彼女のためのドレス

彼女のためのドレス

  • 依頼主 :レドレント・ローズ(ウルダハ:ザル回廊 X14-Y13)
  • 受注条件:裁縫師レベル25~
  • 概要  :裁縫師ギルドのレドレント・ローズはとても忙しそうだ。

レドレント・ローズ
「うーん・・・・・・
 下手な職人には任せられないわよねえ・・・・・・
 あらやだ! あなた、ギルドに来てたの?!
 いやーん、私ってば運がいいわ!
 お願い、仕事を手伝って!
 お得意様の宝石商からドレスの注文を受けたんだけど、
 丁度他の依頼の対応で職人がみんな忙しくってね。
 私ひとりじゃちょっと手が回らないの。
 まずはどんな布地がいいか、
 依頼者の「ババワイ」さんから聞いてきて!
 今なら「ゴールドコート」にいるはずよ。
 一緒にいるお嬢様の「ココモ」ちゃんの希望も聞いてね、
 ドレスを着るのはババワイさんじゃなくて彼女だから。」
ココモと話す
ココモ
「はい、何でしょうか?
 裁縫師ギルドの職人さんですか、
 お父様ったら、またドレスを注文したのね。
 私はいいって言ったのに・・・・・・。
 ドレス布地は何でもかまいません。
 どうせ・・・・・・お父様の満足のために作るものですから。」
ココモ
「裁縫師さん、よろしくお願いします。
 ドレス布地は何でもかまいません。
 どうせ・・・・・・お父様の満足のために作るものですから。」
ババワイと話す
ババワイ
「ワシがババワイだが、何の用だ?
 レドレント・ローズのところの職人か、
 そうそう、娘のためのドレスを作ってほしいのだ。
 宝石商の娘がみすぼらしい格好をしていては
 客に信用してもらえんからな。
 上質なものを頼むよ。
 そうだな・・・・・・上品な光沢のあるものがいい。
 だが下品にテカテカしていたら承知せんぞ。
 商人にとって見た目は重要なのだ。」
ババワイ
「娘のドレスは上品な光沢のあるものがいい。
 だが下品にテカテカしていたら承知せんぞ。」
ワワルッカ
「ココモさん・・・・・・。」
レドレント・ローズと話す
レドレント・ローズ
「ババワイさんのご注文はどんな感じだった?
 ・・・・・・ふむふむ、上品な光沢のあるものね。
 ココモちゃんのご希望は?
 ええっ、何でも構わないって?!
 いつもながら欲のない子ねえ・・・・・・。
 光沢のある布地というと絹のサテンだけど、
 上品に仕上げるならしっとり落ち着いた・・・・・・
 そうだわ、「別珍」がいいわ!
 「別珍」はわかる?
 綿糸と露糸を、横ビロード織りした布よ。
 表面を毛羽立たせた加工をすることによって、
 ふつうの綿布と違った、柔らかな手触りと光沢をもたせているの。
 早速、私が型紙を起こすから、
 あなたはその間に布地を作ってくれる?
 でもただの「別珍」じゃダメよ。
 ココモさんは大金持ちのお嬢様なんだから、
 上質な「別珍HQ」じゃなきゃ釣り合いがとれないわ。
 あなたの腕前ならできるって信じてるわよ!
 それじゃあお願いね!」
レドレント・ローズに別珍HQを納品
レドレント・ローズ
「「別珍」はできた?
 上質な「別珍HQ」じゃないとダメよ、
 ココモさんは大金持ちのお嬢様なんだから。」
(別珍HQを渡す)
レドレント・ローズ
「まあ! ・・・・・・なんて素敵!!
 こんなにキレイな別珍HQを見たのは初めてよ。
 しっとりと落ち着いた光沢に引きこまれそう。
 それにこの柔らかい手触り・・・・・・
 ああ・・・・・・布を広げただけでうっとりしちゃう。
 布地の製作ご苦労さま、
 この先の裁断と縫製は私の仕事よ。
 まかせておいて!
 私のプライドにかけても、
 布地に負けない素敵なドレスを仕上げるわ。
 裁縫師の作るお洋服は、
 身に着けるお客ありきのものよ。
 誰かにおしゃれな装備を作ってあげたいと思ったら、
 相手をよく見て、どんな素材のどんな服がいいか
 見立てるセンスのほうも磨いていくのよ。」