルベティーンゲイターHQを作ってくれ。
 へへっ、実はさ、好きなコができたんだ。
 しかも一目惚れってやつでさ・・・・・・。
 とにかく彼女と話したい、って思ったんだけど
 ほら、俺ってずっと作業服しか持ってなかっただろ?
 こんなぼろぼろの格好じゃ前に立つこともできないからさ。
 「ベルベティーンゲイターHQ」をひとつ頼む。
 今までの稼ぎをコツコツためてきたから
 金はちゃんと支払えるぜ。
 な、頼むよ!
 俺の人生がかかってるんだ!」
レドレント・ローズにベルベティーンゲイターHQを納品
ワワルッカ
「「ベルベティーンゲイターHQ」をひとつ頼む。
 俺の人生がかかってるんだ!
 な、頼むよ!」
レドレント・ローズ
「上質な「ベルベティーンゲイターHQ」でしょ?
 ワワルッカちゃんから話はきいてるわ。
 ちゃっちゃと納品してちょうだい。」
(ベルベティーンゲイターHQを渡す)
レドレント・ローズ
「早速ワワルッカちゃんに
 ベルベティーンゲイターHQを着てもらいましょうか。」
ワワルッカ
「いやあ、こんな華奢な靴はいたの初めてだよ。
 はいてみると案外歩きやすくて気持ちいいもんだな。
 採掘現場ではいたら一発で破けそうで怖いけど!」
レドレント・ローズ
「・・・・・・ワワルッカちゃん?
 その上着はどうしたの!?」
ワワルッカ
「ああ、死んだオヤジの一張羅引っ張りだしてみた!
 身だしなみも整えたし、ココモさんに告白してくるぜ!
 作ってくれてありがとうな!」
レドレント・ローズ
「一張羅って・・・・・・ワワルッカちゃん、
 ちょっと待ってえええええ!
 どうしてそこでハーネスを合わせるのよ・・・・・・
 あんなに上品なゲイターなのに・・・・・・!
 はあ・・・・・・ご苦労だったわね。
 あの子、宝石商の娘のココモちゃんに
 一目惚れしちゃったみたいなのよ。
 好きな子に告白するために
 身だしなみを整えようって思ったのはいいんだけど・・・・・・
 服装のことなんて全然わかってないのに
 むやみやたらと色々な服を着るせいで
 変な格好になっちゃっててねえ。
 ・・・・・・あれはフラれるわね。
 っていうか、そもそも店に入れてもらえるのかしら。」